中東アフリカ関連

アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露

アラブ首長国連邦で開催中の防衛展示会「IDEX」でEDGEが無人戦闘機「Jeniah」を披露、さらにHighland Systemsは本当にクロノス潜水艇の実物を公開して注目を集めている。

もう話題がてんこ盛りで頭がパニックになりそうだ

アラブ首長国連邦で開催中の防衛展示会「IDEX」が大変になことになっており、UAEの防衛産業企業「EDGE」はアンゴラ海軍から総額10億ユーロのコルベット建造、自国軍から9億ドルを超える精密誘導兵器や徘徊型弾薬を受注、英国のBAEと防衛産業協力に関する協定、インドのヒンドスタン航空機(HAL)とミサイルシステム、無人航空機、小型ガスタービンエンジンの共同開発やHALのプラットフォームにEDGE製の電子戦機器の統合に関する協定、インドのICOMMに小口径銃器製造に関する技術を行う協定を締結した。

新たに大型無人輸送ドローン「Air Truck」、中型無人輸送ドローン「QX6-50」、固定翼のUCAV「Instrumented Testing Platform」、ジェット無人戦闘機「Jeniah」、海上向けのISR任務と機雷戦に対応する無人水上艇「170 Detector USV」を発表して国防関係者や海外メディアから注目を集めている。

さらにUGV開発をリードするエストニア企業「Milrem Robotics」を買収したため無人戦闘車輌のTYPE-XやTHeMISがEDGEブランドになり、独自に開発した機械化部隊向けのウィングマンとして機能する無人戦闘車輌RCVも披露、UAE空軍も中国から高等訓練機L-15を購入すると正式に発表(12機+オプション36機)した。

UAEのHighland Systemsは本当にクロノス潜水艇の実物を公開しており、韓国の現代ロテムはK2を重装甲化してAPSを採用したK2ME(Middle East)とK2KR(KRが何を指すのか不明)のコンセプトを披露。

ウクライナが最近量産を開始した155mm自走砲「2S22 Bohdana」を出展し、パキスタンがShahpar2の発展型BlockIIを発表。

誰が出展したのか不明の無人攻撃ヘリなど、もう話題がてんこ盛りで頭がパニックになりそうだ。

IDEXに出展した中国企業ブースに登場したXLUUV、米海軍のオルカサイズで魚雷発射管を装備(今のところ米英仏豪のXLUUVは魚雷発射管を装備していない)している。

関連記事:売上高でロールス・ロイスを抜いた中東の防衛産業企業、軍用無人航空機「QXシリーズ」を発表
関連記事:ドバイ航空ショー、躍進するUAEの防衛産業企業「EDGE」が発表したUAVに注目が集まる
関連記事:アラブ首長国連邦、ドイツに供給する国産の防空ミサイル「SkyKnight」を発表

 

※アイキャッチ画像の出展:EDGE

作り物の熱狂、プーチン参加のウクライナ侵攻イベントに20万人以上が参加前のページ

英国とサウジアラビアが新型UCAVを共同生産、2024年までに生産体制を確立次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    イスラエルはイラン人科学者殺害を予見? 報復対応を軍に事前指示

    イスラエル政府の高官が最近、米軍によるイラン攻撃に備えるようイスラエル…

  2. 中東アフリカ関連

    イスラエルが手放すパトリオットシステム、ウクライナに向かう可能性は低い

    ウクライナへのパトリオットシステム追加供給が行き詰まっている中、Tim…

  3. 中東アフリカ関連

    ハマスがイスラエルに対する大規模攻撃を宣言、複数の入植地や基地を占拠

    イスラム原理主義組織のハマスがアル・アクサ・ストーム作戦を宣言して「イ…

  4. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、防衛産業発展のためロッキード・マーティンとの合弁企業設立を発表

    サウジアラビアは国内の防衛産業に今後10年間で200億ドル(約2兆円)…

  5. 中東アフリカ関連

    エジプトと韓国がT-50/FA-50の現地製造で合意、アラブ工業化機構が協定に署名

    エジプト空軍が導入を進めていた高等練習機/軽攻撃機を巡り韓国とインドが…

  6. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、GCAPへの参加協議は英国を通じて順調に進展している

    サウジアラビアは英日伊による次世代戦闘機開発の枠組=GCAPに「正式な…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2023年 2月 23日

    バットマンとかアイアンマンに出てきそうなデザインの無人兵器の後に、戦車やトラック自走砲みたいな見慣れた兵器を見ると安心する・・・
    どちらにしても用途は全く安心できんけどな

    15
    • くらうん
    • 2023年 2月 23日

    >誰が出展したのか不明の無人攻撃ヘリなど
    そんなことあり得るんですか・・。

    それにしてもクロノス潜水艇の見た目、完全にバットマンや007のマシーンにしか見えなくて、映画で出ても「リアリティ無い」と突っ込まれそう。

    13
      • kitty
      • 2023年 2月 24日

      展示場ブースも無人でどこの国なのかわからなかったのでしょうかw。

      2
    • vfgtc23
    • 2023年 2月 23日

    UAE空軍が中国からL-15練習機を将来的に36機購入するというニュースは驚きましたね。
    従来のUAE空軍は欧米から軍用機を購入していて練習機も欧米製ばかりでしたが、今後は中国製のL-15がUAE空軍の練習機で最多になります。
    中東に対する中国の影響力が強くなっている証拠だと思います(同時に欧米はUAEと距離を置くかもしれません)。

    2
    • hiroさん
    • 2023年 2月 23日

    ウクライナは戦後を睨んでの出展ですかね。
    当面は自軍への供給で手一杯で、輸出する余裕は無さそう。

    5
    • Natto
    • 2023年 2月 23日

    ドイツの小銃のコンペもハーネルがUAEのカラカルの孫会社だったのがゴタゴタの要因だろうな。
    豊富な資金でアレコレされちゃうのを警戒したんじゃ?

    • 土のミネストローネ
    • 2023年 2月 23日

    アンゴラは海底油田が国の柱だから、アフリカにめずらしく海軍に力を入れる国だよね。

    2
    • ミリ猫
    • 2023年 2月 23日

    ウクライナの国産武器といえば、昨日のウクライナプラウダ紙によれば
    ロシア軍支配下にあるマリウポリで(謎の)爆発が11回あったそうです。
    プラウダ紙は現地の目撃者情報をさらっと流しているだけですが、
    WarZoneではウクライナの新型国産武器が使用された可能性も含めて、詳しく分析していました。

    着弾場所は現在ウクライナ軍が使用中のHIMARSやM270の『射程外』の距離だそうです。

    1
    • 月虹
    • 2023年 2月 23日

     K2を重装甲化してAPSを採用したK2ME(Middle East)
    「レオパルト2レヴォリューション」に似ている外観から同様にモジュラー装甲を既存のK2に追加したものと思われる。レオ2では独・IBD社が開発した複数種のモジュラー装甲パッケージ(対徹甲弾防御・対成型炸薬防御・上面防御・対地雷防御・乗員保護用巣ポールライナー・対爆発物防御)を組み合わせることで防御力を総合的に強化している。これらによりレヴォリューションでは全周囲でRPG-29(タンデムHEAT弾)の攻撃に耐えるとされている。なお重量についてエヴォリューションパッケージ装着でオリジナルと比べると重量が5トン程度の増加になる。

    K2から10トン以上の車両重量増加が見込まれるK2PLやアルタイが転輪を一組追加して7個にしているがK2MEはK2と同じ6個であることから防御力強化による重量増加は10トン以下ということなのだろう。

     K2KR(KRが何を指すのか不明)
    外観はK2と同じだが目立つのが長い主砲。K2の主砲は長砲身の120mm・55口径滑腔砲(CN08)だがK2開発当初は140mm砲の搭載を想定したことから独・ラインメタル社が試作した130mm砲(Rh-130)の様な大口径砲と思われる。

    自走砲K9ではポーランドと共同開発予定のK9A3では砲を52口径・155mm榴弾砲(CN98)から58口径の長砲身に換装する計画があり、砲を開発する韓国のWIA社が戦車砲でも大口径砲を開発していてもおかしくないだろう。

    5
    • 無印
    • 2023年 2月 23日

    >クロノス潜水艇
    インデペンデンス・デイの、敵宇宙人が使う戦闘機にそっくりなような…
    これは軍用に限らず、レジャー用でも売り出したら面白いかも

    2
      • coke
      • 2023年 2月 24日

      子供に迷彩服着させてると、迷子になっても見つかりにくいとか、軍服と見分けがつかなくて有事に標的になるとか心配するひといるけど、将来は艶消し黒の乗り物も似たような扱いになるのかな?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP