軍事的報道

日米海軍にとって厄介な存在?世界最強の駆逐艦、中国海軍「055型ミサイル駆逐艦」が遂に公開!

中国海軍設立70周年を記念した観艦式で、恐らく現時点で、世界最強の駆逐艦「055型ミサイル駆逐艦」が初披露された。

参考:Китай показал самый опасный эсминец в мире

中国海軍設立70周年を記念した観艦式で初披露された「055型ミサイル駆逐艦」

1万2000トンの巨体に、112もの垂直発射セルを装備し、搭載される兵器も、長射程艦対空ミサイル「HHQ-9A」、艦対空ミサイル「HQ-16」、艦対艦巡航ミサイル「YJ-18」、艦対地巡航ミサイル「CJ-10」、垂直発射型対潜魚雷、弾道弾迎撃ミサイル「HQ-26」等、多種多様なミサイルを搭載可能だ。

引用:Defence Blog 055型ミサイル駆逐艦

前級の「052D型ミサイル駆逐艦」で、イージスシステムの模倣がほぼ完成し、「055型ミサイル駆逐艦」では、さらに中国独自のアレンジを加えつつ、急速な進化を遂げている。

「055型ミサイル駆逐艦」は、2種類の異なるアクティブ・フェーズドアレイ・アンテナ(AESA)を搭載し、1つ目はType346Bと言われるSバンドとCバンドのデュアルバンドAESAだ。2つ目は、XバンドのAESAで詳細は不明。3種類の周波数を使用することで、あらゆる対象物を検知できるだろう。

恐らく、レーダー性能は米海軍のAN/SPY-1と同等か、一部の性能は上回っている可能性すらある。

2種類の艦対空ミサイルのHHQ-9A(長射程・低空目標は苦手)とHQ-16(中射程・低空目標が得意)の実用化で、中国海軍の宿願であった艦隊防空の多層化が実現し、西側レベルと遜色がなくなった。

現在、1番艦の「南昌」が各種試験を行っているが、既に同型艦を5隻建造中だ。

今後、編成される空母を中心とした中国機動部隊を、防空面で支えるものと見られる。

 

「055型ミサイル駆逐艦」をさらに凶悪化させる新兵器を開発中

中国の情報筋によれば、最近、「055型ミサイル駆逐艦」に搭載される新しい武器の地上試験が行われ、無事成功したという話だ。

参考:В Китае испытали противокорабельную гиперзвуковую ракету

この武器は「YJ-XX」と呼ばれている、新しい極超音速(ハイパーソニック)ミサイルだ。

この新しいミサイルは1000km前後の射程を持ち、M5.0以上のスピードで飛ぶことができ、垂直に打ち上げ後、目標に向かって降下する際、軌道を自由に変更することで、SM-3やSM-6を装備する米海軍艦艇の防空システムを貫通することが出来ると主張している。

出典:public domain レーザー砲のプロトタイプ

恐らく、軌道を自由に変更しながら、突入してくる極超音速ミサイルを迎撃するには、既存の迎撃用ミサイルではなく、現在開発が進められている戦術高エネルギーレーザー(通称:レーザー砲)の方が適している。

遠くない未来に、この「YJ-XX」が実用化されれば、「055型ミサイル駆逐艦」は、日本や米国にとって、今以上に厄介な存在となるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

関連記事

  1. 軍事的報道

    歴史上初!飛行中のステルス爆撃機「B-2」コックピット映像をモザイクなしで公開!

    未だに秘密のベールに包まれている、米空軍のB-2ステルス爆撃機。最近、…

  2. 軍事的報道

    北朝鮮の「瀬取り」監視のため、オーストラリアが4度目となる航空機「P-8ポセイドン」派遣

    防衛省の発表によれば、国連安保理決議により禁止されている北朝鮮籍船舶の…

  3. 軍事的報道

    成層圏の要塞が「飛行機の墓場」からカムバック!保管中のB-52が現役復帰

    米空軍は、失われたB-52の代わりを探してきたが、遂にその代わりとなる…

  4. 軍事的報道

    岩国基地の米海兵隊「F-35B」が事故!F/A-18Dに続き1週間で2件目の「クラスA」事故

    米海兵隊、第1海兵航空団の広報担当者のエリック・フラナガン少佐によれば…

  5. 軍事的報道

    2月のF-2墜落事故に続き、航空自衛隊のF-35Aステルス戦闘機1機が訓練中に消息を経つ

    航空自衛隊、三沢基地所属のF-35Aが太平洋上で消息不明になったと朝日…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 4月 30日

    中国海軍の急速な発展と能力向上は、凄すぎる!ただ、今の日本人は、まだ日米海軍が圧倒的に優位と思い込んでいる。特に米海軍は重大事故を頻発しているが、大半の日本人はいつものこととして気にしていない。
    気がつけば、10数年後に中国海軍横須賀基地となっているかもしれない。

    • 匿名
    • 2019年 5月 01日

    アメリカも新型艦の建造は難しいだろうし、兵器開発も十分な予算投入できないでしょう。中国は軍拡真っ只中だし、工業力もある。抑え込むにも戦争に否定的で軍事拡大はどの国も難しい。
    手を打たずにこのまま進めば、質と数を揃えた中国軍が牙を剥きかねない。それでなくも武力による威圧をしかねない。

      • 匿名
      • 2019年 5月 01日

      また、旧式艦を造ったか

    • 匿名
    • 2019年 5月 01日

    また、スクラップを造ったか

    • 匿名
    • 2019年 5月 02日

    ソースがロシア発のいつものフカシでは?チャイナ発かもしれんけど。

    • 匿名
    • 2019年 5月 12日

    よく日本人で敵国を侮る輩がいるが、これは侮ってはいけない。
    中国海軍の急速的な発展は、アジアの海の戦力差が傾いてきている。後数十年後には完全に中国の手中に治るかもしれない。だからこそ、日本は米軍やnato加盟国と提携し防衛に使うgdpの予算を増やし防衛強化をしないといけない。そのためには70年前制定された9条を改定しなければならない。時代は常に変化していってる。昔の産物は今では通用しない。右、左関係なく今の日本を、守る方法はそれしかないと言えると思う。

    • 匿名
    • 2019年 5月 16日

    また支那人の誇大妄想ですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

PAGE TOP