欧州関連

スペインもパトリオットシステム提供を拒否、少数の迎撃弾提供に同意

スペインはウクライナにパトリオットシステムを提供するようEU・NATO加盟国から圧力を受けていたが、EL PAÍSは26日「国防省がパトリオット提供を拒否した」「政府は少数の迎撃弾提供に同意した」「スペインが備蓄している迎撃弾は約50発しかない」と報じている。

参考:España suministrará una partida de misiles Patriot a Ucrania

スペインが備蓄しているパトリオットシステムの迎撃弾は約50発らしい

ウクライナの空を完全に保護するにはパトリオットシステムもしくはSAMP/Tが26セット(レーダー、管制システム、発電機、複数のランチャーで1セット)必要で、クレバ外相はひとまず7セット確保を目標に保有国の説得を試みているものの、現時点でドイツ以外に手を上げた国はなく、Financial Timesは「ギリシャとスペインはEU・NATOの加盟国から圧力を受けている」「両国にとって防空システムの必要性は差し迫ったものではない」と報じたが、ギリシャに続きスペインもパトリオット提供を拒否した。

出典:U.S. Army photo by Eugen Warkentin

ギリシャ政府の報道官はFinancial Timesの報道に対して「自国の安全保障を損なう行動はとらない」と、ギリシャメディアのKathimeriniも「もしEUが我が国の安全保障を確保すると明確に約束するのであれば支援を検討するが、NATO加盟国同士の争い(トルコとの対立)に約束を提供するのは不可能だ」「もし防空システムの譲渡を行うならギリシャが財政的負担を負わないこと、同等のシステム供給を約束することが最低条件に条件になる」と述べ、ミツォタキス首相も「パトリオットやS-300のウクライナ提供に応じない」と断言。

スペインのアルバレス外相は「パトリオットシステム提供の可能性」を否定しなかったが、スペインメディアのLa Razónは「圧力にも関わらずスペインはパトリオット提供に消極的だ」と報じ、EL PAÍSも26日「国防省がパトリオット提供を拒否した」「政府はEU・NATOの加盟国から圧力を受けて少数の迎撃弾提供に同意した」と報じている。

出典:Turkish Presidency

EL PAÍSは「スペインにはドイツから購入したパトリオットシステムが3セットしかなく、内1セットはトルコのアダナに配備(シリアからトルコ領に向けて撃ち込まれるミサイル迎撃のため派遣中)され、内2セットはバレンシアの基地にあり、その内の1セットはスペイン人やウクライナ人の訓練のため使用されている。ウクライナはトルコに配備しているパトリオットを提供するよう要請してきたが国防省が拒否した。政府は代替案としてパトリオットの迎撃弾提供に同意した」と報じ、迎撃弾は非常に高価なので「スペインの備蓄量は約50発しかない」と付け加えている。

つまりスペインは「約50発の備蓄の中から少数の迎撃弾をウクライナに提供する=提供規模は非常に限定的」という意味で、しかも弾道ミサイルの迎撃に対応したPAC-3ではなくPAC-2(MIM-104DもしくはMIM-104E)だ。

関連記事:ギリシャ首相、パトリオットやS-300のウクライナ提供に応じないと断言
関連記事:誰がウクライナにパトリオットを提供するのか? ギリシャは提供に否定的
関連記事:ドイツ、新たなパトリオットシステムを直ちにウクライナへ提供すると発表
関連記事:ウクライナ外相、防空システムを確保するため強硬な外交手法に変更
関連記事:ウクライナメディア、約2週間の攻撃で原発6基分相当の発電能力を失った
関連記事:BILD記者、ウクライナはパトリオットの迎撃弾とIRIS-Tを使い果たした
関連記事:ロシア軍のインフラ攻撃は発電所の破壊が狙い、短期的な復旧が見込めない
関連記事:トルコとスペインがトルコ海軍向け大型空母の建造で協力すると合意

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Army photo by Eugen Warkentin

ギリシャ首相、パトリオットやS-300のウクライナ提供に応じないと断言前のページ

ロシア軍がセメニフカを占領、クピャンスク方面キスリブカでも攻勢を開始次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ポーランド陸軍の次期主力戦車に新たな挑戦者、イタリアが国際共同開発を提案

    ポーランドが陸軍近代化の一貫として進めている次期主力戦車調達計画「Wo…

  2. 欧州関連

    リトアニア陸軍の選択はレオパルト2、エイブラムスとブラックパンサーは敗退

    リトアニアではウクライナ侵攻を受けて「戦車大隊の創設=戦車導入」の噂が…

  3. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、ロシア資産の売却益を含む資金で武器生産を行う

    ゼレンスキー大統領は「明日重要なニュースがある」と述べていたが、30日…

  4. 欧州関連

    K2黒豹 VS レオパルト2A7、ノルウェー次期主力戦車を巡り韓国とドイツが激突確定

    ついに欧州で韓国のK2ブラックパンサーとドイツのレオパルト2A7がノル…

  5. 欧州関連

    ドイツが砲兵戦力の増強に乗り出す、RCH155の100輌調達を計画

    欧州では砲兵戦力の更新や増強が相次いでおり、英国のスナク首相は4月「A…

  6. 欧州関連

    中国、米軍やドイツ軍が利用する独企業のゲームエンジン技術買収に乗り出す

    中国は米軍やドイツ軍が兵士のトレーニングプログラムに活用しているゲーム…

コメント

    •  さ
    • 2024年 4月 26日

    無い袖は振れないよな…

    19
      • Easy
      • 2024年 4月 27日

      というか,100台単位で抱えてる世界最大の軍事国家がパトリオットを出せない理由が「バックオーダーがいっぱいだから」。で、3台しかない貧困国に「お前が持ってる1台を出せ!」と圧力をかけている構図です。
      これぞ資本主義の真骨頂、とも言えるエピソードですね。

      11
        •  さ
        • 2024年 4月 27日

        しかもその内2台はNATOの為に稼働中なのに、という救えない話

        8
    •  さ
    • 2024年 4月 26日

    ギリシャもスペインもわかっていたけど拒否したから、いよいよ冗談抜きに韓国の天弓2を売れという動きになるかもしれない
    パトリオットでもS-300でもいいなら、それらの継投で輸出に積極的な韓国製でもいいんだろうし

    当事者の韓国政府がロシアににらまれるウクライナへの輸出についてどう思うかはともかくとして

    10
    •  さ
    • 2024年 4月 26日

    ギリシャもスペインもわかっていたけど拒否したから、いよいよ冗談抜きに韓国の天弓2を売れという動きになるかもしれない
    パトリオットでもS-300でもいいなら、それらの継投で輸出に積極的な韓国製でもいいんだろうし

    当事者の韓国政府がロシアににらまれるウクライナへの輸出についてどう思うかはともかくとして
    というのと、選挙で野党が勝ったのでユン政権に何も実績を作らせたくない野党が、大統領が何をしようとしても反対するから輸出もできない可能性もあるけれど

    3
      • 無明
      • 2024年 4月 26日

      やるとしたらどこかの国が天弓2を導入して、その玉突きでペトリオットを供与する形になるのでは

        • 伊怜
        • 2024年 4月 26日

        天弓2はペトリの妥協案にはなるが穴埋めにはならないと思うの

        10
    • PAC-0
    • 2024年 4月 26日

    〜俺たちの戦いはこれからだ〜
    クレバ外相の外交手腕にご期待ください!

    27
      • 弾切れ
      • 2024年 4月 26日

      ウクライナの強硬な外交についてつい一週間ほど前にメディアに語ってたから、働きかけ自体は大方1ヶ月弱は続けてたんだろう
      ただ、アフガンのときから海外派兵に後ろ向きなスペインやらキプロスでバチバチのギリシャやら、無理そうな相手にわざわざ聞かないといけないのがこれまでと違うな

      11
    • 名無し
    • 2024年 4月 26日

    世界の均衡など…永遠には保てぬのだ
    ここらで一度掃除する必要があるな
    五老星イーサンバロン・Vナス寿郎星より

    6
    • irokoi
    • 2024年 4月 26日

    「ウクライナに支援したくない」というより「支援するほど弾が無い」って感じだな
    冷戦後ホンマ西側は軍備の整備をサボってたのが良く分かる……

    50
      • 琥珀
      • 2024年 4月 26日

      西側諸国は工場減らして金融とかのサービス業方に集中してましたからねえ。
      特に欧州諸国はNATOというかアメリカ頼りで安全保障削って、経済とかの方に集中してた面が強いですし。

      41
        •  
        • 2024年 4月 26日

        札束でほっぺたたいてたら額に銃口を突き付けられたでござるの巻

        46
    • 765
    • 2024年 4月 26日

    PAC-3の調達、日米韓あたりに提供するのでいっぱいいっぱいだろうしな
    EU諸国が金はいくらでも払うからとりあえず寄越してくれって言っても物理的に無いのでは

    6
      • 欧米は金の亡者
      • 2024年 4月 26日

      金はいくらでも払うなんて欧米諸国は一言も言ってないですよ?
      俺達が汗水たらして頑張って調達してきたんだから、ウクライナ人の血と汗での見返りを期待して待ってるよ?(ニッコリ
      タダで兵器や金を提供しても普通に批判してくるからw金の亡者の欧米人を見くびってはいけない。

      20
        • Easy
        • 2024年 4月 26日

        ちなみにイギリスの史上最大の支援()ですが。
        なんとその中には「これまでにイギリスが貸し付けた資金の利息支払い分」がしっかり含まれていまして。
        支援です!と渡したカネからしっかり「では、この1億ポンドは利息として頂きます」と回収し。残りの貸付分については日本に保証人のサインをさせて、ウクライナが焦げ付かせても日本から回収出来るスキームにしてます。
        さすがブリカスと呼ばれるだけはありますよ。やってることはヤミ金ウシジマ君とほぼ変わりません。

        46
          • ランドセル
          • 2024年 4月 26日

          人んちに文句言えるほど…うちらは支援してたっけ?
          何ならいまだに白熊に怯えて大したことはしてないと思うんだけど?

          あー戦後復興とかは無しね〜だって、戦争が終わらなければノコノコ行けないんだからさ…また現地で何処かの国守って貰う?

          8
            •  さ
            • 2024年 4月 26日

            してる
            これだけしてるのに、してないと言うのも結構驚き

            9
            • どねつくぼうし
            • 2024年 4月 27日

            日本にとってどうでもいいに等しい地球の裏側
            支援しなくてはならない理由自体が希薄です
            というか支援したのに成果は出せず他国の支援が足りないせいだなどと責任転嫁する国に今後何が期待できるというのでしょう?

            18
              • なな
              • 2024年 4月 27日

              人民解放軍が日本列島で同じ事を始めても、歴史的に日本と親密だった国が欧州圏に存在しないんで、欧州は地球の裏側の親しくもない国には何もしてくれないでしょう

              なら日本は今まで通りウクライナには非協力的にいくしかあるまい

              ただでさえ何一つ軍備拡張に使えないまま円安で43兆円がドルベースで4割消し飛んで厳しい状況にあるんです

              10
                •  さ
                • 2024年 4月 27日

                調べればわかるけど、結構してるよ
                軍事面ではそこまではしてないけど、その分他の面で、ウクライナに人が住み続ける為のあれこれをしてる

                軍事的支援も大事だけど、こういった事もしないならウクライナから人が逃げ続ける一方なわけで、目立たないとはいえ決して軽視して良い支援ではないはず

                というと、金の無駄化だからやめろという声も強くなるだろうから、強く宣伝できないジレンマ

                8
                • 名無し
                • 2024年 4月 27日

                欧州になんて期待するだけ無駄、ただでさえ厳しい状況にあるんです?じゃあ尚更ウクライナに構ってる余裕なんかないですね

                3
      • nachteule
      • 2024年 4月 27日

       今週スペイン企業グルポ・オエシアがPAC-3MSEを量産するみたいな話しがあったけどな。後は三菱のライセンス生産がアッセンブリー生産なのか完全なライセンス生産なのかでも違ってくる。ほぼ完全なライセンス生産ならば三菱のキャパを超えない限りは輸入は考えづらい。

       韓国は30年代までにミサイル防衛増強考えているからパトリオットを買うみたいな話をしているけど、天弓2を催事に売っているのに自分の所はPAC-3MSE買いますとかどうなのかなとは思う。勿論、有事を考えれば他国から融通して貰える兵器は必要だとは思うけど。楽観的に考えると日韓でそこまで需要はあるの買って気はするな、むしろ台湾とか別の国の方がアメリカに大きく依存する感じがするけど。

      2
    • たむごん
    • 2024年 4月 26日

    スペインは、ロシア産LNG輸入が、36.5%もEU圏の中でありましたからね(2023年1-9月期)。
    ロシアのガス利権を捨てるような事は、ものすごい何か対価がなければ、積極的にならないでしょう(ロシア産のシェアは増しています)。

    スペインは、ヨーロッパの西端ですから、ロシアの脅威と言われても国民の心にも響きにくいでしょうし。
    ガス利権を捨てて、インフレが深刻化しても、国民の理解を得にくいだろうなと。

    パトリオットの需要は爆増していますから、提供したとしても、いつ補充納品されるのか分からないですからね。
    ダチョウ俱楽部の手をあげた瞬間に『どうぞ・どうぞ』を思い出します。

    >スペイン国営天然ガス輸送網運営会社エナガス(ENAG.MC), opens new tabが10日公表したデータによると、同国が3月に輸入した液化天然ガス(LNG)の約26%はロシア産だった。前年同月は14.4%だった。

    (2023年11月14日 ロシア産 LNG を輸入し続ける EU 三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
    (2024年4月11日 スペインのLNG輸入、3月はロシア産が26% ロイター)

    19
      • 58式素人
      • 2024年 4月 26日

      欧州のLNGパイプラインの配置を見ると。
      アルジェリアから2本入っていましたから、
      てっきりこちらと思っていました。
      EUの目標として、ロシア産を切る話があったと思います。
      それが終わってからか、
      あるいは代替供給地と引き換えになるのでしょうか?。

      2
        • たむごん
        • 2024年 4月 27日

        アルジェリア産、仰る通り重要です。

        EU圏イスラエル擁護、天然ガスのロシア代替地(地中海東岸・イスラエル沿岸)でもあるため、これはこれで困った事になっているんですよね…

        (2022年6月19日 イスラエル、EUにガス輸出拡大へ 脱ロシアへ関与 日経)
        (2023/01/31 東地中海への期待と不安(1):イスラエル・レバノン海上境界合意とイスラエル・エジプト探鉱ブーム、そして新規入札ラウンドへ エネルギー鉱物資源機構)

        4
          • Easy
          • 2024年 4月 27日

          それは大丈夫ですよ、イギリスが過去最大のロシア産天然ガスの輸入量を達成したそうで。
          ヨーロッパの天然ガスの不足分は、イギリスがロシア産天然ガスを売ってくれるシステムになっています。
          もう、ビジネスとは何か、利鞘を稼ぐとはどういうことか。我々がイギリスから学べることはまだまだたくさんありそうです。

          12
            • たむごん
            • 2024年 4月 27日

            イギリスは、本当にズル賢くやりますね…(誉め言葉です)
            本邦も、天然ガス・石油の資源取引、タバコなどのロシア権益を捨てなくてよかったですね。

            すれっぽい規制を検討しているようですけど、まだまだ時間がかかりそうですし。
            EU圏、LNGの受入基地から、ガスパイプライン繋がってるんですよね…

            >関係筋によると、提案はロシア産LNGの輸入を禁止するものではなく、制裁対象になるのはLNGをある船から別の船に移し、最終目的地に航行するというトランスシップ(積み替え)行為。

            (2024/4/26 チェコ特使、EUのロシア産LNG禁輸「当面ない」 日経)
            (2024年4月26日 欧州委、ロシア産LNGの制裁検討 禁輸には踏み込まず=関係筋 ロイター)

            6
    • emp
    • 2024年 4月 26日

    50発って、1発のミサイルに2発で迎撃すると考えると、第一波凌いで終わりだね

    まぁポルトガルもフランスもnatoだし、アフリカが喧嘩売ってくるとは思えないけど
    限度があるだろ

    21
      • 2024年 4月 26日

      まあ、無いよりはマシ?
      次は迎撃出来るか分からないけど、一回は凌げる訳ですし!

      フランスはアフリカの旧植民地から追い出されてる感じだけど、別に戦争吹っ掛けて来るような事はないですもんね。
      スペインは難民移民の方が問題でしょうけど。

      6
      • 平八郎
      • 2024年 4月 27日

      黙っとけば良いのになあと思いました。
      とりあえずブラフでもなんでもいいから対空ミサイルは潤沢にあるようなフリをした方が良いというのはウクライナ戦争を見て学びました。
      弾がまだあると相手が思ってるうちは航空戦力は近づいて来ないですから。
      まあ実際はもっと違う数字かもしれないですが。
      日本もパトリオット何本買ったとかどこに配備したとかなるべく秘密にした方が良いですね。

      5
    • マダコ
    • 2024年 4月 26日

    そもそもパトリオットは高すぎるんですよ。そして、その価格から他が装備できず、依存状態になる。手放せるわけがない。そして、それは、安価なミサイルやドローンの飽和攻撃で早々に枯渇する。これからは、パトリオットよりも遥かに安価なシステムを数多く揃える事も含め考えないと厳しい。特に日本のように、ミサイルの飽和攻撃に特化した国々に囲まれた国はそうだ思う。

    30
      • 名無しの悪夢
      • 2024年 4月 26日

      日本のパトリオット導入もコストやら命中率やら相当拗れましたからねぇ
      北の方々が定期的に発射してくれるせいでそういうのは陰を潜めたみたいですが

      3
      • 暇な人
      • 2024年 4月 27日

      パトリオットは高いが、S400はパトリオットより高かったはず
      つまり信頼できる防空兵器おこうと思ったらそれだけで軍備を圧迫する
      けどパトリオットもS400も破壊されてるし絶対の信頼まではいかない
      戦闘機もクッソ高いし、制空権取られたら今のウクライナになるから手放せない。

      ミサイル量産できるようにして敵基地攻撃できるようにならないとダメってことですね

      11
    • センツァノーメ
    • 2024年 4月 26日

    こんな理由で提供を拒否できるんなら日本も断っておけばよかったのになぁ…

    28
      •  
      • 2024年 4月 26日

      軍備に、それも他国の軍備に金つっこんでも何の得にもならないインフレ圧にしかなりませんからねえ

      20
        • 匿名
        • 2024年 4月 27日

        え…NATOとして準戦争状態じゃないんだ?余所事ですか?(これだから寄せ集めは…

        2
    •  
    • 2024年 4月 26日

    パトリオット提供の消極姿勢はアメリカを含め余分な在庫がないというのが理由だろう。
    そしてウクライナが都市防空のためといいつつ野戦防空にも使い出したのを見てしまうと、そんなリスクの高い使い方されたらいくらあっても足らなくなる。最近もアメリカに輸送された損傷したランチャーが目撃されてる。
    レンタルでも貸したくないだろう。終戦までに戻ってくる可能性が低い。

    32
      • たむごん
      • 2024年 4月 26日

      クレバ外相チーム、パトリオットシステム(セットと解釈しました)は貸与、要請があれば直ぐ返却するという趣旨を言ってるんですよね。

      自分で壊れたパトリオットを、仰るように修理できないのに、何を言ってるのだろうと思っていたのですが…。他国の対応を見ると見透かされていますね。

      >「要請があれば提供されたパトリオットシステムを直ぐ返却する」
      (2024.04.11 ウクライナ外相、防空システムを確保するため強硬な外交手法に変更 航空万能論)

      16
      • paxai
      • 2024年 4月 26日

      いっちゃなんだけどパトリオットが壊されるのが怖くて戦争に勝てるか?っと思っちゃう。

      8
    • そら
    • 2024年 4月 26日

    日本ですら関東以南にしかパトリオット部隊は配備出来てない位高い物だし、おいそれと出せるわけ無いよなぁ
    日本も対中対ロ対朝で全く余裕無いどころか足りないくらいだし、ウクライナはMANPADSで凌いでもらうしかないね

    8
      • 岸田の秘書
      • 2024年 4月 27日

      先の訪米時に日本国内のパトリオットを出すって密約結んだかもしれません…

      4
      • F-117A
      • 2024年 4月 30日

      北海道にも青森にもパトリオットは配備されている。
      関東以南にしか配備されてないということはない。

      1
    • 2024年 4月 27日

    2014年からきな臭くなっていたのに旧式込で50発しか持っていないスペイン
    ……欧州は平和ボケだなぁ

      •  さ
      • 2024年 4月 27日

      いやまあスペインは仕方ないんじゃない?
      地理的にNATOで一番、ロシアの脅威を受けにくいし
      何より、貧乏だから…
      貧乏な国に、高額な兵器をたくさん用意して桶は流石に酷だよ

      11
    • 2024年 4月 29日

    他人事の欧州にウクライナを勝利させる未来があるとは思えなくなってき。ウクライナが負けたら自分達が総動員の為の準備を初めなきゃいけなくなるのになんであれほど余所事に振る舞える神経がわからない。
    米国のウクライナ支援の予算が可決した途端にパトリオット提供を渋りだすような人達に未来があるようには思えんなぁ。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP