ウクライナ戦況

イタリア新政府、ウクライナへの武器供給に関連した法令の延長を断念

ウクライナへの武器供給を迅速に実行するため導入した「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」の修正案に議会が反対、ウクライナ支援継続を約束したメローニ政権は同法令の延長を断念した。

参考:Italy lawmakers call off vote on extending Ukraine arms supplies

年内に新たな法令が成立しないと新たなウクライナへの武器供給が滞るかもしれない

メローニ政権発足に伴い退陣したドラギ政権は在任中、ウクライナへの武器供給を迅速に実行するため「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」を導入、ウクライナ支援継続を約束したメローニ政権は2022年末に効力が切れる本法令を2023年末まで延長する修正案を議会に提出していたが、野党の反対でこれが困難になったらしい。

出典:Stephencdickson / CC BY-SA 4.0

イタリアはウクライナへの武器支援の内容を伏せているが、ウクライナは何度も「イタリアの武器支援パッケージが到着した」と感謝の声明を発表しており、伊メディアの報道によればM270MLRS×2輌、PzH2000×6輌、M109×20輌~30輌、M113、FH70、イヴェコLMVなどをウクライナに提供していると報じているため、これが事実ならイタリアの武器支援は英国やドイツに匹敵する内容だ。

このような大規模な武器支援を実現する原動力になったのが「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」なのだが、メローニ政権が提出した修正案に野党の民主党が「問題の大統領令は議会承認なしにウクライナ以外への武器供与にも使用できる」と反発、これを受けてメローニ政権は現行の法令を延長するのではなく「迅速の議会承認を確保した別の法令」の検討に入ったと報じられている。

出典:Quirinale.it

つまりメローニ政権はドラギ政権のように政府判断だけでウクライナへの武器供給を決定できなくなる=その都度議会の承認を受ける必要があるという意味だが、新たな法令で「迅速の議会承認」をどのように担保するのか、そもそも2022年は残り31日しかないので年内に新たな法令が成立しないと新たなウクライナへの武器供給が滞るかもしれない。

当初、メローニ政権はロシア寄りの立場を取るのではないかと危惧(連立政権を組む政党の中にロシア寄りの立場を主張するフォルツァ・イタリアや同盟などが居るため)されていたが、首相に就任したメローニ氏は「欧州の対ロシア政策における弱点にイタリアはならない」と述べてウクライナ支援継続を約束してものの、まさか「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」を成立させた旧政権で与党の一員だった民主党に足元をすくわれるとは思ってもみなかった。

関連記事:イタリアのウクライナ支援は英独に匹敵、M270、PzH2000、M109を提供
関連記事:ウクライナが切望していた高度な防空システム、仏伊がSAMP/T提供を準備中

 

※アイキャッチ画像の出典:Italian Army/CC BY 2.5

潜水艦をUUV母艦化したい米海軍、水中発射・回収に対応したMUUVを開発中前のページ

防衛省、2027年度までを目処に最大500発のトマホーク購入を検討中次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍が対艦ミサイルで黒海艦隊の旗艦を攻撃、被害は甚大か

    オデーサを防衛するウクライナ海軍は13日、黒海艦隊の旗艦を勤めるスラヴ…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、ロシア製カウンター・ドローンシステムは全く効果がない

    ロシア製カウンター・ドローンシステム「Silok-01」を鹵獲したウク…

  3. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ロシア軍が郊外のポンプ施設とダーチャで前進

    アウディーイウカ方面で新たに登場した視覚的証拠は「ロシア軍がポンプ施設…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍がハルキウ州からの大規模撤退を開始、ボルチャンスクも放棄

    ロシア軍がハルキウ州の占領地から大規模な撤退=戦線縮小を開始しており、…

  5. ウクライナ戦況

    ハルキウ方面の戦い、予備戦力を投入しなければ状況は悲惨なものになる

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEはハルキウ州の状況について「…

  6. ウクライナ戦況

    侵攻587日目、戦場に目立った動きはなくウクライナ支援は変化の兆し

    ウクライナ軍とロシア軍の戦いは約2週間ほど「決定的な動き」が観測されて…

コメント

    • 2022年 11月 30日

    ここでも「民主党」。(略)

    16
      • 名前
      • 2022年 11月 30日

      余所の国で足を引っ張ってるのは本当に民主党かな?

      5
    • ダヴー
    • 2022年 11月 30日

    政策の問題ではなくては政局の問題でしょうから、
    何がしか妥協が成立すると思います。

    15
    • 無能
    • 2022年 11月 30日

    今度はイタリア抜きでやっちゃダメだろ

    1
    • 全裸ギター
    • 2022年 11月 30日

    これは予想外の展開

    5
    • さめ
    • 2022年 11月 30日

    支援内容が明らかになってないとかありうるの?
    数十億円にも上る兵器の調達に係る内訳が非公開ってマ?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP