インド太平洋関連

  1. ミャンマー軍、技術的な問題と西側諸国の制裁で導入したJF-17が飛行停止

    反ミャンマー政府系新聞のIrrawaddy紙は25日、中国とパキスタンから導入したJF-17が技術的な問題と西側諸国の制裁で飛行停止に追い込まれていると報じてお…

  2. マレーシア空軍はテジャスではなくFA-50を選択か、但し揉める可能性も

    マレーシアメディアは21日「空軍が進めている軽戦闘機入札の勝者はFA-50だ」と報じているが、入札に敗れた他の候補(恐らくテジャスMK.1A)が「空軍の評価プロ…

  3. タイ海軍が導入する潜水艦に中国海軍の保証を要求、断れば契約打ち切り

    タイ海軍のチュンチャイ海軍司令官は「中国海軍がCHD620の品質について保証してくれなければ潜水艦導入の契約を打ち切る」と述べ、S26T型潜水艦を巡る問題は大詰…

  4. インドネシア国防相、F-15EX導入は政府の最終決定を待っているところ

    米国防長官と会談したインドネシアのプラボウォ・スビアント国防相は「F-15EX導入に関する交渉は続けられており、政府の最終決定を待っているところだ」と明かした。…

  5. K9に各国から発注が殺到、今年だけで推定900輌前後の受注を確保か

    韓国のハンファディフェンスが製造する自走砲「K9 Thunder」にはエジプトやポーランドからの新規受注、インド、ノルウェー、フィンランドからの追加発注が確定し…

  6. 台湾メディア、日本人の74%は台湾有事への自衛隊派遣に反対している

    台湾では国民の約58%が「中国軍の攻撃を受ければ日本が自衛隊を派遣してくれる」と回答しているが、台湾メディアは13日「台湾が中国に攻撃されても日本人の74%は自…

  7. インドネシアとボーイングがF-15EX導入を交渉中、アローヘッド140建造もまもなく

    ウクライナ侵攻に集中して暫くインドネシアの戦闘機やフリゲートの導入状況を放置してしまったが、F-15EX導入に向けた交渉が進んでおり、バブコックはフィンカンティ…

  8. インドネシア、トルコから多連装ロケットシステムで使用する弾道ミサイルを導入

    トルコのRoketsanは5日「インドネシアから戦術弾道ミサイルKHANの受注を獲得した」と発表、Roketsan製の多連装ロケットシステム「MBRL」で使用さ…

  9. 高まる無人機需要、インド陸軍が2,200機以上のUAV緊急調達計画を発表

    インド陸軍は2,200機以上の無人機調達に関する緊急入札を発表、インド以外でも戦場認識力の拡張や兵站の無人化へのニーズが高まっており、このまま行くと限られた無人…

  10. 韓国空軍の輸送機調達でC-130J、A400M、C-390が激突、エンブラエルの提案は魅力的

    韓国空軍が2026年までに調達を予定している中型軍用輸送機にロッキード・マーティンがC-130J、エアバスがA400M、エンブラエルがC-390を提案してきたと…

  11. 韓国海軍が大規模な再編、2045年までに戦力の45%を無人戦力に置き換え

    韓国海軍は1%に過ぎない無人戦力を2025年頃までに9%、2030年頃までに28%、2040年頃までに45%まで引き上げる予定で、3つのナンバー艦隊の内1つを「…

  12. プーチン大統領に反論した尹大統領、韓国はウクライナに殺傷兵器を提供していない

    プーチン大統領は「韓国がウクライナに武器や弾薬の提供を決めたのを知っている。この行為は両国関係を決定的に破壊することになる」と言及したが、韓国の尹大統領は28日…

  13. インド、52口径155mm榴弾砲を搭載するトラック搭載型自走砲を発表

    印カリャニグループの防衛部門は52口径155mm榴弾砲を搭載する「MGS 8X8HMV」を発表、海外市場で需要が高まっているトラック搭載型自走砲にインドが進出し…

  14. 豪州がインターフレックス作戦に参加、ウクライナ人を訓練する教官役兵士を派遣

    豪州はウクライナへのブッシュマスター追加提供(30輌)や英国が主導する「インターフレックス作戦」への参加を発表、各国が協力してウクライナ人への訓練規模は「120…

  15. 海外市場での存在感を高めるインド、テジャスMK.2に16ヶ国が関心を示す

    インドが開発を進めているテジャスMK.2に「16ヶ国が関心を示している」と報じられており、同プログラムマネージャを務めるラオ氏は「将来の海外需要に対応していくた…

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP