インド太平洋関連

オーストラリア、ウクライナに155mm榴弾砲と砲弾を提供すると発表

オーストラリアは27日、ドンバスを巡る戦いで必要とされる155mm榴弾砲「M777」をウクライナに提供すると発表した。

参考:Australia to send howitzers to Ukraine

西側諸国がウクライナに提供したM777の数はオーストラリア分を含めると100門に到達

米国からの要請に応えてオーストラリアのモリソン首相は27日「豪陸軍の在庫から155mm榴弾砲M777×6門と砲弾を提供する、この支援はロシアの残忍で容赦のない侵略へ対抗するのに役立つ」と声明を発表、すでに提供するM777は豪空軍のC-17に積み込まれている。

出典:MilitaryLand.net

因みに西側諸国がウクライナに提供したM777の数はオーストラリア分を含めると100門に到達、カナダのアナンド国防相も新たに「セネターAPCをウクライナに提供する」と発表した。

機種数量
米国M77790門
米国詳細不明なMLRS不明
英国L118提供を検討中不明
フランスCaesar12輌
オランダPzH2000非常に少数
カナダM7774門
チェコGvozdika正式発表なし
イタリアPzH2000かM109不明
ベルギーM109?不明
オーストラリアM7776門

関連記事:英国防相がウクライナへのAS90提供を否定、105mm榴弾砲を検討中

 

※アイキャッチ画像の出典:MilitaryLand.net

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

不透明なF-15EXの将来、空軍長官が調達中止の検討を行うよう指示前のページ

ロシアの偽旗作戦か、ウクライナの無人機がトランスニストリアを攻撃?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    1,700輌の需要を巡る戦い、インド陸軍の次期主力戦車調達プログラムに露仏が挑戦

    インド陸軍が2030年までに1,700輌調達を予定している次期主力戦車…

  2. インド太平洋関連

    韓国のハンファディフェンス、歩兵戦闘車レッドバックの欧州展開を示唆

    韓国のハンファディフェンスは9日、歩兵戦闘車(IFV)レッドバックの動…

  3. インド太平洋関連

    韓国型空母誕生の鍵、海兵隊仕様のF-35B調達が事実上決定か

    F-35Bの運用が可能な韓国型空母誕生の鍵は、2021年に本格化する空…

  4. インド太平洋関連

    印ヒンドスタン航空機、テジャスMK.1Aの製造は順調でMK.2も2024年に空を飛ぶ

    ヒンドスタン航空機のマドハヴァン最高経営責任者は「テジャスMK.1Aの…

  5. インド太平洋関連

    F-35では対抗不可? 韓国メディア、日本の次期戦闘機「F-3」に制空権を奪われると警告

    韓国メディアは21日、日本はステルス戦闘機開発の野望をあらわにしており…

コメント

    • samo
    • 2022年 4月 27日

    米国やカナダ、オーストラリアが牽引式のM777を提供装備にしたのは、牽引式な分軽量で航空輸送が可能だからかな?
    いまはスピードが大事だものね
    大西洋やインド洋を時間の掛かる船便で持っていくわけにはいかない

    7
      • ブルーピーコック
      • 2022年 4月 27日

      約4tほどとFH-70の半分以下の軽さのため、不整地や、ちょっとした泥濘みでも運べるという、まさにウクライナに適した兵器ですからね。もちろん運ぶためのトラックやヘリは必要ですが。

      3
    • t14
    • 2022年 4月 27日

    日本も三点方式でFH70を出そう

    20
      • 戦略眼
      • 2022年 4月 27日

      エンジンはスバル製だけどね。

      2
    • A29
    • 2022年 4月 27日

    我が国も対露最前線なので出せる物なんてねぇけど、再生産を前提に96自走迫なら彼らに有効な兵器になる
    機動力と火力があり自走砲より操作が楽で中身は欧米製だから

    4
      • NATTO
      • 2022年 4月 27日

      逃げ足と火力、防御にシンプルさのバランスから自走迫は良いかも。

      3
    • うし
    • 2022年 4月 27日

    日本はポケモンGOで、レアポケモンをロシア側に発生させ、
    例えば、ロシア側の補給拠点の近くや、レーダーサイトの近く、
    前線でウクライナ側が攻撃を仕掛ける直前にロシア側の攻撃ポイントの後方などに激レアポケモンを出現させ、
    夢中でポケモン狩りに興じさせ、疑似的にサボタージュを起こす戦術はどうだろうか?

    カナダの狙撃手ワリ氏は探知されないようにスマホを前線にはもっていかなかった、
    片やロシア兵は前線でスマホで通信したり、家族にラインを送ったりしている。
    規律が緩んだ軍なら、上官に隠れてやるに違いないと思うんだが。

    2
      • くらうん
      • 2022年 4月 27日

      残念!
      ポケモンGO開発元はアメリカでした。

      多分ロシア軍の使ったスマホに偽情報を流して攻撃という、クリミアでの意趣返しはやってそうですね。

      2
    • バクー油田
    • 2022年 4月 27日

    日本を棚に上げてNATOだけでこのように提供状況を見ていくと
    だんだん目立ってくるのがスペイン・ポルトガルやな
    場所的には極端な話フランスが占領されるまで安泰な一番の安全地帯に居て一番提供できる場所
    でありながら全く提供してないですねえ
    スペインもポルトガルもレオパルド2いっぱい持ってるみたいやし、ミストラルも持ってるし
    M109も持ってる。
    どんな議論になってるのか

    1
      • くらうん
      • 2022年 4月 28日

      スペインについては装甲車両も含む武器パッケージを先日支援しているようです。
      リンク

    • タコ
    • 2022年 4月 27日

    よし、日本は日本製のコロナの瓶詰めでどうだ

    1
    • アホか
    • 2022年 4月 27日

    クラシックな武漢製がよろしいかと。

    1
    • zerotester
    • 2022年 4月 28日

    ウクライナの国防のfacebook投稿によると、今まさに軍のテクノロジーや口径をNATOのものに切り替えようとしており、そんなことは数カ月前は不可能だと思われたが、ウクライナ兵のプロ意識がそれを可能にしたと。外国人から155mm砲の訓練を受けた時、その過程で砲のコンピュータープログラムを改善する手伝いをしたそうです。誰よりも実戦経験があるからですね。

    管理人さんも前に書いていたように、戦いながら装備を東側仕様から西側仕様に切り替えていくのは大変なはずだけれどウクライナはやり遂げようとしているのでしょう。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP