欧州関連

ウクライナ危機の中、親ロシア議員とジャーナリストが生番組で取っ組み合い

ウクライナの生放送番組でジャーナリストが親ロシア政党の政治家を殴り、押し倒してヘッドロックをかける事件が発生して注目を集めている。

参考:BRAWL breaks out on Ukrainian TV as journalist attacks Pro-Russian politician and puts him in a headlock after he refused to condemn Vladimir Putin as troops mass on border

ロシアの工作員と批判された親ロシア派の議員に殴りかかったウクライナ人ジャーナリスト

この事件はウクライナ周辺にロシア軍が展開して侵攻する可能性が高まる中、アルセニー・ヤツェニュク元首相、ペトロ・ポロシェンコ元大統領などの番組出演者がプーチン大統領を非難したのに対して親ロシアを掲げる政党「生活のための野党プラットフォーム」のネストル・シュフリッチ議員はプーチン非難を拒否、これに激昂したウクライナ人ジャーナリストが議員の顔を殴りつけ、激しい揉み合いの末議員を押し倒したジャーナリストはヘッドロックをかけ最終的に周囲の人々に引き離された。

結果的に親ロシア派に対するウクライナ国内の激しい怒りを見せつける格好となり、複数の海外メディアが大きく取り上げている。

因みにポロシェンコ元大統領もプーチン非難を拒否した議員に「このスタジオにはロシアの工作員がいるぞ」と批判しており、ウクライナ人ジャーナリストの暴力を表向き否定しても「心のなかでは同じ気持ち」だったに違いない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Сергій Руденко

米海軍がF-35C動画流出で乗組員5人を起訴、ただし別件の2件は起訴見送り前のページ

ロシア国防省、ミサイル戦力の試射シーンを公開して西側に力を見せつける次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国主導の第6世代戦闘機「テンペスト」にイタリアが参加を表明

    ロンドンで始まった総合防衛・セキュリティ展示会「DSEI」で、英国が主…

  2. 欧州関連

    ポーランド国防省がメディアに明かしたK2やFA-50を調達する理由

    ポーランド国防省の報道官は現地メディアに「韓国からK2やFA-50を調…

  3. 欧州関連

    ロシア軍の前進が止まらない東部戦線、南からもバフムートへ迫る

    ロシア軍の前進を阻止してきたルハンスキーが7月末に陥落、ここ起点にロシ…

  4. 欧州関連

    ロシア軍は再びキーウ方面の過ちを東部戦線で繰り返そうとしている

    ドンパスの戦いでウクライナ軍が苦戦する中、米国の国防当局者や軍事アナリ…

  5. 欧州関連

    F-16V導入失敗に備えるトルコ、ラファールへの関心をフランスに伝達か

    トルコは米議会にF-16V売却を阻止される可能性に備えトルコは「ラファ…

  6. 欧州関連

    スロバキアに続きチェコも次期IFVにBAEのCV90MkIVを選択

    チェコ政府は歩兵戦闘車BVP-2の後継にCV90MkIVを選択したと発…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2022年 2月 19日

    ペンで戦え

    7
      • バーナーキング
      • 2022年 2月 19日

      それな。
      「議員とジャーナリストの取っ組み合い」という文言から連想したのとはかなりかけ離れた強烈な打撃の応酬からグラウンドでの締めと打撃の攻防に吹いたわ。

      18
      •   
      • 2022年 2月 19日

      だよな
      ペンを顔面に突き立てるとかね

      32
    • 匿名
    • 2022年 2月 19日

    これが後にロシア侵攻の発端として教科書に載るのはだれも知るまい

    17
      • くじら
      • 2022年 2月 19日

      とりあえずこの記事のリンク貼っときますね
      リンク

      2
      • 匿名
      • 2022年 2月 19日

      そうか!
      プーチンはこの件を口実にウクライナ侵略を始めるわけやな。

      17
    • 名無しさんZ
    • 2022年 2月 19日

    まあ酷い醜態晒してるけど
    この危機的事態の中で賛成派、反対派交えた討論番組やる気概は民主主義体制的に立派なのかもしれない

    これがロシアだったら準戦時下での反対派の議員なんてとっくに毒盛られて病死させられるか事故死させられてるし
    そもそも討論番組企画した段階でテレビ局スタッフが精神病院もしくは刑務所送りになってるだろうし

    49
    • tarota
    • 2022年 2月 19日

    戦争とかダルいし国民の中から代表選んでスポーツで決着つけようぜ
    隔年で開催すれば民衆のガス抜きもできるだろうし

    4
      • トクメイキボウ=サン
      • 2022年 2月 19日

      そして第2のサッカー戦争ヘ…

      14
      • くらうん
      • 2022年 2月 19日

      プーチン「ゼレンスキー君、柔道は知っているかね?」

      6
      • あばばばば
      • 2022年 2月 19日

      じゃあ地球をリングに殴りあって、優勝した国を地球の盟主にしよう

      8
      • 西風
      • 2022年 2月 19日

      ルール違反だ審判買収だといちゃもんつけて結局戦争になるだけかと…
      絶対的公正な審判と完全に抜け穴の無い完璧なルールと勝敗が決した後の不満を力ずくで抑え込める実力
      全てを兼ね備えた第三者がいないとスポーツで決着はつかんよ

      8
      • ミリオタの猫
      • 2022年 2月 20日

      成程、ロシア対ウクライナの遺恨対決ね。
      せっかくだから、明日の北京冬季五輪最終日の最終試合をそれにしようぜw
      種目は…氷上の格闘技・アイスホッケーで良いんじゃないかな?
      勿論乱闘OKのルールでやるなら、俺マジで生中継を見るわw

      3
      • けい
      • 2022年 2月 21日

      国家元首が代表になるのが良い。
      そうなれば年寄りが居すわる問題は減る。
      馳が日本の総理大臣になるけど。

    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 2月 19日

    お?現代のジョルジェ・マルティノビッチ事件になるか?

    2
    • G
    • 2022年 2月 19日

    まわりの人たちがすぐに本気で引き離しにかからず、警備員を呼ぶわけでもないあたり、親ロシア派への感情がわかるのと同時に、この期に及んでウクライナ内でプーチン大統領の非難を表立って拒否する発言をする議員がいるということにも驚きですね
    とはいえ日本にも一部地域を侵攻されても侵攻国を擁護しそうな議員が少なからずいるので、他人事とも思えないところが何とも……

    34
      • くらうん
      • 2022年 2月 19日

      先日、尖閣諸島を電撃視察した石垣市長に野党市議(党派は報道されていない)が「一方的な調査活動の強行は、国際信義に反する行為で強く抗議する」と抗議声明を出した。リンク
      ウクライナの新ロシア派議員と同じレベルの行為が現在進行形で行われている。

      32
    • 野戦先輩
    • 2022年 2月 20日

    殴った瞬間観客から拍手起きるのがやばい

    16
    • 早すぎィッ
    • 2022年 2月 20日

    ヘッドロックは刃牙vs猪狩でフィニッシュホールドに使われた危険な技ッッッッッッッ!!

    5
    • ちゃわんビートル
    • 2022年 2月 20日

    一瞬やるじゃんと思ったけど、
    冷静に考えたら「挑発に負けて先に暴力を振るう」ってまさにロシアの狙ってるものじゃん
    拍手しちゃあかんでしょ。軍がマネしたら終わりやぞ

    でもまあ気持ちはわかる

    18
    • せい
    • 2022年 2月 20日

    まあ個人として好き嫌いはともかく自国に侵攻した相手を批判しないのは、国会議員としては終わってるよな。
    最終的に友好を目指すにしても自国より優先しちゃ駄目だわ。

    13
    • バクー油田
    • 2022年 2月 21日

    手話の人が顔色ひとつ変えずに通訳し続けてるのが面白い

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP