軍事的雑学

仏空母の新型コロナはベルギー海軍が持ち込んだ?ロシアでも原潜で新型コロナ感染確認

ついに仏海軍の空母でも新型コロナウイルス「COVID-19」に感染した乗組員が確認され、世界の海から空母が次々と退場を余儀なくされている。

参考:France’s Only Aircraft Carrier Heads Home Due To COVID-19 Scare On Board

新型コロナウイルス「COVID-19」に対し深海ですら安全ではなくなった世界

フランス国防省は8日、空母「シャルル・ド・ゴール(R 91)」の乗組員約40人が新型コロナウイルス「COVID-19」に感染している症状を示したため隔離を行い厳重な医学的観察下に置かれ、1日2回医師の診察を受けて状態を確認していると発表した。さらに国防省はシャルル・ド・ゴールに新型コロナウイルス感染の有無を調べるスクリーニングチームを派遣したことを明らかにした。

同艦には約2,000人もの乗組員が勤務しているが、どこで新型コロナウイルスに感染したのかは明らかになっていないが、短期間ながら空母「シャルル・ド・ゴール」と行動を共にしたベルギー海軍のフリゲート艦「レオポルド1世」で新型コロナウイルスに感染した乗組員が3月25日に確認されており、同艦との交流中に新型コロナウイルスがシャルル・ド・ゴールへ持ち込まれたのかもしれない。

本来ならNATOの演習に参加して4月末に帰国する予定だった空母「シャルル・ド・ゴール」に緊急帰国するよう命じており、地中海に面した南フランスの母港トゥーロンへ向けて航行中だがフランス海軍の旗艦でもある空母「シャルル・ド・ゴール」の今後については全く言及されておらず、同艦の活動にどのような影響が出るのか謎だが当分は海に戻ってこれないもと思われる。

出典:U.S. Navy photo by Chief Mass Communication Specialist Matthew R. White/Released

米海軍では西海岸を拠点にする空母「セオドア・ルーズベルト(CVN-71)」、空母「ミニッツ(CVN-68)」、空母「カール・ヴィンソン(CVN-70)」、空母「ロナルド・レーガン(CVN-76)」で新型コロナウイルスに感染している乗組員が確認され、無傷なのは長期の海外展開を終えて帰国したばかりの空母「エイブラハム・リンカーン(CVN-72)」だけになり事実上、太平洋地域で活動可能な空母は0だ。

そのため米海軍は東海岸を拠点に活動し中東へ派遣されている空母「ドワイト・D・アイゼンハワー(CVN-69)」か空母「ハリー・S・トルーマン(CVN-75)」を太平洋地域に回すことを決定したが、明らかにイランとの緊張が続くホルムズ海域と中国と対立が続く南シナ海でのプレゼンス低下は避けられないだろう。

因みにロシア海軍のオスカーⅡ型原子力潜水艦「オリョール」やオランダ海軍のワルラス級潜水艦「ドルファイン」でも新型コロナウイルスに感染している乗組員が確認されており、もはや人の手が届かない深海でも新型コロナウイルスの感染拡大が進行していることになる。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain 空母シャルル・ド・ゴール

米軍採用の可能性も? 米国防総省の試験にパスした韓国製誘導ロケット弾「匕弓」とは前のページ

追記:日本に病院船は必要か?米国、感染症に対して病院船「コンフォート」の効果は限定的次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    完全復帰! 米海軍、空母「ジェラルド・R・フォード」海上試験を無事クリア

    空母「ジェラルド・R・フォード」は、動力部のメンテナンス完了を確認する…

  2. 軍事的雑学

    米国の航空優位を突き崩すか? ロシアが狙う「早期警戒管制機」の無力化

    巨大なレーダーを空中に浮かべ、広範囲な空域を監視し、友軍機はもちろん、…

  3. 軍事的雑学

    非ステルスがステルス機に変身? 中国人民解放軍が採用を決めた新しいステルス塗料の謎

    中国人民解放軍は最近、目視やレーダーから軍用機の認識を困難にさせる新コ…

  4. 軍事的雑学

    視界外戦闘も可能、F-35のステルス性能を損なわない新型「AIM-9X」は万能か?

    ドックファイトで活躍することを前提に設計されたAIM-9「サイドワイン…

  5. 軍事的雑学

    V仕様のF-21や、ロシアのSu-35に、F/A-18E/Fはインドで勝利できるか?

    ボーイングの副社長、Thom Breckenridge氏は、同社が製造…

  6. 軍事的雑学

    秘密のベールを脱ぎ捨てるトルコの第5世代戦闘機「TFX」、パリでモックアップ公開

    フランスのパリで、6月17日から開催される「第53回パリ航空ショー」で…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 09日

    >事実上、太平洋地域で活動可能な空母は0だ。
    ってことは太平洋に展開する空母は中国のだけになるわけで、これはすごいことですね。
    いずもとかがには是非頑張ってもらいたい。

    • 匿名
    • 2020年 4月 09日

    もうコロナが問題になった頃には遅かったんでしょうね。
    中国人は無数に居るし、武漢に訪れた外国人も沢山居たでしょうし。

    • 匿名
    • 2020年 4月 09日

    >事実上、太平洋地域で活動可能な空母は0だ
    まだF-35Bを搭載できる強襲揚陸艦アメリカがいるが沖縄に停泊して動かない

      • 匿名
      • 2020年 4月 09日

      なんで動かないのかな?
      もしかしてコロナ…。

    • 匿名
    • 2020年 4月 09日

    しかし新コロすげぇな…
    症状だけ聞くとエボラとかの方がクソ恐ろしい病気に聞こえるけど
    実際にパンデミックに必要なのは感染力なんだなぁ
    自己完結能力を持つ軍隊を機能不全に陥らせるってもうどしようもないじゃん

      • 匿名
      • 2020年 4月 10日

      ①感染力、だけはなく②感染後に発見されずに潜伏する期間、③発症後に宿主(人間)を死に至らない範囲で苦しめる効果、3つがパンデミックの必要要件じゃないですかね。
      人間には大腸菌や葉緑素など、パンデミックの痕跡が沢山りますよ

    • 匿名
    • 2020年 4月 10日

    潜水艦での感染症は、さすがにこわい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP