ウクライナ戦況

ウクライナメディア、1日20時間もの停電が現実になりつつある

Kyiv Independentはウクライナ最大のエネルギー企業=DTEKの取材を通じて「1日20時間もの停電に直面する最悪のシナリオが現実になりつつある」「国際金融機関はオリガルヒ所有のDTEKに融資しない」「これが火力発電所の復旧を難しくさせている」と報じている。

参考:Worst-case scenario in Ukraine’s energy system ‘very close to realistic,’ largest private energy company says
参考:Cash-Strapped Ukraine Plans to Sell State Assets to Help Fund War Effort

ロシアがウクライナの戦争資金調達を妨害するならホテル・ウクライナやショッピングモールを攻撃するかもしれない

ロシア軍は3月22日、29日、4月11日、27日、5月8日、6月1日にウクライナのエネルギーインフラへ自爆型無人機、巡航ミサイル、弾道ミサイル、極超音速ミサイルを発射、この攻撃で大規模な火力発電所と水力発電所の全てが甚大な損傷を受けるか施設自体が完全に破壊されてしまい、ウクライナは3月以降の攻撃で9.2GW相当の発電能力を失ってしまった。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

この9.2GWという数字は「政府発表」ではなく「駐ウクライナ・EU大使」が言及したものに過ぎなかったが、ゼレンスキー大統領は11日の復興会議で「昨年冬のエネルギー消費量はピーク時18GWで、その半分がロシア軍の攻撃で破壊された」と述べたため「9GW相当の発電能力を失った」と間接的に認めたことになり、Kyiv Independentはウクライナ最大のエネルギー企業=DTEKの取材を通じて「1日20時間もの停電に直面する最悪のシナリオが現実になりつつある」と報じている。

“DTEKで取締役を務めるドミトロサハルク氏は今後の電力見通しについて「防空システムの迎撃弾不足と修理資金の不足が解消されず、ロシア軍のミサイル攻撃が続くと約25%の電力不足に陥り、本格的な暖房シーンズが始まる11月には大規模な工場、12月には防衛企業、2025年1月には上下水道などの重要インフラで影響が出始め、国民は1日あたり20時間もの停電に直面するかもしれない。この最悪なシナリオは現在の状況に最も近く、我々は最悪なシナリオがもたらす結果に突き進んでいる」と述べた”

“さらに「最も最良なのは防空システムの迎撃弾が供給され、ロシア軍のミサイル攻撃が適切に阻止され、電力輸入が増加し、DTEKとCentrenergo(国営のエネルギー企業で総電力生産量におけるシェアは約8%/火力発電の総電力生産量におけるシェアは約18%)の損傷した発電所が修理できるシナリオで、この場合なら大手企業は操業を続けられるものの、依然として約12%の電力不足が発生するため、国民は1日あたり10時間程度の停電に直面するかもしれない」と述べたが、想定よりも攻撃の頻度が少なければ「停電の時間は短くなる」とも付け加えている”

“どのシナリオで冬を迎えるにしても可能な限り発電設備を増やす必要があり、この取り組みの中で小規模発電は殆ど意味をなさない。国内はガスタービン発電機が3基ほど稼働しているものの、1基あたりの発電量は75MWに過ぎず、我々が失った発電能力からすれば比べ物にならないほど小さい。再生可能エネルギーも検討中だが大規模な発電量を今冬までに確保できない。従って冬を乗り越えられるかどうかは損傷した発電所を修理できるかどうかにかかっている”

出典:Press-office/ATTRIBUTION-SHAREALIKE 2.0 GENERIC

“最も即効性の高い施策は中東欧の古い発電所から設備をウクライナに移転することで、DTEKは既に職員を派遣して修理に必要な機器をウクライナに移送し始めているが、最大の問題は修理資金の調達を妨げる当社のオーナー=リナト・アクメトフの存在だ。欧州復興開発銀行や国際金融公社といった国際金融機関はオリガルヒ(新興財閥)が所有するDTEKには融資を行わない方針で、欧州復興開発銀行の総裁はKyiv Independentの取材に「ウクライナで共に仕事をする相手を厳選している」「オリガルヒと一緒に仕事をしない」と述べたことがある”

サハルク氏は欧州復興開発銀行がDTEKへの融資に消極的なことについて「これは緊急事態だ。被害を受けた火力発電所と水力発電所を修理しなければ、これからやって来る冬を乗り切る方法はない。ウクライナを助けるのであれば政治的な駆け引きを続けている場合ではない」と述べ、オリガルヒを問題視する前に事態の深刻さを直視すべきだと訴えた”

出典:U.S. Army photo by Eugen Warkentin

ゼレンスキー大統領が要請した防空システムの追加供給(7セット)にはドイツと米国がパトリオットシステムを1セットづつ、イタリアがSAMP/Tを提供する予定で、ここにドイツが検討しているパトリオットシステム追加提供(単独3セット目)とオランダの取り組み分を加えると5セット分になるが、仮に7セット分の追加供給が実現しても迎撃弾が不足すれば意味がない。

ウクライナはパトリオットシステムとSAMP/Tを計4セット運用中だが迎撃弾不足に陥っており、7セット分の追加供給が実現すると必要な迎撃弾も増えるため、これが安定供給できるのかどうかが「損傷した発電所の修理ペース」に大きな影響を及ぼし、さらに火力発電の総電力生産量に大きな割合を占めるDTEKへの資金供給も問題だ。

出典:Jorge Franganillo/ATTRIBUTION 2.0 GENERIC

オリガルヒの問題で国際金融機関からの資金供給が難しいなら、ウクライナが自己財源から資金供給すればいいと思うが、New York Timesは12日「ウクライナの国防予算は約50億ドルの不足に直面しており、これを穴埋めするため国営企業の売却を計画しているが、戦争リスクを加味すると侵攻前の値札よりも低い価格で売却しなければならない上、実際に活動している国営企業は約3,100社の半分以下、利益を上げているのは全体の15%に過ぎない」と指摘。

さらに「過去の国営企業売却は計画が杜撰で市場価格よりも安価でオリガルヒに売却されたり、不利な市場環境や国有企業の債務支払を巡って何年も法的紛争に巻き込まれた。ウクライナ当局は国営企業の売却で海外からの投資を呼び込み『雇用増』と『税収増』を期待しているが、同時に『戦争中のウクライナに新たな投資家を誘致するのは困難だろう』とも認めている。さらに売却を予定していたCentrenergoの発電所もロシアのミサイル攻撃で破壊されてしまい、もう売却できる国営企業は余り残っていない」と報じている。

出典:Генеральний штаб ЗСУ

欧米の財政支援で「ウクライナは資金不足に陥っていない」と思いがちだが、財政支援の資金は軍事分野に使用することが禁じられている。つまり非軍事分野の支出を欧米の財政支援で賄いながら、軍事分野の支出=国防予算に税収の全てを注ぎ込んでいるものの「それでも約50億ドルの資金不足に陥っている」という意味で、欧米の軍事支援も資金提供ではないため動員費用などは自国の財源で賄わなければならない。

ザルジニー総司令官が提案した45万人~50万人の追加動員をゼレンスキー大統領が拒否したのも「動員費用(5000億フリヴニャ=約2兆円)」が原因と言われており、ウクライナが直面している電力不足は国内企業の経済活動に影響を及ぼすため来年の資金不足は更に拡大するだろう。

出典:KAN Development ロシアのオリガルヒから株式を没収して国有財産になったキーウ最大のショッピングモール Ocean Plaza

因みにNew York Timesは「今年の夏にホテル・ウクライナや巨大なショッピングモールなど約20社の国営企業を競売にかける予定」と報じており、ロシアがウクライナの戦争資金調達を妨害するならホテル・ウクライナ(最低入札価格は2,500万ドル)やショッピングモールを攻撃するかもしれない。

関連記事:ウクライナの防空問題、米国が2セット目のパトリオットシステム提供を決断
関連記事:深刻なウクライナの電力不足、計画停電を解消するには2年かかる
関連記事:ロシア軍のインフラ攻撃、ウクライナから30GW相当の発電能力を奪う
関連記事:ロシアと戦い続けるウクライナの3重苦、武器不足、兵士不足、電気不足
関連記事:ウクライナメディア、約2週間の攻撃で原発6基分相当の発電能力を失った
関連記事:伊外相がウクライナへのSAMP/T追加提供に言及、ロシア領内の攻撃には反対
関連記事:ウクライナが要求するパトリオット追加提供、ルーマニアが提供を検討
関連記事:ウクライナが要求するパトリオット追加提供、イタリアがSAMP/T提供
関連記事:フランスは強制力を伴う戦時経済へ移行、最初の行政命令をMBDAに命じる予定
関連記事:イスラエルが手放すパトリオットシステム、ウクライナに向かう可能性は低い
関連記事:イスラエル軍、数ヶ月以内に埃を被っていたパトリオットと別れを告げる
関連記事:誰がパトリオット提供に応じるのか? ウクライナへの追加供給は行き詰まる
関連記事:スペインもパトリオットシステム提供を拒否、少数の迎撃弾提供に同意
関連記事:ギリシャ首相、パトリオットやS-300のウクライナ提供に応じないと断言
関連記事:誰がウクライナにパトリオットを提供するのか? ギリシャは提供に否定的
関連記事:ドイツ、新たなパトリオットシステムを直ちにウクライナへ提供すると発表

 

※アイキャッチ画像の出典:TpyxaNews

イタリアのLeopard2A8導入が破談した可能性、Panther KF51を検討か前のページ

アルゼンチンのミレイ政権、シュペルエタンダールのウクライナ提供を計画次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    クピャンスク方面の防衛ラインに穴が開く、ロシア軍がキスリブカを占領

    DEEP STATEはクピャンスク方面について「ロシア軍がキスリブカを…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍発表のロシア軍戦死者が20万人を突破、3ヶ月間で6万人増

    ウクライナ軍参謀本部は17日「ロシア軍の戦死者は約14ヶ月間の戦いで2…

  3. ウクライナ戦況

    ハルキウ方面の戦い、ロシア軍がボルチャンスク方向とリプシ方向で前進

    DEEP STATEは16日「ロシア軍がボルチャンスク市内の飛行場跡や…

  4. ウクライナ戦況

    撤退するロシア軍を追いかけるウクライナ軍、クレミンナ郊外に到達か

    ウクライナ軍はリマン解放の余韻に浸ることなく前進して「クレミンナ郊外で…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍参謀本部、オデッサ方向でSu-30SMを撃墜したと発表

    ウクライナ空軍のオレシュチュク司令官は24日「マリウポリ方面でSu-3…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ大統領が予備役招集を発表、我々は泣くのではなく勝つのだ

    ロシア軍による侵攻に対応するためウクライナのゼレンスキー大統領は「今日…

コメント

    • うどん粉
    • 2024年 6月 12日

    もう債権者と債務に関して話したりでウクライナの体力がかなり危うくなってる感

    「ウクライナが債務再編交渉 一部減免も視野=財務相」

    関係ないけど記事内のウクライナのホテルの話だけどタイトルのホテル・ウクライナって見て一瞬モスクワにある「ホテル・ウクライナ」でも報復で攻撃するのかと誤解したゾ

    (ソ連時代にモスクワに建てられた高級ホテル
    ただアメリカ基準だと普通のホテルって評判でソ連とアメリカの経済力の差が良く分かるホテル)

    29
      • うどん粉
      • 2024年 6月 12日

      追記
      タイトルじゃなかった文の見出し

      3
    • a
    • 2024年 6月 12日

    当人たちは無自覚かもしれませんが、国の将来や国民の生活を売ることで他国の援助をもらっていたウクライナには妥当なシナリオに感じますけどね。私は一刻も早く停戦を望みますが、問題は今までの外交努力()により、私たちのロシアに対する負のイメージより当事者のロシアからウクライナへの信頼が限りなく低いという部分がもう…。

    52
      • 名無し
      • 2024年 6月 12日

      其処だけ聞くと愚かしいな、ウクライナ

      11
    • ブルーピーコック
    • 2024年 6月 12日

    米軍のプロジェクト・ペレのような移動式原子炉があれば・・・と思ったが、計画だと発電量1〜5メガワットだから焼け石に水だな

    6
    • 名無し
    • 2024年 6月 12日

    90年代に好き放題暴れ回ったロシアのオリガルヒはプーチンに叩き潰され、一応形は残っているものの政治的影響力は喪失しロシア政府の軍門に下りましたが、ウクライナの場合はそうした粛清が行われなかったため2010年代以降もオリガルヒが大統領や州知事になるレベルであり、経済の8割以上を独占しさらには私設軍隊まで保有するなどやりたい放題でゼレンスキーも事実上何もできませんでしたからね

    正直ソ連時代からの汚職と独立以降のオリガルヒによる金権政治が戦時中にも関わらず現在進行形で続く目を覆いたくなるような腐敗の数々と、碌に総力戦体制の構築も出来ない行政能力の低さに繋がっていると思いますし

    66
      • ふくちゃん
      • 2024年 6月 12日

      正直、これでウクライナの腐敗指数がロシアよりマシな順位になってるのが、理解できません。

      29
      • うくらいだ
      • 2024年 6月 13日

      むしろロシアに編入された方がまだまともだったんじゃないか

      18
    • 匿名さん
    • 2024年 6月 12日

    ゼレンスキーという人は、ウクライナの将来をどう考えているのだろうかと、頭の中を覗いてみたい気持ちになります。

    45
      • NIVEA万能論
      • 2024年 6月 12日

      ウクライナの将来より自己保身しか考えていない(考えられない)ように見受けられますね。もっとも彼の戦前の実績を見れば国の将来を考えたところでどうにかする能力があるとは思えませんが。

      31
        • クル
        • 2024年 6月 12日

        彼自身は元々理想に燃える憂国の若手政治家ではあったとは思いますよ
        そもそも政府にそんな能力が備わっていなかったのと何かの間違いで最高権力者に座らされてしまったのとその愛国心を過激派に利用されてとんでもない事になってしまったわけですが

        21
          • ak
          • 2024年 6月 12日

          神輿にされた方に責任は存在しない、訳では無いですから。
          「自分は本当はこんなことしたくなかったが、止める力が無かった」と言われてもウクライナ国民は浮かばれないですけどね。

          もっとも今までの発言の数々を見れば、鼻面引き回されるだけでノーとは言えない「そうせい候」にされてしまっているとはカケラも思えませんが。

          17
            •  
            • 2024年 6月 13日

            取るもの取って大変美味しい思いもしてるので、徹頭徹尾疑わしい。
            コメディアンによって作られたストーリーと、そう合って欲しい願望が混ざって偶像化して見てる感じ。
            まとめる力がないなら任期も終わってる事だし交代したら良いでしょう

            13
          • NIVEA万能論
          • 2024年 6月 13日

          いや、大統領選挙に立候補する直前までコメディアンやってて政治家ですらなかったんですが…

          15
      • たむごん
      • 2024年 6月 13日

      仰る点、自分も感じています。
      ゼレンスキー大統領の国家運営、継戦を続けた末に、どういった展望なのか気になっています。

      米欧日、先日の欧州議会選挙からの混乱・今年の政治日程を考えれば、年末の外交情勢がどうなっているのか予想もつかないですからね…。

      7
    • 古銭
    • 2024年 6月 12日

    大打撃を受けた後に電力輸出の利益に対する八割課税を撤回しても、企業は防空の懸念が払拭されるまで設備再建に全力で挑む気にはならないでしょう。民間がEU圏内での蓄電所建設等を優先しているのも当然と言えば当然です。
    短期的には迎撃弾まで含めた防空の充実は不可能だと考えると、地方は切り捨てつつ現在進めている原発の増設や建設再開の計画を長期計画で進めるしかないのかなと。

    去年米国が要求した改革案において、電気・ガス料金の自由化の開始は一年以内の目標だったと記憶していますが、現状を見る限り困難そうですね。

    15
      • 通りがかりさん
      • 2024年 6月 12日

      今の感じであればウラン鉱山は保持できそうではあるのですが、すでに米企業に権利を売ってる所もあるのが問題かもしれません。
      また莫大な費用のかかる建設がアメリカ(可能性では日本も)なので外貨建てで費用回収まで何年かかるか分かったものじゃないですね。
      最終的に損にはならないでしょうが色々厳しいですね。

      8
      • うくらいだ
      • 2024年 6月 13日

      日本の郵政民営化でもアメリカの要望でしたね
      電気ガスの自由化ですか
      アメリカ資本でも入りたいんですかね?

      10
    • もへもへ
    • 2024年 6月 12日

    自ら負担するのは軍事分野だけで、他は援助で埋められるのにそれでも足りてないってのは自らの国力を大きく超えた戦い方をしてるということなので、この状態を全土奪還まであと数年は維持するというのは財政的にかなり厳しいのではないかと。

    なので、近い内に軍事分野でも援助金で充足して財政は完全に援助金で賄うようになり納税の負担や資金面の上限がなくなったことでさらに大量動員が出来るように変わるのでは無いでしょうか。

    11
      • 名無し
      • 2024年 6月 12日

      そんなお荷物国家、どこの国も絶縁するやろ

      30
        •  
        • 2024年 6月 13日

        国庫が全部外国頼りとか、国として存在が危ういわ

        14
    • たむごん
    • 2024年 6月 12日

    企業売却は、リスクプレミアムが加味されます。
    買収資金の資金調達は、その国のリスク(国債金利など)に、上乗せした金利で調達します。

    戦争中は、保険が免責になったりするなどの特殊事情もあるため、ウクライナ国営企業の売却は格安になってしまいます。

    例えば、ウクライナのホテルを買収後、通常保険の引き受け手がいない可能性も考慮するため、まともな売買が成立せずに格安になってしまいます…

    15
      • paxai
      • 2024年 6月 12日

      Готель Україна 16階建て375部屋あって四つ星 目の前が独立広場という超好立地。
      最低入札価格の2500万ドルが最終価格になるとは思わないが・・・安いよなあ。

      10
        • たむごん
        • 2024年 6月 12日

        やはり土地もセットか分かりませんが、信じられないくらい格安ですね。

        高さ規制、容積率規制を存じ上げませんが、再開発まで考えれば垂涎の物件なのになあと。

        (平時にありえない安さとして)1泊1万円前後で満室、1日400万円と仮定しても、年間約15億円ですからね。
        戦争中の、格安払下げが悔やまれます…

        8
          • paxai
          • 2024年 6月 12日

          一人朝食抜きなら 税込みで41ユーロ(大体7000円)とのこと。物価考えても安いかな?
          そして思ったが付加価値税20%って高くね?+外国人観光税80UAH/日(310円)も追加でかかるし。
          税収足りてない感が全面に出てるわ。

          8
            • たむごん
            • 2024年 6月 12日

            情報ありがとうございます。

            ロシア人や中国人が多そうですが、今後どうなりますかね。
            中華資本、日本と同じようになる事があり得るだろうなと。

            付加価値税、内需を捨ててるような税率ですね。
            推測ですが、汚職が多い国ということは、表に出さない取引が多いのでしょう。

            9
          • Kril
          • 2024年 6月 13日

          本題からずれてしまい恐縮なのですが、欧州は大体どこでも付加価値税は20%前後じゃないかと。北欧やギリシャ、ポルトガルなんかは20%超えてますし。EU非加盟の西バルカンやコーカサスの国も大体20%ですね。

          3
            • Kril
            • 2024年 6月 13日

            すみません、操作ミスでたむごんさんのコメントに返信してしまいましたが、上記はpaxaiさんへの返信となります。

            1
            • paxai
            • 2024年 6月 13日

            じゃあ高めではあるが許容範囲内かな?ポルトガルとかは食品の税率は下げられてるけどウクライナの場合どうなんだろ?パンまで20%取られたら食っていけないように思うが。(戦争による注目度は高いけどウクライナの細かい情報は今も手に入れにくいよね・・・)

        • あさひ
        • 2024年 6月 12日

        ロシア様がミサイルを撃ち込んでくる確率、敵対組織と断定され嫌がらせや暗殺が来る可能性、引き渡しまでにウクライナ様から追加費用で延々とせびられる可能性など考えればそんなもんでは?
        そして儲かる戦後があるとして、不当な利益を得たとして儲けやホテルを没収される可能性もあるからね

        15
          • たむごん
          • 2024年 6月 12日

          仰る通りです。

          汚職国家ですから、ウクライナで商取引するリスクも、かなり大きそうですからね。

          11
        • F-117A
        • 2024年 6月 12日

        バイデンボンビー「お買い得だから、ロシアの利子で5倍の値段で買っておいたのね~」

        2
    • 傍観者
    • 2024年 6月 12日

    タオルを拒否している以上、サンドバックを続けるしかない。国民は大迷惑だがイキのいいのは既に国を捨てている。亡国目がけてまっしぐら。滅びていく国というのはこんなもんだ。日本は間違ってもウクライナの真似はしない方がいい。

    43
      • たむごん
      • 2024年 6月 13日

      一般人には、本当に何のメリットはないなと、仰る点について感じています。

      ウクライナ人が、国を捨てて海外避難をした事について色々と言われてきましたが、彼らはウクライナという自国を理解したうえで行動したのかもしれませんね。

      13
    • ホテルラウンジ
    • 2024年 6月 12日

    面白い記事ですね。管理人さんありがとうございます。
    オルガリヒの問題が仮に彼らに金を渡しても修理の実効性があるか疑わしいのであれば、ウクライナ政府に西側から更なる追加資金支援をすべきですね。
    簡単に資金を更に出せとサラリと私は主張していますが、この発電所の件は
    ウクライナへの支援が途切れるということはどういうことが起こるのかがこの発電量減少で見えてきたわけです。
    今後アメリカが支援を日よるようなことがあれば、再び発電所防空に穴が開き、発電量が減ります。
    この発電所修理で発生する膨大な費用は、支援を中断した事で発生した余計な費用ととらえることが出来ますので
    支援を継続していたら発生しなかったか、大幅に低減された額になっていた費用です。
    今後支援は戦争終結まで終わらせてはいけませんし、中断するなら膨大な追加費用になって帰ってくる事をアメリカおよび西側は自覚すべきです。
    で、まず取り組むべきは「これ以上の発電量の減少を防ぐ」を徹底して取り組むべきですね。
    次にどう防ぐかという部分では迎撃ミサイルの充実という手が第一ですが、これは迎撃ミサイルの生産量の問題もありますし
    迎撃仕切れないケースもあると思いますので実績的に非常に有効ですが確実ではありません。
    ですので3月に破壊されまくってるときの記事でも言いましたが、モスクワとレニングラードの発電所をつぶせばいいんです。
    これをすれは相互破壊になりますので、今後ロシアは弾があってもウクライナの発電所に打ち込むことはありません。
    モスクワの停電は反プーチンの世論につながるからです。
    プーチンは独裁者なんでロシアの国家継続性より自分の政権の延命が優先されますので、必ずウクライナへの追加の発電所攻撃は止まるでしょう。
    その手段としてウクライナの長距離ドローンとアメリカ等々の長距離ミサイルがありますが、ウクライナのドローンでは不十分なのであればアメリカが許可を出すべきですね。
    というか、「これ以上ウクライナの発電所をロシアが狙った場合、アメリカがモスクワ・レニングラードへ供給する発電所に限って攻撃許可を出す」とアナウンスすれば十分と思いますよ。
    これでウクライナの電力問題はこれ以上は悪くなることはなくなるはずです。

    6
      •  
      • 2024年 6月 13日

      乾坤一擲な案ですね。すごーい。ウクライナへミサイルが飛ぶ代わりにキューバから飛ぶことになりそうですね。

      14
        • F-117A
        • 2024年 6月 13日

        キューバ政府はそこまで馬鹿じゃないだろう

        4
          •  
          • 2024年 6月 13日

          “核非搭載”の原潜含む船団が寄港して、キューバは歓迎してるようですよ。

          3
      • 落ち着け
      • 2024年 6月 13日

      嫌がらせレベルならともかく、無人機だとペイロードが足りない。
      巡航ミサイルだと飽和攻撃レベルで乱舞しないと、多くが撃墜されて発電所の機能喪失には至らない可能性が高い(ウクライナでも防空システム下では巡航ミサイルの多くを撃墜している)。
      弾道弾だと中距離以上が必要だし、中距離以上だと判明する高度以上に上昇した時点で、全面核戦争のリスクが高まる。

      4
      • 名無し
      • 2024年 6月 13日

      そもそも今回のロシアの攻撃こそがウクライナの製油施設などに対する報復なんですよ

      11
      • 落ち着け
      • 2024年 6月 13日

      オリガルヒの問題を、メディアが正面に持ってきたこと自体が驚き。
      発電所だけでなく地縁で繋がったオリガルヒは地元経済、軍隊、マフィアまで深く根付いている。
      ウクライナ軍の撤退が遅い事例が見られる原因の一つが、このオリガルヒの存在。
      良くも悪くも地元密着型なので、その地方のオリガルヒは損切りできずに最後まで執着せざるを得ない。
      損切りすれば金と名誉の源泉を全て失う。損切りと言うより全損になる。
      ウクライナは中央政府の力が強いわけじゃないので、死守命令なんて出ていなくても、地元オリガルヒの手の者は死守するでしょう。
      逆にオリガルヒを抱き込めば、戦争初期のように調略(寝返り)も比較的容易。

      5
    • 暇な人
    • 2024年 6月 13日

    ボグダンさんの動画みてるのですが、この四時間にしてもその時間にみなの家電の起動や充電などを一斉に行うため、
    簡単にピークを越えてしまうので緊急停電になるようなんですよね。
    さらに電力会社からも動員してるから、ベテランがいなくなって電気のインフラ(ソ連時代のままのマニュアル操作らしい)維持が出来なくなっているようなんですよね。

    日本でいえばもう45年くらいですね。まあ本土決戦してるわけですから当然ではありますが。
    このあたりのインフラ維持してる人達が戦死してしまうとウクライナはもう国家再建が不可能になるかもしれません

    3
      • たむごん
      • 2024年 6月 14日

      旧ソ連時代のインフラのため、旧ソ連諸国・東欧圏内のエンジニアの援助があるようです。
      発電所部品の調達も、自国だけで行えないため、他国から調達しているようですね。

      発電インフラ維持・修復が困難になっているため、仰る通り、自力での国家再建は既に不可能になりつつあると考えています…。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP