米国関連

歴史上初!飛行中のステルス爆撃機「B-2」コックピット映像をモザイクなしで公開!

未だに秘密のベールに包まれている、米空軍のB-2ステルス爆撃機。最近、B-2“スピリット”飛行中のコックピット内部を撮影した動画が、初めて公開された。

参考:Here’s how B-2 bomber pilots pull off grueling 33-hour flights

初飛行から30年という時間の経過を感じてしまう

この動画は、ダラスを拠点とする映画プロデューサー兼ラジオパーソナリティーの、ジェフ・ボルトンが撮影したものだ。

飛行中のB-2の勇姿から、空中給油機から給油を受けるシーン、B-2を操縦するパイロットとコックピット内部が映っている。もっとも驚きなのは、B-2のコックピット内部を映した動画に、操縦計器パネル類が遠慮なく映っている点だ。

ここまで映して良いのか?と思うほど、遠慮なく撮影し、一切のモザイク処理なしに動画で公開している。

肝心のB-2“スピリット”のコックピットを見た感想としては、いささか古めかしいと感じてしまった。1989年に初飛行したB-2は、すでに30年の歴史があって、最新のF-35ステルス戦闘機などのコックピットと比べると、改めて20世紀に設計された航空機という実感を感じる。

引用:Jeff Bolton

2人のパイロット正面には4つ多機能情報画面が配置され、左右のパイロットの間には、姿勢指示計や昇降計、傾斜計など基本情報を映し出す、大型の情報画面が設置されている。それ以外の空間には、これでもかと言うほどのアナログ式計器や、機械式のスイッチ類がびっしりと取り付けられているのが印象的だ。

気になったのは、B-2“スピリット”のコックピット正面のガラスに、非常に細かな網目状の何かが埋め込まれていること。これはF-22や、F-117のキャノピーに、金を蒸着コーティングすることでコックピット内部へのレーダー波の進入を防いでいるが、B-2では別の技術を用いているのかもしれない。

色々と書いたが、現在開発中のB-21が完成するまで、世界で一番、先進的な爆撃機のコックピットであることには変わりがないし、B-52のコックピットに比べれば十分未来的だ。

それなのに、米空軍はB-2とB-1を退役させ、B-21とB-52で爆撃機戦力を構成していくことを既に決定している。

もちろん、なぜB-52よりも、B-2を先に退役させるのか十分すぎるほど理由は知っているが、進化したテクノロジーのコストが退役を早めた原因だというのは、本当に皮肉な話だ。

 

今回、誕生から30年経って公開されたB-2飛行中のコックピット。

もう30年もすれば、スミソニアン博物館で退役したB-2が展示され、コックピット内部を見学できるようになるのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

日米海軍にとって厄介な存在?世界最強の駆逐艦、中国海軍「055型ミサイル駆逐艦」が遂に公開!前のページ

F-35Aのウェポンベイ内搭載量アップ、対空戦闘能力を50%向上させる新兵器「Sidekick」完成!次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米次世代迎撃ミサイルのプログラムコストは約2兆円、削減される国防予算から費用を捻出可能か?

    大陸間弾道ミサイル迎撃における地上配備型(GMD)の次世代迎撃ミサイル…

  2. 米国関連

    バイデン大統領、ウクライナ侵攻をプーチン大統領が決断したと表明

    米国のバイデン大統領は18日(現地時間)午後、ウクライナ情勢について記…

  3. 米国関連

    ボーイング、F/A-18E/Fを使用したスキージャンプ方式による発艦テストを計画中

    ボーイングは国防総省と共同で、スキージャンプ台からのF/A-18E/F…

  4. 米国関連

    米海兵隊、岩国基地のF/A-18DをF-35Bに更新すれば対艦攻撃能力を喪失

    米国の経済誌「フォーブス」は28日、米海兵隊は日本の岩国基地に配備して…

  5. 米国関連

    米陸軍参謀総長、国防予算が削減されれば能力的な成長は見込めないと警告

    米メディアのDefense Newsは「もし国防予算が削減されると陸軍…

  6. 米国関連

    米国、ウクライナが年内に反攻に必要な戦力を準備できる可能性は低い

    米CNNは28日、ホワイトハウスの関係者は「ウクライナが2月24日以降…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP