ウクライナ戦況

侵攻862日目、ロシア軍がハルキウ、ホルリウカ、アウディーイウカ方面で前進

DEEP STATEはアウディーイウカ方面について「ロシア軍がソキルとボスホートを占領して複数方向に支配地域を拡大した」と、ハルキウ方面について「ロシア軍がソトニツキー・コザチョクに進軍した」と報告した。

参考:Мапу оновлено!

ロシア軍がハルキウ州のソトニツキー・コザチョクに進軍、その意図は今のところ不明

DEEP STATEはホルリウカ方面とアウディーイウカ方面について4日「ロシア軍がポンプ場付近に支配地域を広げた」「ロシア軍がピヴ二チネ市内に侵入した」「ロシア軍が線路沿いにプロレス方向に前進した」「ロシア軍がエヴへ二フカ方向に前進した」「ロシア軍がソキルとボスホートを占領した」「ロシア軍がボスホートの南で支配地域を広げた」と、RYBARは「ロシア軍がアルテーモヴェ市内に侵入した」「ロシア軍が墓場を占領した」「ロシア軍が要塞化されたテリコンを占領した」「ロシア軍がドゥルジバ集落内に足場を築いた」と報告。

出典:管理人作成(クリックで拡大可能)

ホルリウカ方面については前記事で言及したので割愛するが、ロシア軍は連日線路沿いにプロレス方向へ前進を続けており、エヴへ二フカの運命も時間の問題だろう。さらにロシア軍がボスホートの南で支配地域を広げているためノボセレフカ・ペルシャを守るウクライナ軍は3方から攻撃を受ける格好になり、状況は非常に厳しい。

因みにDEEP STATEは6月末「ロシア国境沿いのハルキウ州ソトニツキー・コザチョクでは部隊のローテーション後に状況が悪化し、ロシア軍との交戦が続いている」「この敵は侵攻目的の部隊ではなく破壊工作の集団だ」と報告していたが、4日「ロシア軍がソトニツキー・コザチョクに進軍した」と報告した。

出典:管理人作成(クリックで拡大可能)

DEEP STATEは戦況マップの中でソトニツキー・コザチョクをロシア軍支配地域に指定したが、同集落について「占領」とは述べておらず、これが何を意味しているのかは今のところ不明だ。

関連記事:トレツクを巡る戦い、郊外の防衛ラインが崩壊してロシア軍が3つの街に侵入
関連記事:侵攻861日目、ロシア軍が3km以上前進してニューヨーク市内に侵入
関連記事:チャシブ・ヤールを巡る戦い、ロシア軍がカナル地区を占領して運河に到達
関連記事:侵攻860日目、ロシア軍がクピャンスク、シヴェルシク、アウディーイウカ方面で前進
関連記事:最も戦闘が激しいアウディーイウカ方面、ロシア軍がポクロウシク方向に前進
関連記事:侵攻858日目、ロシア軍がチャシブ・ヤール方向とトレツク方向で成功を収める
関連記事:侵攻856日目、ロシア軍がトレツク方向のアルテーモヴェ市内に侵入
関連記事:侵攻855日目、ウクライナ軍がロシア軍を押し戻しリマン方面の支配地域を回復
関連記事:侵攻852日目、ロシア軍がシヴェルシク方面とドネツク西郊外方面で前進
関連記事:侵攻851日目、ロシア軍がノヴォオレクサンドリヴカを占領し幹線道路に接近
関連記事:侵攻850日目、ロシア軍がホルリウカ方面とドネツク西郊外方面で前進

 

※アイキャッチ画像の出典:Сухопутні війська ЗС України

トレツクを巡る戦い、郊外の防衛ラインが崩壊してロシア軍が3つの街に侵入前のページ

ウクライナ軍がチャシブ・ヤール東地区からの撤退を発表、カナル地区を失う次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ザポリージャの戦い、ロシア軍がロボーティネ周辺で2km以上も前進か

    ザポリージャ方面についてウクライナ人が運営するDEEP STATEは3…

  2. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー大統領、刑務所から囚人動員を可能にする法案に署名

    ウクライナのマリウスカ司法相は3月「囚人や受刑者を動員する法案を提出す…

  3. ウクライナ戦況

    ザポリージャの戦い、ウクライナ軍がロブコべに続きプヤティハツキーを確保か

    ロシア側情報源は「ロシア軍がザポリージャ州カムヤンスキー方面の集落から…

  4. ウクライナ戦況

    第36旅団はマリウポリ脱出、アゾフ連隊合流、製鉄所残留に3つに分裂?

    マリウポリを防衛する第36独立海軍歩兵旅団はマリウポリからの脱出を図っ…

  5. ウクライナ戦況

    英メディア、キエフに向かうロシア軍は軍事的に最悪でカモにされるだけ

    首都キエフから北へ約30kmの地点に1枚の衛星写真では捉えきれないほど…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻で結束するNATO、ロシアの失墜で空中分解寸前のCSTO

    ウクライナとの戦争に手一杯のロシアは南コーカサスや中央アジアでの軍事的…

コメント

    • kitty
    • 2024年 7月 04日

    ジャングルで鉈ってわけでもないでしょうに、この戦場環境でサーベルなんて出番あるんですかねえ。
    よく見たら、コサックって書いてあるから、先祖伝来の業物なんでしょうかw。

    3
      • NHG
      • 2024年 7月 04日

      南部では耕作放棄地に藪が生い茂って大変みたいよ

      13
      • FAB
      • 2024年 7月 04日

      胸のマークは防空大隊だし背後のトラックの荷台に高射砲があるから、ドローンが飛んできたら目標指して指揮してるのかも?
      映画男たちの大和でもそういう対空戦闘シーン見た記憶がある

      7
        • kitty
        • 2024年 7月 04日

        コサックの綴りを確認したら、ウクライナ語の方ですね。

        騎兵の名残なんでしょうか。バイクで吶喊するのにはピッタリなイメージですけど。

        6
          • FAB
          • 2024年 7月 04日

          ウクライナコサック伝統の髪型だしね。
          戦士の証。
          日本の侍のちょんまげみたいなものでしょうな

          8
    • 名無し
    • 2024年 7月 04日

    ハルキウすら更なる侵入許してるの絶望感あるよな

    年内に
    起こる気がする
    ハルマゲドン

    27
    • hiroさん
    • 2024年 7月 04日

    傷病兵まで前線に投入しているのが事実ならロシア軍も苦しいのでしょうが、攻勢限界が見えてきませんね。
    ウクライナが言う程の損害を与えられていないのか、ロシアが勝負所と考えてとことん遣り切る覚悟なのか。
    米国の支援が再開されても明るい展望は見えてきませんね。
    結果はどうあれ停戦あるいは終戦とその後のことをウクライナも支援国も考える時期なのでしょうか?

    10
    •  
    • 2024年 7月 04日

    ここに来てハリコフで新しい攻撃…?
    さっぱり意味がわからない

    3
      • 名無し
      • 2024年 7月 04日

      ウクライナが意地になって奪還しに来て損失出すの見越してやってそう

      21
    • m
    • 2024年 7月 04日

    これはウクライナは完全にロシアの飽和攻撃に手が回らなくてボロボロ状態ですねえ
    トレツク市街戦への突入もあっという間だったし
    オチェレチネ方面のソキルを落としてからの進軍もはええ
    やっぱハリコフ陽動に戦力吸われて東部は薄くしか守れてないようだ

    20
    • たむごん
    • 2024年 7月 04日

    ニューヨーク南が、事実なのか。
    ロシア軍が前進したのであれば、ウクライナ軍は撃退できるのかも気になっています。

    ウクライナ軍は、トレツク周辺・オチェレティネ周辺のどちらも手を抜けないですから、山場の1つになるかもしれませんね。

    6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP