米国関連

米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は19.3億ドル

米海軍が調達する装備・弾薬の取得コストは国防権限法(NDAA)の中で公開されており、2023年の調達単価はF-35C=1.3億ドル、MQ-25A=1.7億ドル、アーレイ・バーク級駆逐艦=19.3億ドル、トマホーク=292万ドルになる。

参考:NATIONAL DEFENSE AUTHORIZATION ACT FOR FISCAL YEAR 2023 

MQ-25の導入コストは1.7億ドルなので予想より調達性が優れていると言えるが非常に高価だ

通常、防衛装備品のコストは関連費用が含まれている場合が多く純粋な単価が良くわからない仕組みになっているが、米国の国防予算に関する大枠を定めた国防権限法(NDAA)には米軍が2023会計年度に何を、幾つ、幾らで調達するのか明記されており、今年も各軍が2023年に何を、幾つ、幾らで取得するのか見ていくことにする。

調達する航空機・艦艇・弾薬調達コスト調達単価FY21 NDAAとの比較
F/A-18E/F×8機7.4億ドル9,200万ドル24機/17.3億ドル/7,200万ドル
F-35C×13機17億ドル1.3億ドル23機/23.7億ドル/1.03億ドル
F-35B×15機19.5億ドル1.3億ドル10機/10.1億ドル/1.01億ドル
CH-53K×10機19.1億ドル1.9億ドル7機/8.0億ドル/1.14億ドル
MV-22B×2機2.4億ドル1.2億ドル11機/11.2億ドル/1.02億ドル
P-8A×0機調達終了調達終了8機/14.2億ドル/1.78億ドル
E-2D×7機12.4億ドル1.8億ドル4機/6.1億ドル/1.52億ドル
KC-130J×10機11.4億ドル1.1億ドル5機/3.7億ドル/0.74万ドル
MQ-4C×3機5.8億ドル1.9億ドル1機/2.4億ドル/2.4億ドル
MQ-25A×4機6.9億ドル1.7億ドル 
    
バージニア級×2隻45.3億ドル22.6億ドル 
アーレイ・バーク級×3隻
58.1億ドル19.3億ドル 
コンステレーション級×1隻10.8億ドル10.8億ドル 
サン・アントニオ級×1隻
16.7億ドル16.7億ドル 
アメリカ級×1隻13.7億ドル13.7億ドル 
    
AIM-9X×207発8,910万ドル43万ドル270発/1.3億ドル/48万ドル
AIM-120×337発3.4億ドル99万ドル325発/3.3億ドル/101万ドル
AARGM-ER×69発
1.3億ドル189万ドル 
JASSM×31発
5,840万ドル188万ドル 
LRASM×60発
2.3億ドル376万ドル48発/1.7億ドル/354万ドル
GBU-39II×481発1.1億ドル23万ドル357発/0.78億ドル/22万ドル 
JAGM×293発7,830万ドル26万ドル 
ヘルファイア×110発
660万ドル6万ドル 
JDAM×3,037基
7,600万ドル2.5万ドル1万基/2.1億ドル/2.1万ドル
    
トマホークBlockⅤ×137発4.0億ドル292万ドル155発/2.5億ドル/161万ドル
SM-6×125発4.9億ドル391万ドル125発/4.1億ドル/320万ドル
ESSM×136発2.8億ドル207万ドル120発/1.2億ドル/100万ドル
RAM×100発9,200万ドル92万ドル100発/0.9億ドル/90万ドル
MK-48×83発2億ドル240万ドル 

軒並み航空機の調達単価が上昇しているが、特筆すべきはMQ-25Aの調達コストが1.7億ドルという点だ。

米海軍の空母航空団に配備されているF/A-18の約3割は空中給油任務に従事しており、これを解放して本来の任務に戻すことを目的に開発されているのがMQ-25Aで、同機の開発と量産機取得に150億ドル/約1兆6,000億円かかると見積もられている。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Brandon Roberson

MQ-25はF/A-18E/Fと同サイズで空母から500海里/926km先に約15,000ポンド/約6,800kgの燃料(機内タンクと増槽×2本構成)を届けることが出来ると海軍は説明しているが、空中給油任務に使用されるF/A-18E/Fは同条件で29,000ポンド/約13,000kgの燃料(機内タンク+ARS×1本+増槽×4本構成/ARSと増槽2本構成でも9,400kgの燃料を運べる)を届けることが出来るため空中給油任務にMQ-25を使用するのはF/A-18E/Fよりも効率が悪い。

さらにプログラムコストを調達予定数で割るとMQ-25の導入コストは1機あたり2.1億ドルになると予想されていたが、FY23での調達コストは1.7億ドルなので予想より調達性が優れていると言えるだろう。

出典:U.S. Navy

最終的にMQ-25Aは情報収集・監視・偵察(ISR)任務や戦術通信の中継任務にも対応する予定で、F/A-18E/Fにない価値や将来性を示して空母航空団の中に居場所を確保できるかが注目される。

因みに海軍はFY23でアーレイ・バーク級を2隻(43.7億ドル)を要求していたが、議会は3隻分の予算(58.1億ドル)を配分したため同艦の調達コストは21.8億ドルから19.3億ドルに低下しており、大型艦艇の取得コストは発注数に大きく左右されることが如実に現れていて非常に興味深い。

出典:Public Domain AN/SPY-6を搭載するアーレイ・バーク級駆逐艦FlightIII

ESSMの調達コストが高騰しているのは新型のBlock2に生産が切り替わったためためだと思われ、アメリカ級の建造資金は複数年に分割されているため13.7億ドルではない可能性が高い。

関連記事:米海軍、開発を進めている無人機MQ-25がF/A-18Fへの空中給油に初成功
関連記事:米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01億ドル
関連記事:米陸軍の装備調達コストは?M1A2Cは11.5億円、AH–64Eは16.3億円、AMPVは4.2億円
関連記事:米海軍の装備調達コストは?SM-6は3.3億円、F-35Cは107億円、イージス艦は1,560億円
関連記事:米空軍の装備調達コストは?F-35Aは92億円、F-15EXは107億円、KC-46は187億円

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Brandon Roberson

米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01億ドル前のページ

米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ドル次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海軍、設計上の欠陥を理由にフリーダム級沿海域戦闘艦の受け入れを停止

    米海軍は設計上の欠陥を理由にロッキード・マーチンが建造しているフリーダ…

  2. 米国関連

    米国、クラスター砲弾の活躍を受けて同タイプのATACMS提供を検討中

    米国はウクライナが要求する長距離攻撃兵器=ATACMS提供に消極的だっ…

  3. 米国関連

    米陸軍、UH-60の後継機にティルトローター機のV-280を選択

    米陸軍はUH-60の後継機としてシコルスキー/ボーイングが開発した二重…

  4. 米国関連

    T-50にRED6のATARSを統合、米戦術訓練機を受注するための布石か

    ロッキード・マーティン、韓国航空宇宙産業、RED6の3社は20日「RE…

  5. 米国関連

    まだ必要ない? 米議会、海軍の第6世代戦闘機「F/A-XX」予算増額要求を拒否

    米海軍は「F/A-XX」のコンセプト研究だけでなく、高度な次世代エンジ…

  6. 米国関連

    性能向上が約束されているF-35ブロック4、兵器搭載量も航続距離も大幅に増加

    F-35にとって重要なブロック4へのアップグレードは開始されており、予…

コメント

    • 通りすがり
    • 2023年 4月 02日

    もしかしてうちの国のイージス艦って、相対的に安く上がってるのか

    15
    • あまつ
    • 2023年 4月 02日

    MQ-25の利点がイマイチ分からないな。
    F-18を給油任務から解放するって言ってもMQ-25を積んだ分F-18が減るんだから結局戦闘任務に投入できるF-18の数は変わらないのでは?と思うんだが・・・。
    むしろ武装や電子装備外した給油専用型のKF-18でも積んだ方が補給や整備で利点が大きそうだけど。
    給油能力がF-18の半分しか無いなら同じ任務に2倍投入せねばならず費用対効果の点でも利点があるように見えない。
    それともF-18とは別枠で空母の搭載機が純増するってことなのかね?

    7
      • 2023年 4月 02日

      F/A-18を給油任務に投入したら機体寿命がガンガンすごい勢いで消費されていったので無人機が必要だわーって話になった
      問題はもともとX-48Bがいい感じに仕上がってたのに海軍がボーイングに仕事やるために計画を振り出しに戻したんでキレたノースロップは降りた
      結果こんな感じ

      16
      • 2023年 4月 02日

      最も高価値たる戦闘機パイロットを削減出来るのが最大のメリットでは無いでしょうか。
      無人機にオペレーターは必要でしょうがパイロットより安価かつ疲労度も低いので少ない人数で回せる可能性、撃墜リスクのある空域での給油活動による作戦の幅が広がる可能性など考えられます。

      空母の規模という空間上限と空中給油が必要な運用がある以上、戦闘機の投入数は今が最大値なのでは無いでしょうか。

      6
      • 通りすがり
      • 2023年 4月 02日

      っパイロット
      ある意味、一番高価なパーツでは

      7
      • 58式素人
      • 2023年 4月 03日

      まだ機体寿命がありそうなE2Cを、給油専用機に改造するのに一票。
      元々、E2を改装した輸送機があるし。
      デビスモンサンにS3が遊んでいるそうだけど、適当な機体なのだけれど、
      これを使うと、また(笑)、ロッキード/マーティンが出てくる。
      それとも、A10みたいに改造ごとボーイングにやらせるか。

    •  
    • 2023年 4月 02日

    バージニア級もシーウルフ級と変わらない価格になってんねえ

    9
    • 干物
    • 2023年 4月 02日

    元々本格的な無人攻撃機開発が技術的な問題や艦載機パイロット派閥からの反発で大きく後退し
    今の計画になったので艦上無人機の有用性を実証し今後の発展に繋げるというポジションかと。

    1
    • 1xug
    • 2023年 4月 02日

    中国の055型駆逐艦のコストは約1,200億円で052D駆逐艦は約700億円だから、水餃子みたいに大量建造できますわな(特に052D型は)。

    4
    • ハナー
    • 2023年 4月 03日

    F-35よりお高い輸送ヘリって何ぞ( ;´Д`)

    5
    • 山田さん
    • 2023年 4月 03日

    はえー、スパホってまだまだ調達続くのか。
    基本設計はかなり古いだろうに、すごいな。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP