ロシア関連

ロシア領ブリャンスク州でSu-34と2機のMi-8が墜落、友軍による誤射?

ウクライナと国境を接するロシア領ブリャンスク州でSu-34とMi-8が墜落するという奇妙な事故が発生、その後に別のMi-8も墜落、ロシア側の情報源は「Su-35も墜落した」と主張しており、何が起きているのかさっぱり分からない。

参考:В Брянской области, кроме самолета, сбили два российских вертолета – росСМИ

ロシアの領空で何が起きているのかさっぱり分からない

ウクライナと国境を接するロシア領ブリャンスク州で「ほぼ同時刻」にSu-34とMi-8が墜落するという奇妙な事故が発生、国営メディアはSu-34の墜落原因については触れておらず、墜落したMi-8については「エンジン火災による事故だ」と報じている。

しかしMi-8が空中で爆発する寸前、前方から「何からの物体」が直撃しているため友軍による誤射の可能性が高く、そうなるとSu-34も同じ原因で墜落したのかもしれない。

さらにブリャンスク州では別のMi-8も墜落しており、ロシア軍は13日にSu-34と2機のMi-8を事故(誤射の可能性がある)で失ったことになるが、ロシア側の情報源はSu-35(Su-25と主張するチャンネルもある)も墜落したと主張しており、ロシアの領空で何が起きているのかさっぱり分からない。

因みにロシア側の情報源は「当局が航空機の事故に関与した破壊工作員を探している」とも指摘している。

関連記事:ロシア軍にとって安全地帯のルハンシクで爆発、現場でADM-160の残骸が見つかる

 

※アイキャッチ画像の出典:Oleg Belyakov./CC BY-SA 3.0

まもなくドイツが過去最大のウクライナ支援を発表、総額は27億ユーロ前のページ

ロシア軍後退について国防省は再編成と主張、プリゴジン氏は撤退だと批判次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    露当局はヘルソン市民に今日中の避難を勧告、ロシア軍兵士は市街戦を準備

    ロシア当局は22日「ヘルソン市民と行政関係者は今日中にドニエプル川南岸…

  2. ロシア関連

    露軍元大佐、ウクライナとの戦争をクレムリンは成り行きと偶然に任せている

    ロシア軍元大佐のイゴール・ガーキン氏は「まもなく始まる攻勢は数ヶ月間に…

  3. ロシア関連

    ロシア軍、ベラルーシ軍との合同部隊に兵士9,000人と相当量の装備を派遣

    ベラルーシ国防省の補佐官は16日「合同部隊に参加するためロシア軍部隊の…

  4. ロシア関連

    ロシア軍が予備戦力を増強、ヘルソン州での組織的な攻撃を強化

    ウクライナ軍南部司令部は9日、ヘルソン州のロシア軍がウクライナ軍の反撃…

  5. ロシア関連

    世界で最も非常識な兵器? マッハ9.0で作動するロシアの極超音速対艦ミサイル

    ロシア海軍は、マッハ9.0で作動する極超音速対艦ミサイル「3M22ジル…

  6. ロシア関連

    ウクライナ国境沿いに集結したロシア軍は10万人を突破、無人航空機を3,700機配備

    ロシアは本気でウクライナ侵攻を準備していると報じられており、もう間もな…

コメント

    • 小笹山慶一
    • 2023年 5月 13日

    いろいろと意味がわからなすぎて3回くらい読み直してしまった…

    ウクライナの攻勢で防空システムの監視レベルが上がった一方、空軍の活動が活発になり、情報が錯綜したのかな。アメリカみたいに軍のネットワーク化は進んでなさそうだし…

    22
    • td44b
    • 2023年 5月 13日

    Su-34×1
    Su-35×1
    Mi-8×2

    1日で4機墜落した可能性があると。
    1日で4機墜落は初めてでは。

    21
    • くらうん
    • 2023年 5月 13日

    突然の事のためか、管理人さんの文章もやや誤字が多ですね笑

    それはともかく、前線ではなく比較的平穏な後方でここまでの連続した、しかも異なる標的への誤射ってあり得るものでしょうか。
    一発だけなら誤射かもしれないが。
    Mi-8に突入した物体は比較的小型に見え、Bukや57E6というよりはMANPADSほどのものじゃないでしょうか。
    そうなるとロシア情報源が言うように破壊工作員の可能性も信ぴょう性がありそうですが、追加の情報がほしいですね。

    16
    • ダヴ
    • 2023年 5月 13日

    事故にせよ撃墜にせよロシアにとって試練が続きますなぁ。5/9を境に神に見放されたのだろうか。

    4
      • くらうん
      • 2023年 5月 13日

      神は留守だよ!休暇を取ってベガスに行ってる

      15
        • KNOB CREEK
        • 2023年 5月 13日

        むしろウクライナがピンチの時は神がペガスで休暇してて今になって慌てて仕事してるようにしか見えん

        13
          • 名無し
          • 2023年 5月 14日

          (ロシア正教会とウクライナ正教会と)同じ正教会だけど、実はロシアとウクライナでは『神』が異なったりして。
          それ故に、それぞれが都合の悪い時に「神がペガスで休暇」が発生すると。
          教義には反するだろうけど。

          2
          • 匿名
          • 2023年 5月 14日

          ウクライナ側のキーウ戦検証みると最初にキーウ守備軍が一万いなかったときにウクライナが慌ててアントノフ空港の地下シェルターに軍指令部5千兵力集めてつくろうとしていたときに、アントノフ空港700人の精鋭で攻めてしまい破れてロシア軍情報部のウクライナ軍少数の報告を信じきれずに12万の兵力をバラバラに攻めるんじゃなく兵力集中させ時間かかり、ウクライナ軍が数万首都に兵力集める時間与えたりと最初からロシア軍に運はない。
          アントノフ空港の大ハズレ以外の場所攻めていたらロシア軍特殊部隊はキーウに兵力いなかったから勝っていたし、一万でロシア軍がバラバラに12万の兵力で攻めていたらロシア軍がウクライナ軍一万以下の兵力打ち破り、道混まずにウクライナ軍のキーウ援軍到着前にキーウ占領できていた。
          土地神かわからないがロシア軍がアントノフ空港攻めというウクライナ軍の兵力集中しているところに突っ込む大ハズレ

          2
    • 匿名
    • 2023年 5月 13日

    因みにロシア側の情報源は「当局が航空機の事故に関与した破壊工作員を探している」とも指摘している。

    パルチザングループにMANPADSが流れているのでしょうか?

    8
    •    
    • 2023年 5月 13日

    一回やると警戒されるので、同時多発的に携帯ミサイル攻撃を行って逃走

    と妄想

    12
      • あああ
      • 2023年 5月 13日

      ヘリ直撃のは携帯SAMで間違いないし制御失ってる戦闘機も派手ではない損傷具合からして携帯SAMが原因だろう。
      じゃあそんなもんでロシア領内で誤射が起こり得るかというとあり得ないね。
      なんらかの破壊工作部隊の戦果でしょうね。

      11
        • ズマ
        • 2023年 5月 13日

        ウクライナ側のSu27を外見をいじりIFFを切ってロシア領内で暗躍させたらと考えたりするがどうだろうか
        危うくなればウクライナに戻り、ロシア側には同士討ちと錯覚させると
        危険を覚悟なら実行出来そうな作戦に見えるが

          • チェンバレン
          • 2023年 5月 14日

          普通にロシア領空に侵入する前に撃墜されると思います

          24
    • あばばばば
    • 2023年 5月 13日

    完全に妄想でしかないけど、例えば航空管制を乗っ取られて、衝突コースに誘導されたとかあるのかね。
    もしくは対空ミサイルが飛んできたがなくはなさそうだが

    • 鳥刺
    • 2023年 5月 13日

    ルハンシクへの攻撃でウクライナの巡航ミサイル攻撃の懸念が高まり防空部隊の警戒レベルを上げたら、その部隊が空域に探知した目標に無差別に乱射でもしちゃったんですかね?

    一部では撃墜されたMi-8の一機は電子戦装備機だったなんて話も…

    何やってんです世界第二位は。

    10
      • Ard
      • 2023年 5月 14日

      英国並の軍事費でアメリカに比肩する核戦力と、金食い虫の強力な海軍と、最大級の陸軍を維持し、戦争発動する…。まあガタは来るよね…。
      それでもウクライナがここまで持ち堪え、反撃に期待が持てる様になるとは思えなかったわけだけど。

      7
      • きっど
      • 2023年 5月 14日

      それ、まんまイランがやらかした民間機撃墜と同じ流れでは?
      ほんと、何やってんだよって話で

    • ズマ
    • 2023年 5月 13日

    誤射か攻撃か
    偽パーツや低品質パーツによる整備不良
    真相は以下に?

    3
    • トブルク
    • 2023年 5月 13日

    ロシアの肩を持つ気はないが、墜落していく機体を見てるとパイロットが脱出できたのかなあと心配してしまう。

    16
      • nemo
      • 2023年 5月 14日

      Mi-8の方は不明ですが墜落したSu-34のパイロット二名が死亡したという情報が出回ってますね…

      3
      • 匿名
      • 2023年 5月 14日

      4機の乗員は全員が死亡したらしい。かなりの人数だな

      いずれも高価値目標だから、搭乗員はみな過酷な訓練を積んで…
      そして他国侵略の重要な一翼を担っていたのだから、こういう死に方も覚悟の上だろう。
      自領土内で撃破されるとは思ってなかったかもしれないが。

      生前の彼らの「活躍」で亡くなった犠牲者と、その遺族には冥福を祈る

      19
        • チェンバレン
        • 2023年 5月 14日

        個々人の死は悼むべきとして、戦力として見た場合、替えの利かない航空要員を撃破できたのは大きい

        18
    • 鼻毛
    • 2023年 5月 13日

    破壊工作なのかな。ウクライナは反撃戦力を温存していましたが、こういう搦手も今のタイミングでバンバン使っていくんでしょうね

    5
      • ズマ
      • 2023年 5月 13日

      敵味方共に類似した性能や外見を持つ兵器で戦ってる為に誤射が乱発してるのかもしれない
      外見や大きさが似るということはRCSも似ている可能性があるかもしれない
      偽旗作戦に失敗し敵味方を混同している可能性も

      4
    • KNOB CREEK
    • 2023年 5月 13日

    というか今更言ってもだけど、ただでさえキット化が恵まれない東側機がウクライナ侵攻のせいで遠のいてるのがな
    今回のSu-34やSu-35なんてほぼもう無理だよな(エフトイズの1/144マニア並感)

    1
    • れんちゃ
    • 2023年 5月 13日

    モスクワの事件を通じて厳重な対空強化を命じたって話もあったので、それで講じた処置で問題でも出たのかなあ?
    それとも訓練がテキトーな部隊がやらかしたか。ロシア側武装勢力は旅客機を誤射したこともあったからなあ…

    4
    • チェンバレン
    • 2023年 5月 13日

    IFFに対応している本格的な対空陣地だと誤射する可能性は低いでしょうから、MANPADSによる誤射または破壊工作が疑われます

    もし誤射だとするなら、どんな交戦規定なんでしょうかね?びっくりトリガーするような代物じゃないと思うのですが…

    1
      • れんちゃ
      • 2023年 5月 14日

      従来の部隊なら対応出来るのだろうけど、急に強化を言い渡されて整備された部隊って素人も良いとこですからねえ…

      2
    • にわか社畜
    • 2023年 5月 13日

    長引くウクライナ侵攻によって兵士も質が落ち始めているのかね

    あと記事関係ないけどちょくちょく502エラー返ってくるな・・・

    2
      • ズマ
      • 2023年 5月 14日

      絶対的な航空優勢下にあり、空戦そのものがほぼなかったイラク戦争ですらF18を誤射で撃ち落としてたこともあった
      まして、ロシアとウクライナは兵器も戦術思想も互いに熟知しているので尚更

      5
    • 7.74
    • 2023年 5月 14日

    流石にこの数の航空機の墜落は誤射とか整備不良のレベルを超えてるんじゃないですかね……
    工作員や反政府勢力が暗躍してるとしてMANPADSってそう簡単に持ち込んだり用意できる物なのか気になります。

    3
      • ズマ
      • 2023年 5月 14日

      暗躍は出来そうだが、それより、もしかしたら錯乱したり勘違いした味方に撃たれた可能性も
      戦争が起きると稀に普段はありえない様な妄想に取り憑かれあり得ないミスをする人間もいた
      去年も錯乱した兵士による味方への乱射事件があったがそのミサイル版かもしれない

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP