ロシア関連

プーチン大統領、ウクライナのインフラを狙った攻撃はクリミア大橋爆破の報復

ロシアのプーチン大統領は特別軍事作戦で英雄的な働きを見せた軍人に対して「ロシア連邦英雄」の称号と金星章を授与したが、授与式後の会見で「ウクライナへのインフラ攻撃は報復だ」と明かし注目を集めている。

参考:Путин объяснил причину ударов по украинской инфраструктуре
参考:Турецкие плавучие электростанции для Украины могут расположить возле Молдовы и Румынии

プーチン大統領としては「両共和国の独立を認めず攻撃したウクライナのせい」と言いたいのかもしれない

プーチン大統領は「現在隣国のエネルギーインフラに対する攻撃で大騒ぎになっているが、先にインフラへの攻撃を行ったのは誰だろうか?クリミア大橋を爆破したのは誰なのか?クルスク原発の送電線を爆破したのは誰なのか?ドネツクに飲料水を供給しないのは誰なのか?何百万人もの人間が暮らす都市に飲料水を供給しないのはジェノサイドだ。しかし誰もこのことを口にしないが、我々がこれに対応するため何かしたとたん全宇宙にノイズが、喧騒が、亀裂が走る」と述べ、一連のインフラ攻撃はウクライナへの報復攻撃であるとの認識を示した。

プーチン大統領が言及した飲料水問題の起源に遡ると2014年のウクライナ東部紛争(ドンバス戦争)に起因しており、ウクライナ軍が支配していた地域でも飲料水の供給が断絶して給水車に頼っていたため「ドネツクに飲料水を供給しないのは誰なのか?」という答えは中々の愚問だが、プーチン大統領としては「両共和国の独立を認めず攻撃したウクライナのせい」と言いたいのかもしれない。

因みにゼレンスキー大統領は「現時点で攻撃で損傷した発電施設の完全復旧は難しい=以前と同じ発電量を確保できないため計画停電が今後続くという意味」と明かしたが、トルコ企業のKarpowershipが保有する発電船(浮体式発電所)を使用できないか交渉中で「オデーサ周辺海域」で電力供給を行うことを想定していたが、ロシア軍の攻撃を受けるリスクがあるためウクライナとルーマニアの国境を流れるドナウ川を遡ってモルドバやルーマニアの電力網に接続、そこからウクライナに電力を供給(1隻あたりの発電能力は100メガワットで3隻~4隻借り上げ予定)する案を検討しているらしい。

つまりルーマニアとモルドバの主権が及ぶドナウ川に発電船を停泊させればロシア軍が手を出せないという意味で、一先ずウクライナ国境までは電力を安全に持ってこれるという寸法だ。

まだ交渉は成立していないが、Karpowershipは合意後30日以内に電力供給が開始できると主張している。

関連記事:ゼレンスキー大統領、ウクライナ軍が大半のミサイルを撃墜したと発表
関連記事:ロシア、ウクライナへのインフラ攻撃は飢餓をもたらし難民を発生させる

 

※アイキャッチ画像の出典:Президента России/CC BY 4.0

ポーランド最大の防衛産業企業、KF-21プログラムに参加することを希望前のページ

陸自がAH-64やAH-1Sを廃止、海自もP-1とSH-60Kを削減して無人機で代替次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア軍、ウクライナ軍のS-300を破壊するため新たな戦術を導入か

    ロシア軍はウクライナ軍のS-300を破壊するため新たな戦術を導入してい…

  2. ロシア関連

    ルカシェンコ大統領、ベラルーシ軍とロシア軍による合同部隊を発表

    ロシアは戦術核兵器を使用する代わりに「ルカシェンコを動かそうとしている…

  3. ロシア関連

    ロシア、イラン国境で米軍のステルス戦闘機「F-35」を検出したと公表

    イランがウクライナ国際航空のボーイング737型機を撃墜した事件について…

  4. ロシア関連

    ロシア、ポーランド領に着弾したミサイル疑惑は状況を深刻化させる意図的な挑発

    ポーランド領プシェボドゥフに着弾したミサイル問題についてロシア国防省は…

  5. ロシア関連

    極超音速兵器が検出可能? ロシアが発表した輸出用レーダー「59N6-TE」の実力

    ロシアが売りに出した極超音速兵器を含む航空機を効果的に検出可能な輸出用…

  6. ロシア関連

    ロシア軍がナゴルノ・カラバフ紛争から学ぶべき教訓とは?

    露メディア「Взгляд」は16日、ナゴルノ・カラバフ紛争はロシア軍の…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2022年 12月 09日

    おじいちゃん、インフラ攻撃は開戦からずっとしてたでしょ

    44
      • 無無
      • 2022年 12月 09日

      おじいちゃんは先月のことは覚えてないよ、後から後から約束を反古にするのも確信犯
      言質だの信じるお人好しではロシアと付き合えない

      22
    • K(大文字)
    • 2022年 12月 09日

    先にインフラ攻撃したのは誰だ、ですか?無法者らしい責任転嫁ですこと。
    クリミア大橋は不法占拠されたウクライナ領内に設置された違法建築物ですね。マトモな感性の人間なら、そんなくだらない屁理屈で納得なんかしませんよ。
    まぁロシアとしては国内と限界親露派に向けた強弁が出来ればそれでいいのでしょうが、そんな事ばかりしているから、西側諸国ではロシアとの対話の可能性が薄れて行き、国際社会からも孤立が深まるわけで。開戦からこっち、ずっとこの調子。
    自分がどんだけ「ツケ」を溜め込んでいるのか、ロシアには自覚が無いんですかねぇ。

    23
    • ななし
    • 2022年 12月 09日

    発電船とは目からウロコ

    13
      • 7c
      • 2022年 12月 09日

      ドイツが、ザクセン級フリゲートを『発電のため』に、あくまでも『発電のため』に、黒海まで出張ってやれんもんか。
      イタリアのアンドレア級でも構わんが。

      理想は原子力空母なんだがなぁ。

      1
    •  
    • 2022年 12月 09日

    >我々がこれに対応するため何かしたとたん全宇宙にノイズが、喧騒が、亀裂が走る

    全世界ならまだわかるけど「全宇宙」て。全宇宙のノイズとか亀裂というのも、この調子じゃ「ロシア的」に独特な意味が込められているんじゃないでしょうか。
    ロシア宇宙主義という哲学思想にプーチンら政府高官が傾倒しているというのは、今年前半にも報道されてましたが
    なんというか、半ば認知症とか統合失調症じみた世界観を元に政策を語り実行している風に思えます。Qアノン的思想の本拠地がロシアだという米政府や社会学者の見解は、結局正確だったようで…。

    ロシア的言行に対しては、淡々と必要措置を取るくらいしかないのかな。

    18
    • ななし
    • 2022年 12月 09日

    プーチンの発言を信じるのは、ロシア国民の中でも国営テレビしか見ていない高齢者だけ

    3
    • ホテルラウンジ
    • 2022年 12月 09日

    これは暗に「ウチのインフラを攻撃しなかったらウチも今後はインフラを攻撃するのやめるから」
    というプーチンからゼレンスキーへ泣きが入ったとも解釈できますよね。
    ウクライナは射程1000kmのドローン開発しましたから今後は意趣返しでモスクワもインフラ破壊される。
    そんな事されて1時間でもモスクワが停電したらプーチン政権は終わりますからね
    昨日一昨日の空軍基地へのドローン攻撃で悟ったんでしょう
    だから遠回しにウクライナに泣きを入れてるという感じがしますね。
    このプーチンからの取引に応じたらウクライナの国民は今後は停電に悩まされる事は無くなるかも
    これでロシアの目論むウクライナのインフラ破壊して戦意喪失作戦も失敗ですわ

    5
    • 名無しさん
    • 2022年 12月 09日

    ウクライナ軍に全然勝てないロシアによるウクライナの一般民衆やインフラに対する報復がクリミア大橋攻撃じゃないの?
    プー助の思考回路がサッパリ分からない・・・

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP