航空万能論GF管理人

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦、日本と軍事技術の移転と現地化について協議中か

    日本とアラブ首長国連邦は2023年5月「防衛装備品・技術移転協定」に署名、外務省は今年1月「同協定が正式に発効した」と発表していたが、Tactical Repo…

  2. 米国関連

    F-16 Block70/72の需要見通し、Lockheed Martinは約300機と予想

    Lockheed MartinはF-16 Block70/72の需要見通しについて「Block70/72に関心を寄せる国は沢山ある」「将来的な需要は300機近く…

  3. ウクライナ戦況

    侵攻879日目、ウクライナ軍はクラスノホリフカから追い出される寸前

    DEEP STATEは「ロシア軍がハルキウ州クピャンスク方面、ドネツク州ポクロウシク方面、クラスノホリフカ市内で前進した」と報告、視覚的もオスキル川東岸のピシュ…

  4. インド太平洋関連

    Hanwha、F414と同等の推力を備える新型エンジンを公開すると予告

    Hanwha Aerospaceは18日「ファーンボロー国際航空ショーで次世代戦闘機や無人航空機に動力を供給するため設計されたターボファン・エンジンのプロトタイ…

  5. 日本関連

    日本のパトリオットミサイル輸出、シーカー不足で増産に数年かかる見込み

    ロイターは20日「パトリオットシステムの迎撃弾に使用しているシーカー増産が遅れているため三菱重工業の迎撃弾増産は行き詰まっている」と報じ、三菱重工業が生産するP…

  6. ウクライナ戦況

    侵攻878日目、ロシア軍がシヴェルシク方向で大きな突破を見せる

    RYBARはドネツク州シヴェルシク方面について「ロシア軍が戦線を大きく突破してイヴァーノ・ダリウカを占領した」と、ポクロウシク方面でも「ロシア軍がプロレスを占領…

  7. 中東アフリカ関連

    米国製兵器によるロシア領攻撃、ロシアは報復としてフーシ派に対艦ミサイル供給か

    WSJは19日「ロシアは米国製兵器を使用したロシア領内攻撃の報復としてフーシ派に高性能な対艦ミサイルを供給する可能性がある」と報じており、これは「ATACMSを…

  8. 欧州関連

    英国で取り沙汰されるGCAPへの懸念、根本的な原因は安全保障環境の変化

    英国のポラード国防担当閣外大臣は「国防政策の見直しで何が起こるか何も断言できない」と発言し、Timesは「政権がGCAPの将来確約を拒否した」と、Sky New…

  9. 欧州関連

    英新政権のGCAPに対する立場、国防政策の見直し完了まで何も約束しない

    英国の新首相は「国防政策の徹底的な見直し」を発表、ポラード国防担当政務次官もGCAPに対する労働党政権の立場について「何も断言できない」と述べ、Aviation…

  10. 欧州関連

    英シンクタンク、ウクライナが犯した最大の過ちは楽観的過ぎる期待と想定

    英国王立防衛安全保障研究所はウクライナ軍の反攻作戦に関するレポートを18日に発表、この中で「ウクライナが犯した最大の過ちは反攻作戦が成功すると判断した根拠だ」と…

  11. ウクライナ戦況

    侵攻876日目、ロシア軍がポクロウシク方面とヴェリカ・ノボシルカ方面で前進

    DEEP STATEはポクロウシク方面について「ロシア軍がプロレス集落に入った、線路沿いからロズヴァツケ方向、ノヴォセリフカ・ペルシャ集落で前進した」と、RYB…

  12. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍はウロジャインから撤退、クリンキーでの戦闘任務は継続

    一部のウクライナメディアが「ドネツク州ウロジャインとヘルソン州クリンキーから撤退した」と報じていたが、ウクライナ軍の報道官は「ウロジャインからの撤退」を認めたも…

  13. ウクライナ戦況

    ロシア軍がカリーニン東地区を占領、チャシブ・ヤールの東正面を完全に確保

    DEEP STATEはチャシブ・ヤール方面について17日夜「ロシア軍がカリーニン東地区と南に広がる森林地帯を占領した」と報告、これでロシア軍はチャシブ・ヤールの…

  14. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍兵士788人がクリンキーで行方不明、埋葬できた戦死者は262人

    政府の汚職や重大犯罪の調査を行うウクライナの独立機関=Слідство.Інфоは17日「クリンキーの作戦で788人の兵士が行方不明になっている」「クリンキーか…

  15. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がチャシブ・ヤール、トレツク、ニューヨークで失敗した原因

    ウクライナ人ジャーナリストのブトゥソフ氏は15日「チャシブ・ヤールのカナル地区、トレツク、ニューヨークで防衛が失敗した原因」について言及し、ロシア軍に押し切られ…

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP