軍事的報道

日本が導入したE-2Dの滞空性能は8時間超!輸出仕様が装備するフル・ウエット・ウイング

ノースロップ・グラマンは5月30日、早期警戒機E-2D「アドバンスド・ホークアイ」を航空自衛隊へ納入したと発表した。

参考:Northrop Grumman Delivers First E-2D Aircraft to Japan

8時間を超える滞空時間を実現した輸出仕様のE-2D

ノースロップ・グラマンは3月29日、日本の航空自衛隊へ、E-2D「アドバンスド・ホークアイ」初号機納入が完了した。

ノースロップ・グラマンの副社長、ジェーン・ビショップ氏は「この機体は、拡大し続ける日本の安全保障ニーズを上回る、早期警戒及び監視能力を提供できるだろう」と語った。

今回納入されたE-2Dは、現行のE-2C更新分としてではなく、2014年の中期防衛力整備計画において、完全な増勢分として4機調達した内の初号機だ。これとは別に、2018年の中期防衛力整備計画でも、新たに9機のE-2D調達が決定し、2019年予算に9機分の費用、1,940億円が一括計上され、計13機のE-2D導入が決まっている。

E-2Dのレーダー性能や、共同交戦能力については、多くの記事で触れられていると思うので割愛するが、米海軍仕様のE-2Dと、日本が導入したE-2Dとの大きな違いについて1点だけ言及しておく。

輸出仕様のE-2Dは「フル・ウエット・ウイング」が装備されているため、空中給油なしでも8時間を超える滞空性能を持つが、米海軍のE-2Dは「フル・ウエット・ウイング」を装備しておらず滞空性能は5時間程度だ。

補足:ウエット・ウイングとは翼内燃料タンクのことで、輸出仕様のE-2Dは、主翼の折り畳み機構を廃止し、翼内燃料タンクのスペースを拡張している(フル・ウエット・ウイング)のではないかと言われていたが、岩国基地へ、日本のE-2D初号機が空輸された際、主翼を折り畳み駐機していたため、主翼の折り畳み機構は廃止されていない。一体どの様にして燃料搭載量を増やしたのか謎。

出典:Public Domain E-2C内でのレーダー運用

日本のE-2Dには、ユニット式トイレや、食事や飲み物を暖められるギャレーが追加装備されているとは言え、同じ早期警戒機でも旅客機「B-767」をベースに開発された大型のE-767ではなく、とても機内が狭いE-2Dに搭乗し、最大8時間程度の任務を行う航空自衛隊の隊員にとっては、「フル・ウエット・ウイング」の装備は有り難くないかもしれない。

もちろん、肉体的にという意味だ。

しかし、米海軍のE-2Dに搭乗している兵士は、おむつを履いてい任務を行っているので、それに比べれば、幾らかマシかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain E-2Cホークアイ

関連記事

  1. 軍事的報道

    いずも空母化に対抗? 韓国、F-35B搭載「4万トン級韓国型空母」建造計画を承認

    最近、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長と3軍の参謀総長による合同…

  2. 軍事的報道

    ポーランド、旧ソ連製戦闘機の更新用に32機のF-35A導入を決定!日本も105機のF-35を追加導入…

    F-35の導入数を減らす国もあれば、新しくF-35を導入しようとする国…

  3. 軍事的報道

    米空軍のB-21爆撃機の開発が順調すぎ!開発開始からたった「5年」で初飛行へ

    米空軍のアーノルド中将は、米議会の上院小委員会の場で、B-21の開発プ…

  4. 軍事的報道

    極超音速兵器開発で先行する中露、米国の「軍事的優位」は維持可能?

    米国の核兵器運用を指揮する戦略軍は、スピードの限界を高めるための、新し…

  5. 軍事的報道

    韓国のF-15Kはボロボロか?領空侵犯に対する「スクランブル」崩壊寸前

    韓国空軍が保有する戦闘機の中で、領空侵犯のおそれがある侵入機に対する「…

  6. 軍事的報道

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」を単独開発する理由!第5世代戦闘機が犯した過ちとは?

    米海軍は、次世代戦闘機を米空軍とは共同で開発する予定はなく、米空軍とは…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 04日

    ワスプ級規模の強襲揚陸艦を建造装備する計画があるので、そのためもあって購入したのでしょう。そうでなければP-1だけで十分ですから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP