ロシア関連

ドネツク軍の少将殺害を狙った爆破テロはフェイク? 指揮官の愛車は別の車

ドネツク人民共和国のデニス・シネンコフ少将殺害を狙った爆破テロは自作自演であったことが濃厚になってきた。

絶対に自作自演とは言い切れないが、ウクライナの仕業と主張するドネツク側の説は非常に怪しくなってきた事だけは確かだ

ウクライナ侵攻に必要な戦力の集結が整ったロシアは偽情報の流布でウクライナに対するロシア人の憎悪を煽り「戦争開始の口実を作り出そうとしている」と米国のブリンケン国務長官が国連で指摘。

その直後にドネツク人民共和国のデニス・シネンコフ少将殺害を狙った爆破テロが発生、同国の報道官は「ドネツク軍のデニス・シネンコフ少将が所有する車が政府庁舎近くで爆破された。幸い少将に怪我はないが爆破事件は攻撃を準備しているサインで破壊活動の一環だ」と明かし、遠回しに「ウクライナ軍が侵攻前にドネツク軍を弱体化させるため指揮官の殺害を狙った」と訴えていた。

しかし少将殺害を狙った爆破テロがドネツク側(もしくはロシア側)の自作自演であったことが濃厚になってきた。

まずデニス・シネンコフ少将の愛車は高価な露UAZ社製のパトリオットでこれを爆破テロに見立てて破壊するのを躊躇、その代役に選ばれたのがUAZ社製の古いハンターでナンバープレートを付け替えるかコピーして少将の愛車に仕立て「首都ドネツィクの政府庁舎から数十メートル離れた安全な場所で爆破した」というのが爆破テロの大まかなシナリオで、爆破された車輌に取り付けられたナンバープレートで昨年の夏に疾走する少将の高価な愛車、爆破当日の11日前に少将のナンバープレートが古いハンターに付け替えられているのが画像で確認されている。

つまり「そういうこと」なのだが、昨年の夏以降に少将が「高価な愛車を手放して古いハンターに乗り換えた」ということも考えられるので「絶対に自作自演だ」とまでは言い切れない。ただウクライナの仕業と主張するドネツク側の説は非常に怪しくなってきた事だけは確かだ。

関連記事:米国の予想通り、ドネツク軍の指揮官殺害を狙った爆破テロ攻撃が発生

 

※アイキャッチ画像の出典:@djxtrees

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ロシア国防省、ミサイル戦力の試射シーンを公開して西側に力を見せつける前のページ

拘束されたウクライナ人工作員、爆破テロ関与を認めドンバス侵攻計画も披露次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア軍が予備戦力を増強、ヘルソン州での組織的な攻撃を強化

    ウクライナ軍南部司令部は9日、ヘルソン州のロシア軍がウクライナ軍の反撃…

  2. ロシア関連

    ロシア軍後退について国防省は再編成と主張、プリゴジン氏は撤退だと批判

    ロシア国防省は「バフムートの北でウクライナ軍が攻撃を仕掛けてきたため、…

  3. ロシア関連

    トルコのNATO離脱を誘う?ロシア、トルコの第5世代戦闘機「TFX」開発を支援

    ロシア連邦軍事技術協力局のドミトリー・シュガエフ局長は「ロシアはトルコ…

  4. ロシア関連

    露メディア曰く、第5.5世代戦闘機相当の新型戦闘機「Su-57M」開発完了

    露メディアは26日、戦闘機Su-57ベースに開発していた第5.5世代戦…

  5. ロシア関連

    クリミアで続く謎の爆発、今度はシンフェロポリ近くの空軍基地で爆発

    クリミアのアゾフスキーとジャンコイの爆発に続き、Su-24MとSu-2…

  6. ロシア関連

    不調に終わった米露会談、ロシア軍はKa-52やMi-24Vをウクライナ方面に配備

    ウクライナ侵攻を回避する最後の機会と見られていたバイデン大統領とプーチ…

コメント

    • 匿名
    • 2022年 2月 20日

    高価な露UAZ社製パトリオットの破壊を躊躇して、代役に露UAZ社製の古いハンターを選択、
    そして安全を配慮した偽装爆破テロ。

    何だか、低予算に喘ぐ特撮番組での、爆破シーン撮影を連想しました。

    38
      • バーナーキング
      • 2022年 2月 20日

      高価、っつーても十数万の軍と装備を何日も展開する費用に比べれば屁みたいなもんだと思うけどなぁ…。

      5
        • G
        • 2022年 2月 20日

        自腹でやれと命令されたのかもしれませんね
        それにしてもトランプ元大統領に対しては大統領選前に信ぴょう性の薄い情報の流布や扇動などを理由にツイッター側がアカウント停止していましたが、今回のロシア側の工作ツイッターに対してはアカウント停止もせず自由にさせているのですね

        15
          • きっど
          • 2022年 2月 20日

          >今回のロシア側の工作ツイッターに対してはアカウント停止もせず自由にさせているのですね
          ダブスタここに極まれり、ですな
          それを見れば、誰がトランプを排除したかったのかまでが透けて見えるかと

          6
        • 匿名
        • 2022年 2月 20日

        ですね。
        軍事費とかに比べると、費用感覚が庶民寄り。
        Gさんが仰っている自腹云々も、あり得るかも。
        組織的な偽装工作と言うより、有志による犯行なのかな?

        8
          • バーナーキング
          • 2022年 2月 20日

          あるいは担当者がこっそり中古のハンターにすり替えて差額はポッケナイナイしたが、爆薬もケチったのでフロントマスクが残ってバレバレになった、という可能性があるかなぁ。

          1
    • 2022年 2月 20日

    少将にごねられたんやろな〜。

    9
      •  
      • 2022年 2月 20日

      ロシア<自作自演で車両爆破しろ!しっかりやれよ?
      ドネツク人民共和国<了解バッチリやりますよ
      少将<マジ?でもあの車高いからすり替えとけ!

      実行犯<言われたとおりボロ車を爆破しておきました

      ロシア<何だこれは…たまげたなぁ

      9
    • アカの手先のおフェラ豚
    • 2022年 2月 20日

    万物のガバは金欠に通ずるのかも知れませんね

    5
      • きっど
      • 2022年 2月 20日

      金と時間の不足は、あらゆるガバの源

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP