軍事的雑学

4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト

西側がウクライナ軍に提供を約束した重装備は1年で相当量に膨れ上がっており、戦車728輌、歩兵戦闘車/装甲兵員輸送車2,084輌、耐地雷・伏撃防護車両/歩兵機動車3,904輌、榴弾砲/自走砲856門、多連装ロケットシステム93輌に達している。

※データの最終更新日:2023年04月28日(現在更新途中)

戦車(軽戦車を含む)
米国M1A1エイブラム31輌
秋以降の提供
T-72EA90輌
オランダと共同、現時点で37輌提供済み
カナダレオパルト2A4 8輌
提供済み
英国チャレンジャー214輌
提供済み
フランスAMX-10RC 推定30輌
提供済み
ドイツ


レオパルト2A618輌
提供済み
レオパルト1A530輌
年末までに引き渡し予定
オランダレオパルト2A414輌
デンマークとの共同、2024年初頭提供
レオパルト1A5100輌
ドイツ・デンマークと共同、年内80輌提供(La Vanguardia
スペインレオパルト2A410輌
6輌がまもなく到着予定、残り4輌は改修中
ポルトガル レオパルト2A63輌
提供済み
スウェーデン

レオパルト2A5(Stridsvagn122)10輌
提供済み
ノルウェー

レオパルト2A4 8輌
提供済み
ポーランド





T-72M/M1/M1R250輌
提供済み
PT-9160輌
提供済み
レオパルト2A414輌
提供済み
チェコ

T-72M140輌
提供済み
ブルガリア

T-72M1不明
状況不明
北マケドニア

T-72M130輌
提供済み
スロベニア

M-55S28輌
提供済み
約束した提供数は758輌以上
歩兵戦闘車/装甲兵員輸送車
米国




M2A2ブラッドレー153輌
提供中(提供数が109輌→153輌に増加)
ストライカー125輌
提供中(提供数が90輌→125輌に増加)
M113300輌
提供中
M1117250輌
提供中
カナダ


LAV ACSV36輌
提供済み
Senator APC208輌
夏までに全量を提供予定
英国




FV103 スパルタン35輌
提供済み
FV432 ブルドッグ不明
提供済み
M113A1BE46輌
提供済み
フランスVAB4×4不明
提供済み
ドイツマルダー1A360輌
提供中(提供数が40輌→60輌に増加)
イタリア

M113不明
提供済み
オランダYPR-765196輌
提供済み
BvS-10 28輌
提供済み
スペインM11360輌
提供中(提供数が20輌→60輌に増加)
ポルトガル M11345輌
提供中(提供数が28輌→45輌に増加)
スウェーデン

CV9050輌
提供済み
デンマークM113G3DK54輌
ドイツと共同、提供済み
フィンランド

XA-180/185不明
状況不明
ギリシャ

BMP-140輌
ドイツと共同、提供中
ポーランド





BMP-140輌
提供済み
ロソマク250輌
ウクライナが欧米の資金で今年4月に発注
チェコ



BMP-145輌
提供済み
PBV-501A56輌
提供済み
スロバキアBMP-130輌
ドイツと共同、提供済み
スロベニア


BVP M-80A35輌
提供済み
ヴァルク
20輌
提供済み(24UR
リトアニアM11360輌
提供中(提供数が50輌→60輌に増加)
オーストラリア
M11356輌
提供中(提供数が28輌→56輌に増加)
約束した提供数は2,278輌以上
耐地雷・伏撃防護車両/歩兵機動車
米国






HMMWV 2,000輌
提供中
MaxxPro440輌
提供中
JLTV100輌
提供中
クーガー、M-ATV326輌
提供中(提供数が271輌→326輌に増加)
英国




ハスキー計80輌
マスティフ
ウルフハウンド
提供済み
フランス


プジョーP4不明
提供済み
バスティオン20輌
状況不明
ドイツ




ディンゴ250輌
提供済み
Armoured Combat Vehicle100輌
提供中
国境警備車輌500輌
提供中(現時点で152輌を提供)
イタリア

イヴェコ LMV不明
状況不明
ルクセンブルクHMMWV 28輌
提供済み
ポルトガル


イヴェコ M40.13WM4輌
提供済み
イヴェコ VM 90P不明
状況不明
ノルウェーイヴェコ LMV14輌
状況不明
デンマークSpejdervogn M/95不明
状況不明
ベルギーイヴェコ LMV80輌
提供中
ポーランド AMZ Dzik-2不明
状況不明
スロベニアHMMWV 20輌
提供済み
エストニアMamba Mk.2EE7輌
提供済み
トルコBMC Kirpi200輌
提供済み
オーストラリア
ブッシュマスター90輌
提供済み
約束した提供数は3,904輌以上
榴弾砲・自走砲
米国






M777142門
提供済み
M11972門
提供中
M109A618輌
提供中
カナダ

M7774門
提供済み
英国





L11936門
提供済み
M109A4BE32輌
提供済み
AS-9032輌
提供済み
フランス


TRF115門
提供済み
Caesar 30輌
16輌提供済み
ドイツ


PzH200014輌
提供済み
RCH15518輌
2025年3月までに出荷予定
イタリア





FH-70推定10門
提供済み
M109L推定60輌
提供済み
PzH2000推定6輌
状況不明
オランダPzH20008輌
提供済み
スペイン
オート・メラーラMod566輌
提供済み
ノルウェーM109A3GN23輌
提供済み
デンマークCaesar 19輌
提供済み(Oleksii Reznikov
スウェーデンアーチャー8輌
状況不明
フィンランド
2A36ギアツィントB不明
状況不明
ポーランド




KRAB72輌
18輌以上提供済み
2S1グヴォズジーカ20輌
提供済み
M120Rak推定54輌
ウクライナが欧米の資金で今年4月に発注
チェコ


DANA20輌
提供済み
2S1グヴォズジーカ不明
状況不明
スロバキア
Zuzana28輌
提供済み
Zuzana216輌
ドイツ、ノルウェー、デンマークが共同購入
スロベニア
M2A1(M101)16門
状況不明
ブルガリア
D-20不明
状況不明
クロアチア
クロアチア15輌
提供済み
リトアニア


M101不明
提供済み
M113 120mm10輌
提供済み
エストニア


FH-70推定24門
提供済み
D-30推定36門
提供済み
ラトビアM109A5Ö6輌
提供済み
オーストラリア
M7776門
提供済み
約束した提供数は856門・輌以上
多連装ロケットシステム
米国


M142 HIMARS20輌
提供済み
M142 HIMARS18輌
新規購入分、提供時期は不明
英国
M270 MLRS6輌
提供済み
フランス
M270 MLRS2輌
提供済み
ドイツ
M270 MLRS5輌
提供済み
イタリアM270 MLRS推定2輌
提供済み
ポーランドBM-21推定20輌
提供済み
チェコRM-70推定20輌
提供済み
ブルガリアBM-21不明
状況不明
トルコTRGL-230不明
提供済み
約束した提供数は93輌以上

公式発表、メディアの報道、視覚的に確認できたものの羅列なので「参考程度」の信憑性しかないと思って欲しい。

量が増えたので以前のリストとは異なり主要装備(戦車、歩兵戦闘車、装甲兵員輸送車、耐地雷・伏撃防護車両、歩兵機動車、榴弾砲、自走砲、多連装ロケットシステムなど)しかカバーしていない。

関連記事:各国がウクライナに提供している重装備のリスト(過去分)
関連記事:各国がウクライナに提供している装備や物資のリスト(過去分)

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

バフムート市内の戦い、ロシア軍が防衛ラインを突破してT0504に到達前のページ

ウクライナ国防相、ほぼ準備が整った反攻作戦は天候と指揮官の決断次第次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    アジア主要国は積極的にUAVを導入、中国軍、豪軍、フィリピン軍の保有数は1,000機超え

    アジア主要国の無人機(UAV)導入は1990年代末に始まり、特に中国軍…

  2. 軍事的雑学

    ロシア海軍のフリゲートが黒海で火災? 信憑性に問題のある証拠ばかり

    ロシア海軍の黒海艦隊に所属する艦艇が蛇島周辺海域で火災を起こしていると…

  3. 軍事的雑学

    なぜボーイングのX-32はロッキード・マーティンのX-35に負けたのか?

    統合打撃戦闘機計画(JSF)にX-32のテストパイロットとして参加した…

  4. 軍事的雑学

    米空軍の戦闘機は嘉手納基地から撤退しません、今後も常駐する予定

    航空万能論の記事に基いてYouTuberさんが動画を作っても普段はスル…

  5. 軍事的雑学

    潜水艦に求められる多用途性、米仏は潜水艦をUUV母艦に変更したい

    潜水艦に求められる性能や機能は運用国の戦略や戦術に左右されるため「答え…

  6. 軍事的雑学

    韓国はKF-21の開発費用額を変更、オーストラリアに続きドイツもAH-64E導入か

    新しいニュースが多すぎて1つづつ紹介していると情報が古くなるため、軍事…

コメント

    • 2023年 4月 22日

    こう見るとポーランド凄ぇ。
    そりゃ西側ならどこでもいいから数揃えれるとこから戦車買うわな。

    19
    • t14
    • 2023年 4月 22日

    こう見ると陸自を軽く超えるくらいの数が提供されてるのにまるで足りないと感じてしまうロシアの化け物っぷりも際立つ

    62
      • 伊怜
      • 2023年 4月 22日

      世間では「ウクライナ程度も落とせないロシア」なんて言われてますが、今やウクライナの陸上戦力は世界トップクラスですからなぁ

      31
      • ぱんぱーす
      • 2023年 4月 23日

      軍事力2位は伊達じゃないなって思わされますね。
      これほどの支援を受けているウクライナを1国でさらに上回る砲弾の量も恐ろしい……。

      13
        • 2023年 4月 29日

        プリゴジンがまた、軍に砲弾もらえない軍に嫌がらせを受けていると言い出している。
        何となく嫌がらせではなく、ロシア軍全体が砲弾不足で無い袖は振れないように見える。
        錆びて使えるかどうかわからないものが支給されていてソ連時代の遺跡から発掘して使用してる感がある。
        イゴールガーキン氏も1つの方面でしか攻勢をかける余力がないと言っている。
        ロシア国内でも労働者不足で、囚人が軍の人手候補で引っ張りだことのこと。
        ゴロツキ供でも人殺しには役に立つが、生産には役に立つ人材でないと使い物にならないからか ?
        小泉悠さんは良く豊富な火力がロシアにあると言うけど、そろそろ尽きてきているのでは ?

        1
    • TA
    • 2023年 4月 22日

    殆ど還暦のT-64が活躍してるのを見ると兵器は最新かどうかよりまず数だな

    38
      • nachteule
      • 2023年 4月 23日

       そりゃ開戦時の稼働保有素が全体の80%以上、保管のヤツまで含めれば全体65%占める主力だからね。性能だって標準で世界初の複合装甲と125mm滑腔砲とカセトカ積んでるし稼働状態の物は80年代以降に改修済みの反応装甲付きだから古いままでもなく下手なT-72よりも戦闘能力は上。
       17年以降にアップデートした車両も多くある。おまけに侵攻でポシャっている?この先何十年と使うためのクラブプロジェクトのアップデートまであるからロシアのT-72系統と同じ感じで新しい技術とかでアップデートが続いているから年式が新しかろうが74式なんか比較にならないし、改良されたT-72にだって大きく劣る事はないだろう。

       西側戦車を除き純粋なウクライナ固有の戦力で言うならT-64シリーズより戦闘能力が上の戦車なんて20両も無いと思うし、それですら突出して戦闘が高いわけでもない。西側戦車が増えて行くにつれてお荷物扱いされて消えていくのは数も大きく負けて性能も突出しないT-64以外のソ連戦車じゃないの?

      12
        • uralT72
        • 2023年 4月 29日

        >T-64シリーズより戦闘能力が上の戦車なんて20両も無いと思うし

        ええ?T64とT72は戦闘能力にほとんど差なんか無いぞ・・

        こういう、T64に妙な幻想を持ってる奴が時々いて戸惑う。なにをどう誤解したらそうなるのか。

        4
    • MAT
    • 2023年 4月 22日

    損害とかも見ていて特に最近M109とかKrabが目立ってきてるので、本格的に前線で使われてる様子。
    M109の件やMLRSの供与もだけど、ポーランドに隠れてイタリアも頑張ってる
    それにしても、用途が様々違うんだろうけど米国のHumvee供与数が文字通り桁が違う。素朴にアメリカ自体Humveeをどんだけ持ってたんだろ?

    10
      • ido
      • 2023年 4月 22日

      意味わかんないくらい大人買い(爆買い)したので有り余ってるでしょう。無償で提供するとかも言ってたし。捨てるのもめんどくさいだろうしそうなると
      「せや!ウクライナに提供すればいいんや!」となる。まぁ、爆買いしたのが悪い

      4
      • 2023年 4月 22日

      アフガニスタンにも大量に捨てていってタリバンの主力装備になってるしな

      6
      • TA
      • 2023年 4月 23日

      イラク戦争で作り過ぎたMRAPを警察に無償で渡したりしてるから腐るほどありそう

      3
        • 戦略眼
        • 2023年 4月 23日

        腐って無いことを祈る。

        2
    • RAAF
    • 2023年 4月 22日

    アメリカ軍のアフガニスタンに放棄していったMRAP車両がもったいなかったねと思う
    今回の供与で在庫が大幅になくなっていそう

    9
    • よん
    • 2023年 4月 22日

    ガチで冷戦時代にロシアとやりあってたらやばかったんだろうなぁ・・・

    13
      • hiroさん
      • 2023年 4月 22日

      そうですよね。
      現在はNATOメンバーの旧東ドイツ、ポーランド、旧チェコスロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、バルト三国等もワルシャワ条約機構側でしたし。
      冷戦当時のNATO側の予測では、陸上では遅滞作戦しか為す術もないので、戦術核の使用か戦略核による抑止しか方策が無いというものでしたね。

      13
      •  
      • 2023年 4月 23日

      東ドイツに駐留してたソ連軍だけで今のウクライナにいるロシア軍くらいの規模だったしな

      1
    • 無題
    • 2023年 4月 22日

    西側の全面協力があるとはいえこれだけ複雑な兵站を管理できるウクライナ軍は化け物だな
    さすがソ連軍の後継なだけのことはある

    14
    • おわふ
    • 2023年 4月 22日

    使える兵士の頭数の方が心配になってくる。

    2
    • 名前
    • 2023年 4月 22日

    貰い物で世界有数の陸軍大国になってしまう…

    11
      • くらうん
      • 2023年 4月 23日

      とはいえ相当数が有償供与なので、まあ・・。
      戦後の復興事業への参入が軍事援助の貢献度に比例というのは、そういう意味合いもあるのでしょう。
      全てを資金返済となったらはじけちゃいますから。

      4
      • 千葉の猫
      • 2023年 4月 23日

      平和になる事があれば一気に軍縮するでしょう、隣国との緊張状態次第ですが。
      そもそも援助あってこそ今の戦備を維持できてるので自国の予算で基本的に賄うとなれば種類も数も大幅に減らさざるを得ないかと。近隣国家で整備やってもらってる分もあるし
      なんせウクライナの2023年予算における安全保障・国防分野で5~6割程度の支出で
      GDPに占める割合が18%なので戦後復興も考えたらとうてい維持できない
      (出典:ウクラインフォルム)
      リンク

      3
    • T
    • 2023年 4月 23日

    これだけ多くの装備品があると戦後どうなるのか気になる
    ウクライナ経済じゃ平時にこんなに多くの装備を維持できるわけないし

    2
      • 戦略眼
      • 2023年 4月 23日

      西側装備は返却だろうね。
      整理してNATOの弱小国に配備でしょう。

      5
      • 58式素人
      • 2023年 4月 29日

      これからの戦闘の結果によるのでは。
      旧東側戦車は、おそらく西側戦車に比べて損耗が大きいでしょうし。
      T64/72/80/90はどのくらい残れるでしょうか。
      戦後、ロシアはなんらかの形で(潜在的な敵性国家としても)
      残るでしょうから、それなりの対策も必要でしょうし。
      中東でのイスラエルに似た立ち位置になるのでは。
      ですから、東側兵器で残ったものは、西側基準に改装され、
      必要に応じ、譲渡される形では。NATOとの相談の上で。
      ただ、大量の小火器はどうするのかな。
      弾丸をNATO制式弾に変えると、機関銃は改修可能と思いますが、
      小銃は廃棄するほかないのでは。

    • 霞ヶ浦
    • 2023年 4月 23日

    これでも少ないと感じるのは大戦や冷戦期で感覚麻痺してるんだろうか…?

    6
    • 半分の防衛費の国から
    • 2023年 4月 23日

    この戦争は期間が長引いて犠牲者が増えていくという事は忘れないでおこう‥そして新兵器の実験場になるということも。

    参考

    バフムートの戦い(らしい)
    リンク
    ドローン
    リンク

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP