ロシア関連

ロシア国防省、ミサイル戦力の試射シーンを公開して西側に力を見せつける

ロシア国防省は19日、核戦力部隊を含む戦略的抑止力の演習の一環として行われた各種ミサイルの試射シーンを鮮明な動画で公開した。

参考:Официальный youtube-канал Минобороны России

ロシア大統領府は試射すべてのミサイルが目標に命中したと発表しており、ロシア軍の力を西側に見せつけている

プーチン大統領が見守る中でロシア軍は19日、原潜から潜水艦発射弾道ミサイル「Синева/シネバ」と巡航ミサイル「Калибр/ガブリエル」を試射、通常動力型潜水艦から巡航ミサイル「Калибр/ガブリエル」を試射、水上艦艇から極超音速巡航ミサイル「Циркон/ジルコン」を試射、移動式車輌から大陸間弾道ミサイル「Ярс/ヤルス」と巡航ミサイル「Искандер-К/イスカンデルK(巡航ミサイルP-500を使用するイスカンデルの派生型 )」を試射、MiG-35Kから空中発射型弾道ミサイル「Кинжал/キンジャール」を試射した。

出典:Минобороны России

この全てをロシア国防省は鮮明な動画で公開しており、試射シーンが確認できないものの巡航ミサイルを搭載したTu-95MSの飛行シーンも動画しており、前日には西側が警戒する防空システム「S-400」の運用シーンも公開するなどロシアの力を誇示しているのがよく分かる。

原潜から潜水艦発射弾道ミサイル「Синева/シネバ」の試射

原潜から巡航ミサイル「Калибр/ガブリエル」の試射

通常動力型潜水艦から巡航ミサイル「Калибр/ガブリエル」の試射

水上艦艇から極超音速巡航ミサイル「Циркон/ジルコン」の試射

移動式車輌から大陸間弾道ミサイル「Ярс/ヤルス」の試射

移動式車輌から巡航ミサイル「Искандер-К/イスカンデルK」の試射

MiG-35Kから空中発射型弾道ミサイル「Кинжал/キンジャール」の試射

巡航ミサイルを搭載したTu-95MSの飛行シーン

防空システム「S-400」の運用シーン

因みにロシア大統領府は試射すべてのミサイルが目標に命中したと発表しており、今回の演習は以前から計画されていたもので「核戦力部隊を含む戦略的抑止力の演習の一環だ」と説明している。

 

※アイキャッチ画像の出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY SA 4.0

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ危機の中、親ロシア議員とジャーナリストが生番組で取っ組み合い前のページ

ドネツク軍の少将殺害を狙った爆破テロはフェイク? 指揮官の愛車は別の車次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    プーチン大統領がウクライナ侵攻に踏み切った理由、クリミアの復讐を未然に防ぐため

    プーチン大統領がウクライナ侵攻に踏み切った最大の理由はNATO支援の下…

  2. ロシア関連

    ロシアが披露した対ドローン対策用のEWシステム、戦場への供給を開始

    ロシアは8月に開催した「ARMY 2023」で対ドローン対策用のEWシ…

  3. ロシア関連

    クレムリンを支持するロシア人、再教育をウクライナ人に施し同化を強制

    クレムリンを支持する人々は「キーウ政権から解放を望むウクライナ人が存在…

  4. ロシア関連

    潜水艦ではなく「潜航可能な巡視船」を発表したロシア、顧客の要求に応じて魚雷も搭載可

    ロシアの潜水艦設計を担当しているルビーン中央設計局は今月12日、海外の…

  5. ロシア関連

    ワグネルのプリゴジン氏が死亡か、搭乗したビジネスジェットがロシアで墜落

    露国営メディアは「ロシアのトヴェリ州でモスクワからサンクトペテルブルク…

コメント

    • 2022年 2月 20日

    ナゴルノカラバフでのイスカンダル当たらない問題は結局どういう風に着地したんだっけか…
    ロシアが嘘言ってるんじゃねぇって言った以降どうなったのかわからん…

    5
    • wyuki
    • 2022年 2月 20日

    以前のソビエト時代を知る身からすると極々一部にせよ
    1)MIGのコックピット内~パイロットのヘルメット周りが窮屈そう
    2)潜水艦内部~ちらりだけど木目の内壁が在ったり、結構快適空間かも
    3)各種コンソール~意外とアナログチックに見える
      CIC(って、ロシアでは何と云うのか?)に手書きのボードが
    こんな物が拝見出来る時代が来たのね
    ペレストロイカ
    感無量です

    2
    • もふ
    • 2022年 2月 20日

    Калибрは「カリブル」の読み方が通りがよいかと。
    また、キンジャルの発射母機はMiG-31Kかと。

    5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP