軍事的報道

最強のミサイル空母? ロシア、2027年までにステルス爆撃機「PAK DA」運用開始

ロシアメディア「RIA Novosti」は、現在、開発が進められている次世代ステルス爆撃機「PAK DA」について、2027年までに部隊での運用が始まると報じている。

参考:Перспективный “стратег” ПАК ДА поступит на вооружение до 2027 года

ロシアのステルス爆撃機「PAK DA」は2027年までに運用開始

ロシア国防省のアレクセイ・クリボルチコ次官は、雑誌「ロシアの防衛」とのインタビューの中で、開発が進められている次世代ステルス爆撃機「PAK DA」は2027年までに部隊での運用が始まるだろうと語った。

画像の出典:ロシア国防省 PAK DAのコンセプトイラスト

次世代ステルス爆撃機「PAK DA」は、Tu-22MやTu-160、Tu-95といった機体の後継機として開発が進められており、試作機の完成は2021年頃、テスト飛行は2025年前後に行われるだろうと言われてきたが、今回の発言で、このスケジュールの信憑性が高まったと言える。

この機体は「超音速飛行」よりも「ステルス性能」を重視した設計で、無給油で約1万2,000kmの航続距離を持ち、最大7,000kmの射程を持つミサイルを搭載すると言われているが、機体の仕様や性能については不明な部分が多く、ロシアが開発している航空機のなかでも最上級にミステリアスな機体だ。

ロシアでは爆撃機のことを「Missile aircraft carrier(ミサイル空母=母機という意味)」と呼んでおり、当然「PAK DA」も巡航ミサイルや極超音速ミサイルの発射母機として活用してくると見られるが、既存のロシア爆撃機はステルス性能を持っていなかったため、本機はより強力で恐ろしい存在になるだろう。

スホーイが開発した第5世代戦闘機のプロトタイプ「C-22」

ロシアのスホーイ設計局(現:公共株式会社スホーイ・カンパニー)は、創立80周年を記念して、過去に開発した第5世代戦闘機のプロトタイプ「C-22」の写真を公開した。

出典:Саид Аминов @saidpvoのツイート画像

この機体の詳しい開発経緯などは明らかにされていないが、1983年に「C-22」というコードネームで開発が行われたとだけ明かされており、同時期に開発されていたSU-47(前進翼にカナードと尾翼を持つロマン溢れる機体)に似ているが、米国のF-22と同じ二次元式の推力偏向パドルが取り付けられている。

出典:Саид Аминов @saidpvoのツイート画像

恐らくSU-47を開発中に、米国のF-22の要素を取り入れたSU-47の派生型として「C-22」が開発されたのかもしれないが、1983年という設計開始時期を考えると、いまいち説得力に欠ける。

どちらにしても公開された写真は2点のみで、推力偏向パドル以外にSU-47と外見上の違いが見つからないと言えば、幻の戦闘機「C-22」が台無しになってしまうので口が裂けても言ってはならない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Mil.ru / CC BY 4.0 ロシアの爆撃機Tu-160

また同じ箇所が故障? 韓国海軍、新型フリゲート艦「大邱」の推進システムが再び停止前のページ

GPSの補完的役割を想定? 米軍、日本の準天頂衛星システム「みちびき」利用を検討か次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    問題の多い空中給油機「KC-46A ペガサス」、日本向けの機体製造に着手

    米空軍が採用した次世代の空中給油機「KC-46A ペガサス」を製造する…

  2. 軍事的報道

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」を単独開発する理由!第5世代戦闘機が犯した過ちとは?

    米海軍は、次世代戦闘機を米空軍とは共同で開発する予定はなく、米空軍とは…

  3. 軍事的報道

    4隻目までは通常動力空母? 中国海軍、技術的問題で「原子力空母」建造計画を保留

    中国海軍は、通常動力式の国産空母を建造後、早い段階で「原子力空母」建造…

  4. 軍事的報道

    自滅するドイツ海軍!「212A型潜水艦」座礁で、実戦投入可能な潜水艦は2隻だけ?

    数少ないドイツ海軍の稼働可能な潜水艦が座礁し、最悪、実戦に投入できる潜…

  5. 軍事的報道

    インド空軍、中国の戦闘機「JF-17 Block3」に対して仏製戦闘機「ラファール」は優位性を失う

    インド空軍は戦闘機ラファール導入によって得られる優位性は、大幅に性能が…

  6. 軍事的報道

    またF-2と同じ運命? 米国、日本の次期戦闘機「F-3」開発は日米同盟の象徴となる

    米国のシンクタンク「大西洋評議会」は17日、日本の次期戦闘機「NGF(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP