軍事的雑学

  1. AIM-120Dではなく、射程の短い「AIM-120C-7」を購入した日本の真意は?

    今回、売却の承認が下りたのは、F-35のウェポンベイにも搭載可能な「AIM-120C-7」160発に、保守部品、技術的なサポートプログラム等含まれた、総額3億1…

  2. たった34億円でSu-57が購入可能?ロシア製ステルス戦闘機が「激安」な3つの理由

    ロシアが76機のSu-57を、約26億3000万ドル(約2900億円)で調達するということは、1機あたりの価格は、たった3400万ドル(34億円)という計算で、…

  3. 戦車から下着まで何もかも不足!ドイツ軍が抱える3つの問題

    ドイツ軍の兵士は、ドイツメディアに「不幸」と蔑まれるほど、まともに飛べない航空機やヘリコプター、まともに航行できない艦艇や潜水艦、さらに弾薬から下着まで全ての物…

  4. 史上初!仏空母「シャルル・ド・ゴール」と、護衛艦「いずも」との共同訓練が始まる

    海上自衛隊、第1護衛隊群、護衛艦「いずも」率いるインド太平洋方面派遣訓練部隊は、フランス海軍、オーストラリア海軍、アメリカ海軍と共に、インド洋で共同訓練「ラ・ペ…

  5. レア映像!飛行中の「F-22ラプター」&「F-35ライトニングⅡ」コックピット映像を公開

    今回、米空軍が公開したF-22の映像は、デモンストレーションチームによるもので、5月16日に公開されたばかりで、これまでに公開されたF-22の映像とは比べ物にな…

  6. 推進用プロペラで高速飛行!Advanced AH-64 Block 2 をボーイングが発表

    ボーイングが発表した、Advanced AH-64 Block 2 Compoundと呼ばれるコンセプトは、AH-64Eよりも、アップグレードされたエンジンを搭…

  7. 軍事的雑学|どっちが強い?F-15C vs F-14A 中東で交戦する可能性浮上

    米国がイランへの制裁を再開したことで、一気にキナ臭くなった中東情勢。先日、米空軍は「F-15C イーグル」を中東に配備したと発表した。…

  8. 軍事的雑学|ゲルマン魂はどこへ?装備も金も意思もないドイツ軍はNATO弱体化の元凶

    NATOはロシアに加盟国の結束を乱され、米国はNATOが真剣にロシアから欧州を守る意思があるのか疑い、ロシアは弱体化したNATO解体=「NATO崩し」を狙う。…

  9. 軍事的雑学|韓国軍が欠陥ロボットを軍事利用?2033年までに「軍事用ロボット」実用化宣言!

    韓国は、生体模倣タイプのロボットを軍事利用のため、実用化を目指すことを発表した。2033年までに、5cmサイズの偵察用昆虫ロボットを開発し量産するという目標を掲…

  10. 軍事的雑学|F-35全タイプの最新価格が判明!日本が導入予定のSTOVL仕様「F-35B」の価格は?…

    現在、世界各国で導入が進む、第5世代ステルス戦闘機「F-35ライトニングⅡ」は、空軍向けのA型、海兵隊向けのB型、海軍向けのC型の3つのバージョンが生産されてい…

PAGE TOP