軍事的報道

アフターバーナー点火でぶっちぎる?ロシア空軍の「Tu-160」が「F-35A」を置き去りに

ロシア空軍の「Tu-160 ブラックジャック」は、米空軍の第5世代戦闘機「F-35A」2機に接近され監視されながらの飛行中、突然主翼を後退させアフターバーナーに点火し、F-35Aを置き去りにして飛び去った。

参考:Ту-160 ушел от двух F-35 на форсаже, пишут СМИ

爆撃機Tu-160に置き去りにされる第5世代戦闘機のF-35A

ロシアメディアによると11月3日、日本海上の国際空域を飛行中だったロシア空軍の「Tu-160 ブラックジャック」は、米空軍の第5世代戦闘機「F-35A」2機に挟まれる形で接近され監視されたという。

そこでTu-160は、主翼を最も後退角度の深い「65度」に変更し、4基のエンジンのアフターバーナーに点火、マッハ2.05まで加速し、2機のF-35Aを振り切って飛び去ってしまった。目の前で起きた事実に、米空軍のF-35は直ぐに反応出来なかったが、状況を認識した時にはすでに手遅れだった。

出典:public domain F-35A

F-35Aの最高速度はM1.6までなので、マッハ2で飛び去ったTu-160を追いかけることは事実上、不可能というわけだ。

西側の軍事関係者は、F-35AがロシアのTu-160に置き去りにされたことに言及し、F-35Aの最高速度ではTu-160に追いつくことは不可能だが、搭載されたミサイルがこの欠点を解決してくれるので問題ないと話したという。

ロシアメディアは、空中機動において速度の優位性を主張し、もしミサイル以外の手段でTu-160を迎撃する必要があった際、F-35Aはその任務を達成できないと指摘し、もしミサイルによる攻撃を受けてもTu-160はマッハ2の最大速度と、電子妨害装置で敵の攻撃を回避することができると主張した。

中国メディアは、この「事件」を大きく報道し、F-35Aを操縦していた米国人パイロットの面子を潰した報じている。

問題は、この米空軍のF-35Aが何処からやって来たのかという点だが、公式に日本に配備されているのは海兵隊向けのF-35Bだけなので、この点だけが謎だ。

出典: Alex Beltyukov / CC BY-SA 3.0

Tu-160は旧ソ連時代に開発された可変翼の超音速戦略爆撃機だが、ロシア空軍は現在、Tu-160を巡航ミサイル運搬のプラットフォームとして活用しており、核弾頭を搭載した巡航ミサイル「RKV-500B」なら最大12発、航空機搭載型の短距離弾道ミサイル「Kh-15P」なら最大24発搭載することが可能だ。

ロシアは2018年、カザン航空工場でTu-160を改良した「Tu-160M2」の製造を再開し、新規製造したTu-160M2を約50機程度調達する見込みで、2021年までに最初のTu-160M2がロシア航空宇宙軍に引き渡される予定になっている。

 

※アイキャッチ画像の出典:Mil.ru / CC BY 4.0

関連記事

  1. 軍事的報道

    英国主導の第6世代戦闘機「テンペストプロジェクト」にスウェーデン合流

    英国のテレグラフ紙によれば「テンペストプロジェクト」にスウェーデンが加…

  2. 軍事的報道

    成層圏の要塞が「飛行機の墓場」からカムバック!保管中のB-52が現役復帰

    米空軍は、失われたB-52の代わりを探してきたが、遂にその代わりとなる…

  3. 軍事的報道

    中国の偵察能力を飽和させる方法? 新マンハッタン計画は米海空軍協力の象徴

    米海軍の最新鋭「ジェラルド・R・フォード級空母」2番艦が12月7日、洗…

  4. 軍事的報道

    AN/APG-82搭載で「マルチロール機」化する空自F-15J、初号機引渡しは2023年

    搭載レーダーを「APG-82」に換装するなど、近代改修が施され「マルチ…

  5. 軍事的報道

    韓国空軍「F-35より優れ『極超音速飛行』が可能な第6世代機を開発」発言

    韓国空軍は、現在、導入が進められているステルス戦闘機F-35Aよりも、…

  6. 軍事的報道

    どうしてこうなるのか?韓国海軍、調達した対艦ミサイルの半分が故障

    英国のアグスタウェストランド社が開発し、韓国海軍が主力ヘリとして採用し…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    後にこの出来事が原因でまた最高速度論争が起きたなんて事には流石にならないですかね

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    必死ですなぁ…

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    どこのF-35Aなんだ

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    やっぱり可変翼はカッケェなぁ
    浪漫がある

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    どこまで本当の話か分かりませんが
    アラート側としては対象機を領域外に退去させた時点で任務達成ですよね。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    アメリカでM2以上で飛行できる機体はF-22, F-15, F-16くらいですし、F-22でもスーパークルーズはM1.8が上限でM2以上はアフターバーナー使用が前提なので長時間は無理ですね。
    過去にはYF-12とかB-1AなどM2以上で飛べる大型機体もありましたが、試作段階で終了したり制式採用時にダウングレードしてたりと選択肢が無くなっています。
    B-1Bはエンジン改修版のB-1RでM2以上の速度を達成する計画もありましたが、貴サイトにもある通り機体寿命を使い切ったので機体改修とセットでやる予算があるのか微妙です。
    M2以上が必要なら極限の空力を実現できる無人機かミサイルというのが現実解でしょう。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    「目の前で起きた事実に、米空軍のF-35は直ぐに反応出来なかったが、状況を認識した時にはすでに手遅れだった。」

    ロシアがF-35の評価を落としたいというのはわかりますが、可変翼爆撃機の元祖とも言えるB-1ランサーを有する米空軍に対し、上の描写はさすがに滑稽ですね。米軍のように新規にステルス全翼爆撃機を開発・生産できないからこそTu-160M2の再生産に頼らざるをえない現状を、もっと真摯に考えるべきでしょう。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    F-35Aは2017/10/23~2018/05/02 沖縄の嘉手納基地に暫定配備されてましたね。
    だけど、ステマ的なフェイク・ニュースですね。

    中国のポータル・サイトwwwwで、11月上旬にこのTu-160/F-35Aの事があったとカキコ。 2019年8月にロシア・メディアがこの事を報道してますね。
    他にも関連記事があるんでしょうけど、下記のロシア記事(11月上旬と書いてる)を読んだ時点で検索を終了したです。
    (中国のポータルのは2019年8月以前なのに、2019年11月上旬にあった事と書いてあったかな? と推測)
    Американские F-35 не смогли догнать российские Ту-160 в небе
    08.11.2019
    リンク

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    ロシア機好きだから余り言いたく無いんだけど、接近されている時点でTu-160アウトだと思う。
    他の人も書いているけどF-35は単に示威行動して追い返しただけでしょうに…。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    嘘っぽいというか嘘でしょ
    ロケットじゃないんだからマッハ2まで急加速とか無理無理
    所詮爆撃機なのでF-35Aなら相当な時間追従できたはず

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    撃墜するのは容易いだろうが面目丸潰れだな

    • 通りすがり
    • 2019年 11月 09日

    ミサイル以外での迎撃、って亜音速・超音速で飛行中に機銃使うはずも無し・・・

      • 匿名
      • 2019年 11月 09日

      ドッグファイトはロマンはあるよね

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    ロシア軍が逃げたという話しですよね。
    戦闘であればF-35は本来のステルス性を発揮し、
    相手が捕捉できないまま高性能ミサイルでご自慢のTu-160を木っ端微塵にしていたことでしょう。
    こんなネタで精神勝利する必要があるほどロシア軍は劣位なのでしょうか。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    中国メディアがソースのスプートニクの記事という時点でもう…(@_@)

      • 匿名
      • 2019年 11月 18日

      ならばよし!

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    「全速力で逃げ出した。」ですよね?
    既に先進国でなくなったロシア、
    見栄を張るしかない後進国が、
    唯一の求心力であるプーチン死後
    どうなるかが楽しみです。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    F6Fの追撃を振り切った彩雲の話を彷彿とさせますね。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    米本土のインターセプターはF-15C
    後継機のラプターが中止になってF-15Eベースでの新造を計画してるわけで、米軍としては織り込み済みでしょう

    それに大型の爆撃機とは言え、アフターバーナー使って何分飛べるんでしょうね
    スパクル可能なF-35のレーダー範囲外(160km以上)までアフターバーナー使って逃げられるとも思えませんが

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    我に追いつく、LMなし!

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    領空に向かってアフターバーナー炊いたらそりゃ全力で追っかけるだろうけど
    遠ざかる方向へ加速したら普通に見送るんじゃ?燃料の無駄だろ

    • 匿名
    • 2019年 11月 10日

    巡行速度はF-35の方が速いので本気で撃墜するつもりならTu160は逃げ切れないぞ

    • 匿名
    • 2019年 11月 10日

    リヒート 女の腕まくり

      • 匿名
      • 2019年 11月 11日

      勉強になりますφ(..)m メモメモ
      リヒート:アフターバーナー
      女の・・・:然したる脅威ではない

    • 匿名
    • 2019年 11月 10日

    リンクの切れている動画を見たい。大体URLありますか?
    リンク

    • 匿名
    • 2019年 11月 10日

    米空軍、F-3採用待ったなし。

    • 匿名
    • 2019年 11月 10日

    エンジンの小さなF35だから仕方ないね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP