欧州関連

フランス提供の自走砲がウクライナに到着、ロシア軍との戦いに投入済み

ウクライナ軍のザルジュニー総司令官は24日、155mm榴弾砲をトラックに搭載したフランス製自走砲「Caesar」がロシア軍との戦いに投入されていると発表した。

参考:Залужный: Гаубицы Caesar уже на передовой, овладели за 2-3 часа

各国が提供した自走砲や榴弾砲を合わせると180門近い砲兵装備をウクライナ軍は手に入れたことになる

マクロン仏大統領は先月21日「ウクライナにCaesarを12輌提供した」と明かして注目を集めていたが、ウクライナ軍のザルジュニー総司令官は「Caesarがロシア軍との戦いに投入されている」と発表、ただ公開された写真がウクライナ国内で撮影されたものか、フランスで訓練を受けていた時のものかは不明で、東部戦線に投入されたのか、南部戦線に投入されたのかもよく分かっていない。

出典:public domain カエサル6×6

因みにチェコ提供のDANA×20輌、Zuzana×8輌、ポーランド提供のGoździk×20輌、ドイツとオランダが提供したPzH2000もウクライナに到着済みで、米国、カナダ、オーストラリアが提供したM777と合わせると180門近い砲兵装備をウクライナ軍は手に入れたことになるが、既にロシア軍の攻撃を受けて幾つかM777が破壊もしくは損傷しているため装備の追加供給を行う必要がある。

追記:ウクライナへの武器支援を調整する連絡会議(ラムシュタイン会議)が23日に開催され、米国のオースティン国防長官は「20ヶ国が新たにウクライナへの武器支援を決定した」と明かしていたが、この20ヶ国に含まれるカナダは155mm砲弾をメーカーから2万発(7,632万ドル相当)購入してウクライナに提供すると明かした。

関連記事:マクロン大統領、ウクライナに自走砲カエサルを提供していると発言
関連記事:デンマーク、黒海の封鎖を解くためハープーンのウクライナ提供を決定

 

※アイキャッチ画像の出典:Головнокомандувач ЗС України

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ロシア軍、ルハーンシク州で戦うウクライナ軍の補給ルート遮断に成功前のページ

流出した中国の台湾侵攻計画、広東省で兵士14万人と船舶953隻を動員次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシア軍がチェルニーヒウ州からも撤退、スームィ州でも撤退の動き

    ロシア軍はキーウ州に続きチェルニーヒウ州からも撤退を開始、首都周辺のド…

  2. 欧州関連

    真偽不明、アゼルバイジャン軍が地対空ミサイルでロシア空軍機を攻撃か

    アゼルバイジャン軍がロシア空軍機を地対空ミサイル「S-300PMU-2…

  3. 欧州関連

    ドイツのトーネード後継機問題、タイフーン単独導入以外は認めない?

    ドイツの戦闘機トーネード後継機問題は今年4月、クランプ・カレンバウアー…

  4. 欧州関連

    ドンバスを巡る戦い、ウクライナ軍の増援として第128山岳強襲旅団が到着

    ウクライナ北部からのロシア軍撤退が完了、ルハーンシク州のセベロドネツク…

  5. 欧州関連

    真偽は不明、マリウポリでウクライナ軍の兵士267名がロシア軍に降伏?

    露国営メディアのRIAノーボスチは5日、マリウポリでウクライナ軍(第5…

  6. 欧州関連

    侵攻ルートが予想外? ナゴルノ・カラバフ紛争に参戦した兵士が語る敗戦理由

    アルツァフ共和国(旧ナゴルノ・カラバフ自治州が独立国だとして名乗ってい…

コメント

    • だいぶ溜まってんじゃん
    • 2022年 5月 25日

    順調に増えてますね、ただ戦車ほどではなくとも各国がウクライナに割ける自走砲・榴弾砲にはそんな余裕がないはずだから、どこまで「武器供与」が可能かきになりますねぇ

    それにしても、戦車に比べ習熟に係る期間が短く、費用対効果が高く、供与における障壁が比較的少ない
    やっぱ大砲は戦場の女神なんやなって…

    陸自の19式の配備も進むといいな

    27
    • ワルシャワ公国
    • 2022年 5月 25日

    カナダはウクライナ系住民が多いのですね。義勇兵もカナダ人部隊が作れるほどだと書いてありましたし。アメリカだけではなくカナダの支援にも期待したいですね。

    13
    • 匿名
    • 2022年 5月 25日

    日本も19式とかいう欠陥品じゃなくて、カエサル導入しとけば良かったな

    6
    • 匿名希望
    • 2022年 5月 25日

    巡航ミサイルと違って、ボタンポチーっていかないから、たくさん渡しても使うの難しいんじゃないの?

    それとも最新の自走砲はボタンポチーなの?
    本来だったら、自走砲、榴弾砲よりも、航空戦力だったハズ。空から一気に殲滅で、長距離砲は時代遅れだったのでは?
    各国在庫処分してない?

    1
      • 伝説のハムスター☆☆☆
      • 2022年 5月 25日

      航空戦力とか供与すると、ロシアがヘイトを自国に向ける恐れがあるから供与できない現状があると、このブログの記事で報じてたと思うんだけどご存じない?

      仮に航空戦力とか供与されたとしても、自走砲と比べると圧倒的に訓練に時間かかるし、値段も高く量を供給出来ないため、今東部をガン攻めしているロシア陸軍を食い止めることは出来ないよ

      13
      • 名無し
      • 2022年 5月 25日

      カエサルについては輸出商品で、供与はプロモーション用という面があるので、渡したものをちゃんと使って貰わないと困るんです。
      それに12両しか渡してない。プロモーション用だから。

      もともとロシアの肩持ってたフランスですよ?(あえてフラカスとは言わない。)

      13
      • ザコ
      • 2022年 5月 25日

      どの程度かはわかりませんが、一応タッチパネルで簡単操作らしいですよカエサル。

      また航空戦力で敵を壊滅なんてのは思うほど簡単ではないようで(現にロシア側も出来ていない)、遠距離に比較的安価で大量の砲弾をお届けできる榴弾砲が廃れることは当面ないと思われます。

      10
        • 名無し
        • 2022年 5月 26日

        発射の動画見たらわかるが、メチャクチャ人力筋肉至上主義だぞ。カエサル。
        自走砲の後継ではなく牽引砲の後継だから、個人的には妥協の範囲内とは思うけど。

        7
      • 四凶
      • 2022年 5月 25日

       そんな単純な話でも無いんだけどな。そもそも航空機なんて適切な武装を持った状態で飛行してないと用をなさないってのは馬鹿でも分る話。それが軍種によるものか天候による物か機体状態や航続時間、積載量や敵の防空網と様々な要因がある。

       航空戦力だけで十分ならアメリカ・韓国・トルコ・イスラエル・中国あたりの国からはとっくの昔に榴弾砲なり多連装ロケットは排除されている。

       榴弾は数十キロ範囲内の敵を値段も性能も様々な砲弾を使用して継続した攻撃が可能だから、その条件にマッチすれば低コストで最大の効果を得られる。生身の歩兵は火力も防御力も低く不要な存在とかならないでしょ。歩兵は様々な武器を使用し柔軟に行動出来る機動力があったりして歩兵にしか出来ない仕事がある。

      2
    •  
    • 2022年 5月 25日

    我が国の19式もそうですが、個人的にはこの手の装輪自走砲の実用性には懐疑的なので、ウクライナにおける正規戦でどの程度使い物になるのかはかなり興味深いですね
    自走砲の代わりにはならず、待避壕を備えた牽引砲の方が有用、という結果になりそうな気がしますが

    1
      • 実戦投入済
      • 2022年 5月 25日

      アフガンで実戦に投入されていますし、夜間戦闘にも対応できますよ。
      あと敵から直接攻撃されるというのは用兵の問題であって、カエサル自走砲の問題ではありません。

      10
        •  
        • 2022年 5月 25日

        低強度紛争ならまあその程度の認識になるでしょう
        しかしコメントで書いたように正規戦でどの程度使えるのかという部分が重要で私はその部分しか興味ありません
        正規戦では砲兵の任務において対砲兵戦は最重要です、砲兵が攻撃を受けるのは用兵に問題があるからではなく、起こるべくして確実に起こることです
        低レベルで面倒なのでコメントつけないでください

        2
          • 戦略眼
          • 2022年 5月 25日

          単純に載せただけで、安くて軽いなら分かるが、こんだけ凝っているのは、無駄だと思うぞ。
          少なくともズザナの更改にカエサルは、おかしい。

          1
            • 名無し
            • 2022年 5月 26日

            そんなカエサル凝ってるかな??スウェーデンのアーチャー見てからもう一回コメント欲しいです。

            4
          • hiroさん
          • 2022年 5月 26日

          >低レベルで面倒なのでコメントつけないでください

          随分失礼な物言いですね。
          だったら貴方がコメントなんかしなければ良いだけでしょう。

          9
      • 四凶
      • 2022年 5月 26日

       待避壕があるなら自走だろうが牽引だろうが変わらないと思うが、まさか牽引砲を手押しで待避壕に出し入れするのを想定しているのかな。それだと入り口が複数無ければ効率的な待避は出来ないし、移動する面がどれ位なだらかなのかもあるから生存性に関しては微妙じゃ無いだろうか。
       移動のしやすさや重量軽減を突き詰めたM777でさえ待避可能になるはカエサルの3倍くらい掛かる。相手がまともな装備を持ち発射状態にあるなら1分以内に反撃。平均的な飛翔速度なら24000m離れていても牽引砲が待避可能になる前に着弾する、カエサルなら発射地点から楽勝に逃げられる。
       牽引砲の生存性を最大限上げるなら待避壕内から射撃になるけど、射界とか制限されるし戦線を進むにしても下がるにしても待避壕必須じゃ柔軟性はないと思うけどな。

      8
    • 名無し
    • 2022年 5月 25日

    あんまり本件に意欲的に見えないフランスがわざわざ発表するのは、単にカエサルの販売促進上、バトルプルーフ済みって称号が欲しいだけなんじゃないかなあ。。。

    >自走砲の代わりにはならず
    カエサルは非装甲だから、HE弾やグレネード食らう可能性のあるエリアでは活動しづらいですしね。(前線から下げて置かなきゃならないから、実質射程も減る。)

    6
    • おわふ
    • 2022年 5月 25日

    順調は順調ですが、ロシアの物量と質に対して不足でしょうね。

    燃料と弾薬の不足、対空兵器と航空機はなんとかならないのか?

    3
    • 短い11両編成
    • 2022年 5月 25日

    ずっと前から気になっていたんだけど、侵略してきたローマの将軍(皇帝)「カエサル」という名を、自国の兵器名にしているフランス人の感覚がワカラン。

    東北の企業が開発した兵器に「坂上田村麻呂」って名付けるようなものでしょ?

    3
      • トト
      • 2022年 5月 25日

      フランスも東北も侵略されたという認識がないでしょう。
      そもそも古代ローマは欧州全体のアイデンティティですから。

      7
      •    
      • 2022年 5月 25日

      日本の東半分は大和民族に征服された被支配民だぞ
      それでもありがたがって天皇家や大和民族の神を崇めてるじゃないか

      2
      • hiroさん
      • 2022年 5月 26日

      フランスって「ガリア戦記」当時のカエサルが攻略したガリア人の末裔じゃないんですよ。
      国名の元になったフランク族=ゲルマン民族が祖先となる国民か多いので。

      2
    • 42
    • 2022年 5月 25日

    >既にロシア軍の攻撃を受けて幾つかM777が破壊もしくは損傷しているため

    やはり牽引砲はやられやすいか。そもそもあれは敵が対砲兵戦を仕掛けてこないゲリラ相手の非対称戦のみを考えて空輸のための軽量化を全てに優先したから、敵砲兵の居る正規軍相手じゃ脆弱だわな。
    展開撤収の早さだったら旧式の牽引砲だけど短距離自走用エンジン付きのFH70の方がまだ配慮はされている。
    まあロシアもろくに自走砲持ってなくて牽引砲ばかりだったら、同レベルの争いにはなるんだろうが。

    6
      •  
      • 2022年 5月 25日

      ロシア軍が投入しているのは全てBTGで高度に機械化されていますから自走砲ばかりだと思いますよ

      5
      • 名無し
      • 2022年 5月 26日

      M777最高!というウクライナ側のプロパガンダYouTube喜んで見るんだけど、さんざん自慢したM777をトラックで引いていく映像を見て、それ、出来るの自体はわかってるんですけど、もともとそういう用途でしたっけ?と激しく疑問が湧き上がるwwww

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP