ロシア関連

最強のミサイル空母? ロシア、2027年までにステルス爆撃機「PAK DA」運用開始

ロシアメディア「RIA Novosti」は、現在、開発が進められている次世代ステルス爆撃機「PAK DA」について、2027年までに部隊での運用が始まると報じている。

参考:Перспективный “стратег” ПАК ДА поступит на вооружение до 2027 года

ロシアのステルス爆撃機「PAK DA」は2027年までに運用開始

ロシア国防省のアレクセイ・クリボルチコ次官は、雑誌「ロシアの防衛」とのインタビューの中で、開発が進められている次世代ステルス爆撃機「PAK DA」は2027年までに部隊での運用が始まるだろうと語った。

画像の出典:ロシア国防省 PAK DAのコンセプトイラスト

次世代ステルス爆撃機「PAK DA」は、Tu-22MやTu-160、Tu-95といった機体の後継機として開発が進められており、試作機の完成は2021年頃、テスト飛行は2025年前後に行われるだろうと言われてきたが、今回の発言で、このスケジュールの信憑性が高まったと言える。

この機体は「超音速飛行」よりも「ステルス性能」を重視した設計で、無給油で約1万2,000kmの航続距離を持ち、最大7,000kmの射程を持つミサイルを搭載すると言われているが、機体の仕様や性能については不明な部分が多く、ロシアが開発している航空機のなかでも最上級にミステリアスな機体だ。

ロシアでは爆撃機のことを「Missile aircraft carrier(ミサイル空母=母機という意味)」と呼んでおり、当然「PAK DA」も巡航ミサイルや極超音速ミサイルの発射母機として活用してくると見られるが、既存のロシア爆撃機はステルス性能を持っていなかったため、本機はより強力で恐ろしい存在になるだろう。

スホーイが開発した第5世代戦闘機のプロトタイプ「C-22」

ロシアのスホーイ設計局(現:公共株式会社スホーイ・カンパニー)は、創立80周年を記念して、過去に開発した第5世代戦闘機のプロトタイプ「C-22」の写真を公開した。

出典:Саид Аминов @saidpvoのツイート画像

この機体の詳しい開発経緯などは明らかにされていないが、1983年に「C-22」というコードネームで開発が行われたとだけ明かされており、同時期に開発されていたSU-47(前進翼にカナードと尾翼を持つロマン溢れる機体)に似ているが、米国のF-22と同じ二次元式の推力偏向パドルが取り付けられている。

出典:Саид Аминов @saidpvoのツイート画像

恐らくSU-47を開発中に、米国のF-22の要素を取り入れたSU-47の派生型として「C-22」が開発されたのかもしれないが、1983年という設計開始時期を考えると、いまいち説得力に欠ける。

どちらにしても公開された写真は2点のみで、推力偏向パドル以外にSU-47と外見上の違いが見つからないと言えば、幻の戦闘機「C-22」が台無しになってしまうので口が裂けても言ってはならない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Mil.ru / CC BY 4.0 ロシアの爆撃機Tu-160

また同じ箇所が故障? 韓国海軍、新型フリゲート艦「大邱」の推進システムが再び停止前のページ

GPSの補完的役割を想定? 米軍、日本の準天頂衛星システム「みちびき」利用を検討か次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    アルメニア駐屯のロシア軍、48時間で9機の「バイラクタルTB2」無力化に成功か

    ロシア軍が最新の電子戦システムを使用してトルコ製無人航空機「バイラクタ…

  2. ロシア関連

    ロシア、第5世代戦闘機Su-57がどの様に製造されているのかを公開

    ロシアの国営企業「統一航空機製造会社(UAC)」は先月29日、Su-5…

  3. ロシア関連

    ロシア、7月の航空ショーでシングルエンジンの第5世代戦闘機を発表か

    ロシア通信(RIAノーボスチ)は23日、ロステックが開発中の全く新しい…

  4. ロシア関連

    ロシア海軍、台風の影響で流された浮きドックがキロ級潜水艦に命中

    台風5号によって流された浮きドックがロシア海軍の潜水艦やミサイル艇に激…

  5. ロシア関連

    露Su-57Mに採用予定の新型エンジン、F135を超える推力性能を実現か?

    ロシアの第5世代戦闘機「Su-57(NATOコードネーム:FELON/…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP