ロシア関連

プーチン大統領、18日にロシア軍の予備役招集に関する法令へ署名

露国営メディアのRIAノーボスチは18日、ロシア軍の予備役招集に関する法令にプーチン大統領が署名したと報じている。

参考:Путин подписал указ о призыве россиян из запаса на военные сборы

昨年の署名は4月26日なので何故今年はこのタイミングで招集するのか、その答えは一つしかない

プーチン大統領が署名した予備役招集に関する法令の目的は「ロシア軍の予備役を定期的に招集して最大2ヶ月間の戦闘訓練を施し技量の維持・向上を図る」というもので、同法令への署名は毎年行われているため特に珍しいものではないが、昨年の署名は4月26日なので「何故今年はこのタイミングで招集するのか」と注目を集めている。

出典:Официальный интернет-портал правовой информации 2022年のロシア軍予備役招集に関する法令

つまりウクライナへの侵攻で発生する人的被害をカバーするためか、キエフ、ハリコフ、オデッサといった主要都市占領後の統治に必要な人員確保が狙いではないかと思われるが、ウクライナ周辺に動員された現役兵16.9万人~19万人(OSCEのカーペンター米国大使)と合わせると不気味な存在だ。

北京五輪が閉幕する20日以降に何かが起こる可能性は非常に強まったと管理人は感じている。

関連記事:第二次大戦以来最大の動員数、ウクライナ侵攻のため集結したロシア軍は最大19万人

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны России

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

バイデン政権、ウクライナへのサイバー攻撃はロシア軍による犯行と発表前のページ

バイデン大統領、ウクライナ侵攻をプーチン大統領が決断したと表明次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    脱GPSが進む航法システム、ロシアが電子妨害の影響を受けない小型ドローンを発表

    AK-47の開発で有名なロシアのカラシニコフ・コンツェルンは今月14日…

  2. ロシア関連

    ロシアの斬新な言い訳、特別軍事作戦の失敗はソ連崩壊後の生き方に由来

    国営メディアに寄稿したコラムの中でロシア人アナリストは「特別軍事作戦で…

  3. ロシア関連

    ロシア、TB2キラーと名付けられた無人航空機「オリオン-E」の海外売り込みを開始

    海外市場で人気を集めるトルコ製UAV「バイラクタルTB2」に強力なライ…

  4. ロシア関連

    ロシアが発表したキエフ方面の戦力削減、停戦交渉や合意を促進するため?

    ロシアのフォミン国防次官は「キエフとチェルニーヒウ方面の敵対行動を根本…

  5. ロシア関連

    ロシア、トルコ向けに「カスタマイズ」した第5世代戦闘機「SU-57T」を提案か?

    ロシアはF-35プログラムから追放されたトルコに対し、SU-35を購入…

  6. ロシア関連

    ロシア軍占領下で食料事情が悪化、マリウポリでは住民が飢餓暴動を起こす

    ロシア軍占領下の都市や集落では食料事情が悪化しており「マリウポリでは住…

コメント

    • tofu
    • 2022年 2月 19日

    石油パイプラインでの大規模な爆発があったり
    そのほかここのブログで取り上げたような諸々の仕込みがあったり

    やる気満々じゃん……

    15
    •   
    • 2022年 2月 19日

    パイプライン爆破…
    始まったかなこれ
    向こうは夜だし、昼間に最後通牒で…て感じかね

    制裁きっちりかましてくれよ
    ウクライナ頑張ってくれ…

    5
    • すえすえ
    • 2022年 2月 19日

    戦死者たくさん出るけど
    ウクライナはドロ沼化に成功すれば上出来?

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP