米国関連

  1. 米空軍機の即応性は前年度よりも全体的に悪化、F-35AはF-22Aを下回る

    米空軍は作戦機に関する2023年度のMission Capable Rate=MC率(少なくともミッション要件の1つ以上を実行できる状態)を公開、全体的に米空軍…

  2. ベルギーのF-16提供はF-35A取得と連動、TR3構成機の問題が影響する可能性

    ベルギーは署名した安全保障協定の中で「ウクライナへのF-16提供」を約束したものの「提供時期」を保証しておらず、Air & Space Forces Magaz…

  3. エクスカリバー砲弾の命中率、2023年8月までに55%から6%に低下

    Washington Postは「米国製のGPS誘導兵器はロシア軍の妨害技術に耐えられず、ウクライナ軍は一部兵器の使用を中止せざるを得なかった」と報じたが、Ne…

  4. ウクライナの防空体制は手に負えない状況、短期的にも解決不可能

    ウクライナが要請するパトリオットシステム供給は行き詰まったままだが、Defense Newsは25日「米国の援助でウクライナの防空問題は解決できない。これはシス…

  5. 質よりも量、ウクライナとロシアの消耗戦で戦車の性能は重要ではない

    米政府高官はロシア軍の再建スピードについて「我々の予想よりも上手くやっている」と述べ、NATO加盟国の国防当局者も「ウクライナでの戦争は質よりも量が物を言う消耗…

  6. フルレート生産に突入したJ-20、約4年で米第5世代機の保有数に追いつく

    インド太平洋軍のアキリーノ司令官は「まもなく人民解放軍空軍は世界最大の空軍になる」と議会で証言していたが、米空軍の中国航空宇宙研究所も「米空軍が2024年時点で…

  7. 米国、ウクライナに提供するJDAM-ERにGPS妨害の照射源攻撃能力を追加

    ウクライナに提供されたGPS誘導兵器はロシア軍の妨害によって有効性が低下しており、米空軍はウクライナに提供するJDAM-ERへのHome-on GPS Jam …

  8. Northrop Grummanの大型水中無人機、Manta Rayのテスト風景を公開

    国防高等研究計画局(DARPA)は長期間・長距離任務を実行できる自律型UUV開発=Manta Ray計画を進めており、Northrop GrummanはMant…

  9. 米国防情報局、オープンソース情報を片手間で扱うのではなく専門家が必要

    米国防情報局のグレッグ・リックマン副長官は「以前のオープンソース情報は諜報機関が収集した情報の上に振りかける塩だったが、その役割は逆転してしまった」と述べ、オー…

  10. 故障続きの米強襲揚陸艦ボクサー、乾ドックに空きがなく水中修理を選択

    オーバーホールを終えたボクサーは故障続きで、何らかの改善を行って4月に出港したものの再び故障に見舞われ、USNI Newsは30日「右舷側の舵とベアリングに問題…

  11. APSを搭載した新しいブラッドレー、米陸軍がM2A4E1を公開

    陸上戦闘システムの開発責任者を務めるグレン・ディーン少将は3月末「ブラッドレー向けのAPS(Iron Fist Light Decoupled =IF-LD)購…

  12. ウクライナにロシアの差し押さえ資産を与える方法、賠償請求に基づく融資

    ロイターは29日「欧米が約束したウクライナ支援資金は2025年後半までしか保たない」「差し押さえたロシア中央銀行の資産(約3,000億ドル相当)を動員すれば20…

  13. 誰がパトリオット提供に応じるのか? ウクライナへの追加供給は行き詰まる

    Breaking Defenseはラムシュタイン会議の結果について「ウクライナが要求していたパトリオットシステムの追加提供で行き詰まった」と報じ、西側製戦車の提…

  14. オースティン米国防長官、60億ドル相当のウクライナ支援パッケージを発表

    ウクライナ支援を協議するラムシュタイン会議が26日に開催され、米国は60億ドル相当のウクライナ支援パッケージを、スペインはパトリオットシステムの迎撃弾提供を発表…

  15. 米国防次官、ウクライナに送ったGLSDBは上手く機能しなかったと示唆

    国防総省のラプランテ国防次官は24日「空対地兵器を地上発射型の長距離攻撃兵器に変換してウクライナに送ったが上手く機能しなかった」「ウクライナ人は何度か試したのち…

  1. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP