中国関連

中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を宣言

中国が5隻同時に建造していた052DL型駆逐艦の内2隻の進水準備が整い、055型駆逐艦の7番艦「無錫」が海上試験をパスして戦闘準備(初期作戦能力)が整ったことを宣言、もう中国海軍が世界トップクラスの戦力を保有しているのはまず間違いない。

参考:PLA Navy’s Type 055 large destroyer Wuxi achieves operational capability, ‘boosting North Sea Fleet’s far sea capabilities’

ハイペースで就役艦の戦闘準備が整うということは、中国海軍の人材育成が艦艇の供給ペースに追いついていると解釈するのが妥当

中国が大連の乾ドックで052DL型駆逐艦を5隻同時に建造しているが2022年8月に確認され、海外メディアは「世界最大の中国海軍が052D型の大量生産を始めた」と報じていたが、今年3月に新たな登場が画像して「大連で建造していた5隻の内2隻が完成に近づいている=進水準備が整っているという意味」と話題になっている。

中国海軍の052D型駆逐艦は国産フェーズドアレイ・アンテナ「Type346(NATOコードネームはDragon Eye)」を改良したType346Aを採用、SAM、SUM、SLCM、SSMの全てに対応した垂直発射装置(VLS)が64セルも搭載されており、中国海軍は052D型の戦闘能力について「052C型の1.6倍」と、西側諸国のアナリストも「052D型はイージスシステム搭載の駆逐艦に相当する」と評価している。

現在建造が進められている052D型駆逐艦の発展型「052DL型(正式名称ではなくD型と新型を区別するための名称)」の詳細は不明だが、外見的には格納庫の増設やヘリコプター甲板の延長、ステルスタイプの航空機を検出するのに有利なメートル波を使用する長距離レーダー(JY-27Aベースの可能性が高く最大検出距離は400km前後)が追加されており、イージス艦に匹敵する052D型と052DL型の総数はまもなく31隻(D型25隻+DL型6隻)に到達、アーレイ・バーク級駆逐艦を凌駕する055型駆逐艦も7隻目が運用能力を獲得したらしい。

中国の環球時報(Global Times)紙は26日「055型駆逐艦の無錫が海上試験をパスして運用能力を実証、北海艦隊にとって無錫は戦闘準備が整った4隻目の1万トン級駆逐艦になった」と報じており、南海艦隊に配備されている055型駆逐艦(大連、延安、遵義)と合わせると7隻の戦闘準備が整っており、中国海軍のペース(米海軍で言うところ初期作戦能力を就役から約1年で宣言)で行けば8隻目の咸陽も2023年末か2024年初頭には戦闘準備が整っていると宣言するはずだ。

既に中国海軍(約340隻)は艦艇数で米海軍(300隻未満)を抜き去り、2025年には400隻に到達すると予測されているが、ハイペースで就役艦の戦闘準備が整うということは「中国海軍の人材育成が艦艇の供給ペースに追いついている」と解釈するのが妥当で、今のところ中国の海軍拡張に落とし穴らしきものは見えてこず、もう質的にも量的にも中国海軍が世界トップクラスの戦力を保有しているのは間違いない。

おまけ

最近、SNS上に登場した興味深い中国関連の話を幾つか紹介。


最近登場した中国の将来戦車に関するコンセプトの1つ、連結された先頭車輌は歩兵を運搬することができ、後部車輌は徘徊型弾薬やミサイルを搭載することを想定している。


上が中国海軍向けのJ-35(艦載機バージョン)、下が輸出向けのJ-31(2022年に撮影された未塗装の350003号機)


AIM-120を凌駕すると言われているPL-15の射程に関する言及、中国軍向けのオリジナルは200km以上、輸出向けのPL-15Eは射程が145kmに制限されているらしい。


また登場した中国の新しいUCAV、主翼下にミサイルを搭載しているのが確認できる。


上記で言及した052DL型駆逐艦が進水したことを確認、タイトルが、、、まぁいいか

関連記事:中国、米イージス艦に相当する052DL型駆逐艦を5隻同時に建造中
関連記事:中国初の強襲揚陸艦が就役間近、F-35も検出可能な新型駆逐艦も公開

 

※アイキャッチ画像の出典:CCTV 正午国防军事

海山との衝突で損傷したシーウルフ級原潜、海軍復帰は2025年9月頃か前のページ

契約を履行し続けるロシア、アフリカ諸国に対する武器輸出で中国を抜く次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    中国製防空システムの欧州進出が成功、セルビアがFK-3を調達

    昨年はNATO加盟国のトルコがロシア製防空システム「S-400トリウー…

  2. 中国関連

    中国メディアが人民解放軍を批判、司令官達は新しい兵器システムに理解が追いついていない

    複数の中国人軍事アナリストは、兵器システムの自動化に一部の軍司令官の理…

  3. 中国関連

    無人機が主役の珠海航空ショー2022、披露される兵器の数は圧倒的

    人民解放軍の報道官は「来場した観客はこれまで見たことのない飛行展示や装…

  4. 中国関連

    桁違いの製造能力、中国が大型UAV「年間100機製造」に向けて1,500億円以上を投資

    中国での戦闘機開発や製造で最大手の中国航空工業集団有限公司(AVIC)…

  5. 中国関連

    中国が日豪を恫喝、我が国を標的とした準軍事同盟締結には代償が伴う

    中国が早速、日本と豪州が大枠で合意した自衛隊と豪軍との共同訓練等を行う…

  6. 中国関連

    日本に対抗策は?中国、超極音速滑空弾「DF-17」やステルス無人攻撃機「GJ-11」初公開

    中国は建国70周年を記念した軍事パレードの中で、幾つかの新兵器を披露し…

コメント

    • 匿名
    • 2023年 3月 27日

    340隻の敵艦を沈めるのは、340〜680発の対艦ミサイル。

    船の数で対抗する必要は無い。

    まぁ、キツい事に変わりないが。

    5
      • 名無し
      • 2023年 3月 27日

      1隻たったの1〜2発で撃破できると思ってんのかい

      36
        • 2023年 3月 27日

        モスクワ「」

        17
          • hiroさん
          • 2023年 3月 27日

          旧型でミサイル剥き出しで、ダメージコントロールも出来ない艦と同列に考えない方が良い。
          レーダー性能も中国の方が上だろうし。

          25
        • 赤い彗星
        • 2023年 3月 27日

        どこの国だろうが現代の軍艦は一発でも対艦ミサイルや魚雷を食らったらほぼ確実に致命傷だよ。
        だからデコイ積んだり高性能レーダー積んだり近接防空システム積んだりって色々対策してるんだから。

        「一隻たったの一発~二発で撃破できると思ってる」から「当たらなければどうという事はない」なのだ

        9
        • かず
        • 2023年 3月 27日

        撃破せんでもレーダーシステムが使えなくなった程度の被害を与えられたら戦闘不能で充分なのでは

        4
      • 鼻毛
      • 2023年 3月 27日

      ウクライナではSAMが強すぎて空軍が活動できない状態ですけど、現代の海戦はどうなるんでしょうね?対艦ミサイル強すぎて同じような結果になったりして。

      2
        • e5pga
        • 2023年 3月 27日

        対艦ミサイルの性能は中国軍の方が高性能なんですよねぇ。

        9
    • ラト
    • 2023年 3月 27日

    これ何がやばいかって米帝みたいに世界中に配備してるんじゃなくてほとんど中国沿岸に集中配備してるのがなぁ…台湾有事発生したら何隻沈めても次から次へと出てくるのかと思うと気が遠くなる。早いとこ対艦誘導弾いっぱい揃えなきゃ

    63
    • e5pga
    • 2023年 3月 27日

    中国海軍の建造速度は脅威ですけど、初期作戦能力の獲得速度も脅威なんですよねぇ。
    無錫は昨年3月に就役しているので1年で初期作戦能力を獲得しています。
    海軍の規模は拡大しているのに作戦能力の獲得速度が全然遅くなっていません。
    しかも無理して速くしているのではなくて、教育の効率化を追及して速くしていそうなのがまた恐ろしい。

    35
      • kitty
      • 2023年 3月 28日

      中国の初期作戦能力獲得ってどれだけ信用できるんでしょうか
      中国の最近の新型兵器が実戦で使われたことがないので、実態がさっぱりわかりません。
      「モーマンタイよ。もう使えるネ!」
      と言ってるだけの可能性も。

      3
        • 通りすがり
        • 2023年 3月 28日

        じゃ、何で防衛費をあんなに増額する必要があるわけ?

        もう中国の実力を馬鹿に出来ない所まで来てると認めてるからじゃないの?

        5
          • バーナーキング
          • 2023年 3月 28日

          その理屈は分からん。
          初期作戦能力の宣言が見切りだったとしても戦力が激減する訳じゃない。一隻二隻火吹こうが沈もうが代わりに三隻作るだけなんだから。
          西側の国がそれやって人死でも出したら大事だけどな。

          4
        • e5pga
        • 2023年 3月 28日

        中国海軍は兵器が十分機能すると証明されないうちは量産しませんね(どの国も同じかもしれませんが)。
        だから兵器の試験方法も細かく規定されていて、クリアしないといけない項目が多いです。

    • emp
    • 2023年 3月 27日

    ロシアの失態も当然自軍の改善に生かすだろうし、中国が開戦を決める頃には更にまずいことになってるだろうなぁ

    15
    • 折口
    • 2023年 3月 27日

    中国の新型MBT構想面白いですよね。元ツイートにぶら下がってる別のポンチ絵だと99式より相当小型になっているのが分かります(99式戦車の車体長7.3mに対して図のMBT案は4.15mと実に3m以上短縮されている)。

    自走榴弾砲の中には車体と補給車をベルトコンベアで繋げることで敵砲火の中で兵員を外に出すことなく弾薬補給ができるモデルがありますが、この考え方を主力戦車に応用したのがこの案なんでしょうね。IFVやUAV母機を兼ねる弾薬車を牽引して展開し、接敵する直前でこれを切り離し、小型軽量ゆえの地形を選ばない軽快な機動力と低被弾率を生かして交戦、戦闘終了後に弾薬車と再接続して弾薬の補給をするという事でしょう。30トン台という重量から考えると南部国境で使われている軽戦車の系列との統合を意識しているのかもしれませんね。砲塔の接続位置が車体後方=エンジンが装甲を兼ねるフロントエンジン配置だったり、主砲も砲塔右側にオフセットされていたり(高威力の戦車砲でこの配置は聞いたことがないので低圧砲か何かかもしれない)するのでMBTと言いつつ軽戦車か重IFVなのかもしれませんが、とにかく興味深いです。

    6
    • ううう
    • 2023年 3月 27日

    確か以前に見たシミュレーション動画では、中国の爆撃機32機から発射された計128発の対艦ミサイルに対して、海自が8隻の護衛艦隊で対処したところ、2隻が被弾し轟沈するという結果になっていました

    中国海軍の護衛艦の同時対処能力は、これよりやや劣るレベルと考えられるので、逆でやったら3隻か4隻が沈む感じでしょうか

    結局のところ航空機の発射プラットフォームの数で勝敗は決まるので、艦船の数自体はそんなに重要ではないと思いますが、そもそもの話、そんなにたくさん建造して何をしようとしているのでしょうかね?

    8
    • トクメイキボウ=サン
    • 2023年 3月 27日

    もうこうなったら多少隻数減らしてでも海自の水上戦闘艦はオールイージス巡洋艦にするっきゃ無いのか

    10
    • ku
    • 2023年 3月 27日

    続々開発されるジオンの・・・ ゴホゴホ

    2
    • トーリスガーリン
    • 2023年 3月 27日

    なんかもう感覚が麻痺してくるレベルの建艦速度ですわ
    まともに付き合うより列島線を活かしてマルチドメインで遠距離打撃しよう!となるのもむべなるかな

    8
    • パセリ
    • 2023年 3月 27日

    こんなん海自単独じゃ凌ぐのむりやな
    南西諸島を対艦ミサイルでハリネズミにしてもきつそうだ

    10
    • 成層圏
    • 2023年 3月 28日

    アメリカを抜くってことは、双子の赤字もアメリカを抜く(少なくとも軍事費は赤字の大きな原因)のか。
    急激な軍拡は短期的には脅威だが、長期には自滅に向かうからありがたい。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP