インド太平洋関連

韓国、2028年までにKF-21向けの長距離巡航ミサイル開発を発表

韓国の防衛事業庁は12日「KF-21に搭載する長距離空対地誘導弾の開発に着手する」と発表して注目を集めており、開発に成功すれば長距離空対地誘導弾の輸出だけでなくKF-21の国際競争力が高まると説明している。

参考:South Korea to develop long-range cruise missile for KF-21
参考:KF-21에 탑재할 최초 국내개발 공중발사 유도탄, 장거리공대지유도탄 체계개발 착수!

KF-21向けに空対空ミサイル、対レーダーミサイル、超音速対艦ミサイル、極超音速ミサイルの開発も予定されている

防衛事業庁はプレスリリースの中で「国防科学研究所が2028年までに1,900億ウォン(約200億円)を投じてKF-21に搭載する長距離空対地誘導弾を開発する」と明かしており、海外メディアは「公開された誘導弾のイメージはMBDA製のストームシャドー(射程560km)やLM製のAGM-158 JASSM(射程370km以上)に似ており、この長距離空対地誘導弾は折りたたみ式の主翼を備えた巡航ミサイルだ」と報じている。

出典:KAI 한국항공우주산업

長距離空対地誘導弾の射程について防衛事業庁は「数百km離れた目標に対する精密攻撃が可能」としか言及していないが、現地メディアは「F-15Kで運用中のKEPD350(500km以上)と同等の射程を確保する」と報じており、これが事実なら韓国が開発する長距離空対地誘導弾はストームシャドーやAGM-158に匹敵するという意味だ。

因みに韓国はKF-21の武装を国産に置き換えるため空対空ミサイル、対レーダーミサイル、超音速対艦ミサイル、極超音速ミサイルの開発が予定されており、この辺りの開発が完了するとKF-21の国際競争力は確実に高まるだろう。

関連記事:MBDA社、韓国の第4.5世代戦闘機「KFX」に対し「ミーティア」統合を許可
関連記事:ポーランド最大の防衛産業企業、KF-21プログラムに参加することを希望
関連記事:米国にとって好都合、韓国と関係強化で合意したベトナムがKF-21を検討か

 

※アイキャッチ画像の出典:국방과학연구소

バフムートを巡る戦い、ロシア軍が市街地に向けて前進している可能性前のページ

XLUUVのプロトタイプを手にいれた豪海軍、圧倒的なスピードで米英仏海軍に追いつく次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国メディア、日韓当局がレーダー照射問題の葛藤を緩和するため協議中

    韓国メディアは「日本と韓国の国防当局が2018年のレーダー照射問題の葛…

  2. インド太平洋関連

    韓国の文大統領、日本全土を射程圏内に収める「準中距離弾道ミサイル」開発を示唆

    韓国の文在寅大統領は25日の演説で、準中距離弾道ミサイルの開発を示唆す…

  3. インド太平洋関連

    今後5年間で約27兆円を投資、韓国が発表した国防中期計画の中身|後編

    韓国国防部は10日、今後5年間の防衛力整備の方針をまとめた「2021〜…

  4. インド太平洋関連

    クアッドに対抗? ロシア、中国、イランがインド洋北部で海上演習を実施か

    ロシアのイラン駐在大使を務めるレヴァン・ジャガリアン氏は今月8日、ロシ…

  5. インド太平洋関連

    中国軍が演習を開始、台湾国防部は事実上の海上・航空封鎖だと非難

    中国が設定した6ヶ所の演習空海域について台湾国防部は「事実上の台湾封鎖…

  6. インド太平洋関連

    台湾メディア、待望の国産潜水艦が9月28日に進水式を行う予定

    台湾は老朽化した潜水艦を更新するため2020年11月に国産潜水艦の建造…

コメント

    • 折口
    • 2022年 12月 12日

    いくらKF-21が国際的な需要に合致しているといっても、未だ殆どの兵装との適合が終わってない開発途中の段階ですからね。これからこういう話は色々出てきそうな。巡航ミサイルという大物からして自前で用意する準備があるということは、AAMやARMのようなものまで自前で用意する流れになるのかな(あまり独自規格化すると商業面で不利ですが、政治的中立性を推して行くならそれも一つの選択肢ですよね)

    しかしこれフェーズ2以降でウェポンベイに適合させる気はあるんだろうか。元からそこは割り切って翼下懸架でいくのかな。

    14
      • samo
      • 2022年 12月 12日

      射程1000kmとかになってくると、超水平線、超地平線射撃しかほぼありえなくなってくるから
      敵レーダーに探知される可能性は排除できるほど低い
      よって、ウェポンベイ内にミサイルの収納する意味がない

      9
        • バーナーキング
        • 2022年 12月 14日

        敵さんは警戒機や哨戒機やレーダーサイトを運用してないんですかね?

        5
    • ウツボ
    • 2022年 12月 12日

    12式能力向上型の空発型の開発期間が令和4年度から10年度までだから、ほぼ同時期に出てくることになるかな。

    6
    • あいう
    • 2022年 12月 12日

    防衛力向上よりも輸出の話が先にくる。いかにも韓国らしいかと

    18
      • 戦略眼
      • 2022年 12月 12日

      軍事的脅威が無いのでしょう。
      羨ましい事だ。

      24
        • hihi
        • 2022年 12月 12日

        そもそもKF-21はアメリカ製誘導兵器との統合を拒否されているせいでヨーロッパ製を搭載するか自主開発するしかない状態に陥っている。リンク16も搭載できるのか不明です。

        12
          • twjh1
          • 2022年 12月 12日

          アメリカ製誘導兵器の統合許可が下りなかったのは、KF-21が初飛行していなかったからですね。
          FA-50にもリンク16が搭載されているので、KF-21にも普通に搭載されると思いますが。

          13
        • おっさん
        • 2022年 12月 13日

        単に輸出せな食い扶持が無くなるから必死なのでは
        売れそうなものにどんどん手を出してくるでしょうね
        国も後押ししてるでしょうし

        5
          • 防衛産業
          • 2022年 12月 13日

          まだ防衛産業の問題点を理解出来てないんだね。

          生産量が大きければラインの規模が大きくなって調達単価が下がり、ラインのキャパシティが大きければ急な調達要求に対応しやすくなるだよ。

          食い扶持をなんて馬鹿にしてる日本の防衛産業が1年に供給できる量なんて知れてるし、これ全て自衛隊需要でなんとかしようとしてる日本にやり方が非合理的なのに気づこうよ。

          それとも貴方は韓国を罵れれば何でも良いのかい?

          13
            • おっさん
            • 2022年 12月 13日

            どこが韓国を罵ってると言われてるのかは分からないが、韓国の製造業は伸び悩み傾向にあり、政府自体が防衛産業やバイオ、製薬とかに次の食い扶持を模索しているのはご存知ですか?
            別に貶めてるわけでもなく、安価に一定の性能の武装システムをある程度「大国の意志から離れた」サプライヤであることは違いないんですよ。これはポーランドとの大商いにも現れている韓国の利点とも言えるでしょう。ここで投資をしてラインナップを拡げるのは韓国としては当然あり得る選択肢。
            モノになるかは分かりませんが。

            嫌韓だの国産輸出派だのと混同されては心外です。ちょっと過敏な言い方ではないかと感じましたがいかがでしょうか。

            21
            • おっさん
            • 2022年 12月 13日

            ああ、食い扶持って言い方が韓国を馬鹿にしていると言いたいのですか。
            そんなつもりはないのですがね。
            外貨を得なきゃ干乾びるのは日本も韓国も一緒。必要な外貨をを得るのは食い扶持と言ったらいかんのでしょうか。
            欧米の兵器産業がウクライナへの支援で減った在庫を補充するために現実的な短期の生産力がある韓国を利用しているのも事実ですし、別に導入国と韓国が良いならそれはwin-winで良いこと。
            韓国の方向を言ってはいますが私は日本の方向など論じていませんので無用な論議は不要です。

            19
      • twjh1
      • 2022年 12月 12日

      韓国語の参考記事では防衛事業庁が「先端(先進)航空戦力の建設と防衛産業輸出の拡大」と発言しているので、防衛力向上の話の方が先ですね。

      3
      • 白髪鬼
      • 2022年 12月 12日

      これは投資を呼び込む為のアドバルーンでしょうね。
      これだけ多種の兵器を、同時に開発するだけの資金力は今の韓国には無い。ただK9やK2の成功で、開発力に一定の評価が得られている今なら、中堅国を中心に資金の投資や、共同開発といった技術の取り込みも可能と判断したんでしょう。

      6
    • ユーリ
    • 2022年 12月 12日

    これKEPD350というベースのある兵器じゃないんですか

    6
      • ぽわうふふ
      • 2022年 12月 12日

      KEPD350導入に伴う技術移転により開発される韓国型タウルス「天龍空対地ミサイル」ですね。

      5
    • ブルーピーコック
    • 2022年 12月 12日

    KF-21以外でも使えるようにするんだろうか。その辺は抜かりなさそうではあるが。

    2
      • samo
      • 2022年 12月 12日

      米国製への統合は難しいのでは?
      統合させると、米国製戦闘機と完全に競合しちゃうし

      欧州製への統合は全然ありえるだろうね。
      日英伊次期戦闘機に統合とかになってくると、日本の12式改とバッティングしちゃうので、
      日本が12式改の海外輸出を行う際には、大きなライバルになりえてくる。
      ただ、空対空ミサイルなんかになってくると、次期ミーティアとかともバッティングしちゃうので、
      先に全然ありえる、と書いておいてなんだけど、状況次第とも言える。

      8
    • もり
    • 2022年 12月 12日

    各種弾薬まで自前でセットで用意出来るとなると相当に競争力上がるな

    3
      • STIH
      • 2022年 12月 13日

      しかしこれ全部自前でやったら流石にきついんじゃなでしょうか?いや技術はあるし、ある程度ならライセンスでなんとかなっても、あと6年でやるっつったら肝心の資金がショートしそうな気がしますが。
      いやポーランドだとかベトナムとかから無尽蔵に資金が調達できるから行けるのかもしれないし、F16は全く調達できんし、ロシアのチェックメイトなんて全く無理、残るはTFXと、実績はあるがあれこれうるさいのラファールくらい?
      これならどんなに資金つぎ込んでも、飛びさえすればいくらでも売れるでしょうから、勝機は間違えなくあるのか。

      4
    • 匿名希望係
    • 2022年 12月 12日

    やりたいことはわかるんだが
    どっちか成功してからにしたらとしか(あるいは発射母機だけどこかから契約するか)

    8
    • ジエチルエーテル
    • 2022年 12月 12日

    気になったんだけど国内法も改正して武器の輸出ができるようになったとして、12式改って輸出できんのかな
    射程が長すぎるとなんかの条約に引っかかって輸出できないみたいなことなかったっけ
    誰か教えてくれるとありがたい

    3
      • samo
      • 2022年 12月 12日

      共同開発する次期戦闘機の採用国には売れるんじゃない?
      日本は最優先で何が何でもこれに統合することにから、輸出先にとって統合費用は実質無料だし
      欧州にはこの手の対艦ミサイルない上に
      ノルディック二カ国のNATO加盟によって、英国がスカンジナビア半島沿岸海域の防衛にコミットしていかなくなる以上、
      長距離空対空対艦ミサイルは絶対に必要になるしね

      4
      • lo
      • 2022年 12月 12日

      射程300kmを超えるロケットシステムやUASの輸出はミサイル技術管理レジームで制限されてますね
      まあそれがなくとも日本は誘導弾の輸出には消極的だと思いますが

      6
    • ギャルは無理
    • 2022年 12月 12日

    ちなみに、中型空母とKF-21艦載型の話もぶり返してきてます。
    本気でそっちに舵取るつもりだったら楽しみですね。

    5
    • HEAT信奉者
    • 2022年 12月 13日

    小型タウルスのKEPD350K-2と同じく小型タウルス天竜の使い分けはどうするのかな

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP