欧州関連

チェコがウクライナに戦車、歩兵戦闘車、榴弾砲、MLRS、対空兵器を供給か

チェコの国防当局者はロイターに対して「数週間前から地上戦闘用の重装備を供給中で戦車、歩兵戦闘車、榴弾砲、多連装ロケットランチャーが含まれる」と明かした。

参考:Czechs ship tanks, rocket launchers, artillery to Ukraine
参考:Словакия предоставила Украине систему ПВО С-300

チェコがウクライナに供給した重装備には戦車、歩兵戦闘車、榴弾砲、多連装ロケットランチャー、対空兵器が含まれる

NATOとの合意に基づきチェコ共和国はT-72M1×5輌とBVP-1×5輌をウクライナに移送したことが視覚的に確認されているが、チェコの国防当局者はロイターに対して「我々は数週間前から地上戦闘用の重装備を供給中で戦車、歩兵戦闘車、榴弾砲、多連装ロケットランチャーが含まれる。チェコが供給した装備の価値は数億ドルに達している」と明かした。

出典:OSINTdefender

さらに別の国防当局者も「様々な対空兵器もウクライナに供給している」とロイターに明かしているが、何をどれだけウクライナに供給したのかについては明言を避けている。

補足:チェコ陸軍がカエサル8×8で更新した後不要になるダナ×26輌をウクライナ陸軍が取得することがロシア侵攻前に決定している。あとチェコ陸軍に在庫に多連装ロケットランチャーがあるのかは不明。

チェコの民間企業「EXCALIBUR ARMY」はスウェーデンから引き取ったBMP-1(旧東ドイツ軍所有)×56輌をウクライナに売却する許可をドイツ政府から得ており、チェコ人の軍事アナリストは「旧ソ連製のStrela-10が鉄道車輌に積み込まれウクライナに向かった。Czechoslovak Group(EXCALIBUR ARMYの親会社)には多くの重装備が近代化されないまま保管されており、これはウクライナ人にとってデメリットではなくメリットだ」と主張しているのが興味深い。

出典:Public Domain

つまり使い方を新たに学ぶ必要があるアップグレードされた旧ソ連製の兵器よりも、オリジナルに近い旧ソ連製の兵器の方が時間のないウクライナ人にとって喜ばれるという意味だ。

因みに「チェコとウクライナは損傷した装甲車輌の修理についても協議を行っている」とロイターは報じている。

出典:Eduard Heger

追記:キーウを訪問中して民間人の虐殺現場(ブチャ)を視察しているスロバキアのエドゥアルド・ヘゲル首相は8日、ウクライナにS-300システム(指揮管制車輌、レーダー車輌、発射機運搬車輌、整備車輌、補給車輌などで構成されたシステム群のこと)を提供したと発表した。

追記:スロバキアがS-300をウクライナに向けて出荷した様子も公開されている。

関連記事:チェコ共和国、ウクライナに提供するT-72とBVP-1の移送を開始
関連記事:ドイツ、チェコが要請していた歩兵戦闘車BMP-1のウクライナ移転を許可
関連記事:祈りと武器を捧げるオーストラリア、ウクライナにブッシュマスターを提供
関連記事:英国防相、ロシア軍を追い出すためウクライナ軍に長距離砲供給を決定
関連記事:ロシア軍、ウクライナ軍のS-300を破壊するため新たな戦術を導入か
関連記事:チェコが特例扱いでウクライナを支援、4,000発の152mm砲弾を無償寄付

 

※アイキャッチ画像の出典:The Joint Multinational Training Command Public Affairs Office / CC BY 2.0 チェコ陸軍のダナ

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ショルツ独首相、ウクライナが要請したマルダー歩兵戦闘車の提供に難色前のページ

英国、装甲車輌やマスティフなどの防護装甲車をウクライナに提供次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ドイツがポーランに再々提案、時間の掛かるレオパルド2A7か、直ぐ用意できるレオパルド1A5か

    南ドイツ新聞は28日、行き詰まったポーランドとの装備提供交渉を打開する…

  2. 欧州関連

    MBDA、HIMARSやM270で使用可能な巡航ミサイルJFS-Mを発表

    MBDAはベルリン航空ショーでHIMARSやM270で使用可能な合同火…

  3. 欧州関連

    伊加もウクライナと協定締結、明文化された今年の軍事支援額は161億ドル以上

    イタリアとカナダがウクライナと安全保障協定を24日に締結、英独仏伊加が…

  4. 欧州関連

    ルーマニアのディンク国防相、将来の装備調達プログラムに韓国を招待

    ルーマニアのディンク国防相は京畿道のイルサンで開催中の「DX KORE…

  5. 欧州関連

    スウェーデン首相、フィンランドが単独でNATO加盟しても良い結果はない

    フィンランドがスウェーデン抜きでNATOに加盟する可能性が高まっており…

コメント

    • おわふ
    • 2022年 4月 09日

    S-300を含む対空車両が入っているのは心強い。

    46
      • zerotester
      • 2022年 4月 09日

      S-300は喉から手が出るほど欲しかったでしょうからね。多連装ロケットランチャーや戦車もありがたいでしょう。チェコグッジョブですもちろん見返りにアメリカなどから兵器が供給されるからこそでしょうけれど。
      最近は気が滅入るニュースが多かったですが、これはとてもいいニュースでした。この調子でいけば戦争の終わりが見えます。

      30
    • 猫鉈
    • 2022年 4月 09日

    S300のはかいされたはっしゃきのがぞうが大量に

      • 猫鉈
      • 2022年 4月 09日

      間違って途中で投稿してしまった…

      S300の破壊された発車機の画像が大量にOryx にあったので追加がないと厳しいのではと思っていたところに朗報ですね。
      この調子でMig29も手に入れられたら安心できるのですが…

      37
    • aaa
    • 2022年 4月 09日

    元東側の国々が積極的に武器を提供してるけど
    西側に配慮してるわけではなさそうだし本気でウクライナを支援してるよね
    元は仲間なのになんでそこまでロシアを嫌うんだろう(笑)

    5
      • バーナーキング
      • 2022年 4月 09日

      ロシア=元は仲間で今は敵
      ウクライナ=元は仲間で明日は我が身

      44
      • 無無
      • 2022年 4月 09日

      はじめから仲間じゃないよ、
      ロシアは旧ソ連諸国や東欧を力で押さえつけていただけ、
      だからいっせいにソ連を抜けて社会主義を棄てた
      とくにスロバキアなんかはスラブ系でメンタリティーがロシアに近いと言われていたが、それでもチェコ動乱の暗い記憶は消え去っていたかったということよ。
      いまロシアに寄っている国とは、要するに政治的に問題があって西側基準についていけない国ばかり
      暴力番長の下にはチンピラばかりということ

      53
      • zerotester
      • 2022年 4月 09日

      今回はチェコが「実は前から供給していました」という話だけれど、同様にポーランドやルーマニアもやってると思えます。ポーランドとか早い時期に戦闘機を供給すると言ったくらい前のめりでしたからね。でもこれらの国はロシア(カリーニングラード含む)が隣国だから「うちが手薄になってます」とは大っぴらに言いにくい。チェコは離れているから言えるという違いでしょう。

      14
        • A
        • 2022年 4月 09日

        既にやってるんでしょうね。
        >カリーニングラード含む…。
        ここにはどの位の戦力が配備されてるのでしょうか。
        ポーランドにしてみたら気になるでしょうね。

      • STIH
      • 2022年 4月 09日

      現在進行形でやってること見たら、ロシアが好きになること自体難しいと思いますが。

      9
      • けい2020
      • 2022年 4月 09日

      東側の国って、ソ連時代にロシアに植民地にされてた様なものだからね
      何十年物の恨みがあるまである

      4
    • くらうん
    • 2022年 4月 09日

    旧東欧諸国の支援体制は素晴らしいな。
    こうやってじわじわとロシアが主張したレッドラインを踏み越えてくことで供給のハードルが下がれば他国も続きやすくなる。
    赤信号みんなで渡れば怖くない。

    33
      • zerotester
      • 2022年 4月 09日

      ロシアの言う「~したら参戦とみなす」なんてレッドラインは気にすること無いんですよ。既に散々「経済制裁は参戦とみなす」「兵器供給は参戦とみなす」と何度も使ってて効果無くなってます。ロシアのほうがNATOにガチ参戦してほしくないのだからロシアからエスカレーションはできない。

      25
        • A
        • 2022年 4月 09日

        ロシアの手札で残っているのは核位でしょうか。
        残った札が解っているってのはある意味対応しやすいのかな。

          • けい2020
          • 2022年 4月 09日

          対応しやすいというか、対応方法が無いから諦めてるまであるかも

          数発なら対応可能でも全力核攻撃始めたらどうしようもないので、
          そうなる前になし崩し的に、ロシアを完全に滅ぼしたいって国だらけになってる感じです

          いまやロシアで価値があるのは資源だけになってますし、他は一切いらないまでになってるのが大きい

          4
      • perorin
      • 2022年 4月 09日

      ソビエト連邦が再結集して
      ロシアと戦うってシュールな展開ですね

      9
        • A
        • 2022年 4月 09日

        ロシア抜きのワルシャワ条約機構って感じですね。

        12
    • 折口
    • 2022年 4月 09日

    さすが、ロシアの脅威を真剣に受け止めている国だけあって大盤振る舞いですね。

    気になるのは車両整備の協議のところ。実際、供与した車両の重整備を必ずしもウクライナ国内だけでやる必要ないんですよね。軽微な故障はともかく、大破した車両の再生なんかはポーランドやスロバキア国内のメーカー設備に持ち込んでしまうという手もある訳ですし。何ならそういった非交戦国にドイツや米国のメーカーが仮の整備拠点を作ってしまってもいいんですよね(アフガニスタン軍方式)。

    30
      • てつ
      • 2022年 4月 09日

      可能ならば、その整備拠点でウクライナからの避難民を雇って貰えればと思ってしまいます。
      機械整備の技術者は勿論、できない人でも荷物運んだり、食堂でご飯作ったり、事務仕事等はできるでしょうし、何よりやる気がでると思うんですよね。

      24
    • 匿名
    • 2022年 4月 09日

    やはり、東欧諸国は他人事には思えないだろうなぁ
    ウクライナには何とか耐えてもらわないと次は自分達の番だし

    まあ、中にはハンガリーみたいな例もありますが…

    37
    • 匿名さん
    • 2022年 4月 09日

    既に送っていたってのが興味深い

    支援が遅いとは思ってたけど公表してないだけで
    あの手この手で色々やってるのかな

    22
    • tarota
    • 2022年 4月 09日

    この調子だと戦闘機供給も時間の問題かな

    10
    • ああああああ
    • 2022年 4月 09日

    数週間前から…ってロシアの情報部門はいったい何をやっていたんだろう。

    9
      • 無無
      • 2022年 4月 09日

      ナチスドイツ侵攻前から、NKGVやGRUはスターリンにドイツの動向を正確にあげていたが、なぜかスターリンは無視してドイツ軍の侵入を許してしまった
      独裁者とは、部下の言うことすら聞き耳持たないのかと
      今はプーチンがそれ

      12
        • ああああああ
        • 2022年 4月 09日

        こっそり供与を暴いて即反応して恫喝しておけばよかったのに、
        既成事実化されてしまいましたね。

        2
    • 2022年 4月 09日

    チェコ に スロバキア
    ソ連から解放されてから別れても
    対ロシアの思いは一つか……

    しかし謎は侵攻当初に制空権を徹底的に確保しないまま長い車列で軍を進め戦車や装甲車類をやられまくるロシア

    本気で花束歓迎を受けられる気でいたのか…
    実は輸出品に限らず国内配備分の装備もコストダウンのために多くがモンキーモデルの空軍機や戦車や対空兵器で
    制空権を確保しきれず車列の防御もままならなかった… のか……

    旧ソ連圏に残された旧ソ連製の兵器類が本当はとんでもなく優秀だったのか……

    なんにしても目前に迫った物に撃つ肩撃ち対空ミサイルだけでなく
    S-300のようなものが増備されるのはウクライナには心強いだろうな

    15
    • 無能
    • 2022年 4月 09日

    徐々に直接戦闘に参加しなければOKになりつつある
    そろそろ西側兵器の取り扱いを教育するために軍事顧問をポーランドの国境付近に派遣か?

    14
    • BC
    • 2022年 4月 09日

    プラハの春で

    ソ連軍に占領され徹底的に弾圧された

    歴史のあるチェコにとっては
    今回の件は他人事では無いんだろう

    バルカン半島旧ユーゴ紛争もすぐ近くで
    悲惨さを目の当たりにしてるし

    25
    • 下僕
    • 2022年 4月 09日

    NATO諸国から衣類まで含めると膨大な種類と量の物資が援助されてるがロジスティクスは大丈夫なんだろうか?必要とされる物が必要とされる所に供給されてるのかしらん。旧ソ連の152mm砲弾とNATO標準の155mm砲弾とか。コンピュータで仕分けしてるんだろうけど米軍ですらどこに何があるのか分からなくなるから少し心配です。

    5
      • ああああ
      • 2022年 4月 09日

      そこはほらアメリカの財政支援で雇われたPMCが業務委託されているわけですよ

      5
    • 灰色の猫
    • 2022年 4月 09日

    s300は生命線。よかったよかった。
    残念ながら、戦争長期化の見通しが出始めていますが、旧ソ兵器も無限にはないですし、どこかで近代兵器のトレーニングが必要かも知れないですね。

    21
      • STIH
      • 2022年 4月 09日

      そこは徐々になんでしょう。
      チェコが数週間前から武器の供与を始めている、ということが今明らかにされたことから、すでにNATOの兵器の訓練を、国外で始めている可能性だって十分あるでしょう。
      そして、あまり兵器に対して言いたくはないですが、実際に使ってみる以上に手っ取り早い習熟訓練は無いですから、どこかで勢いでNATOの兵器を投入するかもしれません。

      2
        • てつ
        • 2022年 4月 09日

        開戦前後、ウクライナでは士官学校の卒業を繰り上げていた記憶がありますが、高等訓練まで至っていないパイロットや整備士の候補生達は実戦投入できないでしょう。
        彼らを西側に連れ出してF-16等の操縦や整備の訓練を受けさせる事ができれば、前線の戦力をあまり下げることなく西側兵器運用の素地を作る事ができそうですが。
        似たような手法でNASAMSやペトリオットの運用人員を確保できれば、と思います。

        6
      • ああああ
      • 2022年 4月 09日

      スイッチブレードも戦前からアメリカでウクライナ兵がトレーニングを受けていたらしいので、
      アメリカの訓練場に派遣されているウクライナ兵はまだまだいそうですね。

      4
    • ダヴー
    • 2022年 4月 09日

    今はロシアによる東部への第2次攻勢を止めるためにすぐに使えるものが必要だけど、攻勢阻止後の占領地奪還のためには、今の東側装備だけだと足りないだろうな。
    その時はアメリカの本気のレンドリースが見たいものだが果たしてどうなるか。

    (ちなみに東部に送られている部隊は録な再編も補充も受けていないのでは、という話が出てきている)

    6
      • ダヴー
      • 2022年 4月 09日

      追記
      今までウクライナのロシア軍には現地の総司令官不在の状態だったけど、今後は南部軍管区司令が指揮をとることになったらしい。

      6
        • A
        • 2022年 4月 09日

        その人も前線にノコノコやってきてやられちゃったりね。

    • 戦略眼
    • 2022年 4月 09日

    カエサルよりダナの方が良いと思うが。
    最近の自走砲はおかしい。

    2
    • makumaku
    • 2022年 4月 09日

    ホワイトハウスの発表によると、スロバキアからウクライナへのS-300供与は、米国のスロバキアへのパトリオット再配備とのトレードだそうです。スロバキアの後に続く供与国があるといいのですが。
    リンク

    6
    • 短い11両編成
    • 2022年 4月 09日

    チェコ陸軍にあるトヨタのハイラックス450台も供給しちゃえ。

    …ところで、軍用のハイラックスの場合、単位は【台】なのか【両】なのか、一瞬迷った。

    1
    • AAA
    • 2022年 4月 09日

    ポーランドの戦車もウクライナに運んでるのが目撃されてたし
    戦車・装甲車は支援に入ってないと言われてたが単に発表してないだけだったんだろうな

    3
    • 匿名
    • 2022年 4月 09日

    近代化されないまま放置されてるの送るだけで米国が代替品くれるか点数稼げるの聞いたら世界中から旧ソ装備の骨董品集まるしそのジャンクを一括整備するポ領内の再生工場がどんどん巨大化し露軍の物量戦を覆すとそれ戦局決するな
    その時は露軍がポ領内を戦略攻撃するだが戦術核使わんと防空的に無理だね

    2
    • 天孫降臨
    • 2022年 4月 10日

    チェコは自分達の歴史をウクライナに当てはめているのでしょうね。1938年にヒトラーがチェコのズデーテン地方の割譲を要求した際、イギリスとフランスが戦争を回避するために融和的な態度を取った結果、ズデーテン地方はドイツに割譲され、その後ヒトラーはポーランドに飛地となっていた東プロイセンとドイツ本国を結ぶ回廊を要求し、ポーランドが拒否して何が起こったかを。今、ウクライナを軍事支援しなければ、ウクライナ東部や南部はロシアに割譲され、その後ロシアの目はバルト三国に向かい、飛地のカリーニングラードとロシア本国を結ぶ回廊を設置させろと要求してくるでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP