インド太平洋関連

完成した機体の引き渡しはいつ? 韓国空軍の戦闘機KF-16アップグレード作業に遅れ発生か

先月、韓国政府が戦闘機KF-16のアップグレード事業で数千億ウォンの被害を受けたとBAEシステムズを訴えた裁判で敗訴したが、そもそもKF-16のアップグレード作業は一体どうなっているのだろうか?

関連記事:韓国、KF-16アップグレード事業で被害を受けたとBAEシステムズを訴えるも敗訴

H5見出しb

韓国がBAEシステムズとの契約を破棄してロッキード・マーティンと契約を結び直したのが2016年11月だが、より正確に言えば、この契約はFMS方式(対外有償軍事援助)で行われるため韓国が実際に契約したのは米国政府であり、ロッキード・マーティンと直接契約したの米空軍となる。

その米空軍はロッキード・マーティンに対し約12億ドルで韓国空軍が保有する134機のKF-16アップグレード作業を発注済みで、2025年までに全てのアップグレードを終え韓国空軍に引き渡すことになっているが、実際にアップグレード作業の大部分は韓国国内で韓国企業が担当する(※韓国メディアの情報)ことになる。

出典:public domain 韓国空軍のKF-16

補足:韓国が米国政府に支払う総額は19億ドルなので米国政府はFMS手数料として7億ドルを上乗せしていることになる。FMS手数料には引き渡された機器の性能保証や、引き渡しにかかる輸送費用、行政手続きにかかる費用などが含まれていると言われているが非常に謎が多い部分だ。

ロッキード・マーティンはBAEシステムズでアップグレードを受けるため派遣した2機のKF-16を受け取り、テキサス州フォートワースにある工場でアップグレード作業を行い、現在は米空軍と協力して各種能力チェックを受けているらしい。当初の予定では2019年中に韓国側へ引き渡されチェックを受けた後、残りの機体に対する本格的なアップグレードに着手する予定だったのだが未だに引き渡されたという情報は伝わってこない。

一応、2020年から毎年20機程度のアップグレード作業を行い2025年までに134機全ての作業を終える予定だが、このままアップグレードを受けた先行機の引き渡しが遅れればアップグレード全体のスケジュールにも影響を及ぼすことになるが、韓国国防部も韓国メディアも沈黙しているため正直、進捗具合が良く分からない。

韓国のKF-16に施されるアップグレードは搭載レーダーを「AN/APG-83 SABR」にミッションコンピュターをレイセオン製のMMC 7000AHに換装し、戦闘機用ヘッドマウントディスプレイ「JHMCSⅡ(統合ヘルメット装着式目標指定システム)」やBAEシステムズ製のモード5に対応した敵味方識別装置「AN/APX-125」を統合、これまで欠けていた戦術情報の共有を行う「リンク16/TADIL J」も搭載されF-16V仕様に近い存在になる。

遅くても年内には何かしらの動きが出てくると思われるが、もし2020年中に動きがなければ致命的なスケジュール遅延が起きていることになり、コスト超過に陥ることは免れ得ないだろう。

 

※アイキャッチの出典:whitelook / stock.adobe.com

ソースコード提供拒否か? 米陸軍、イスラエル製防空システム「アイアンドーム」調達を中止前のページ

GPS妨害は無意味か? 米空軍、中国製「北斗システム」を偵察機「U-2」が利用中だと明らかに次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    世界で4番目、インドがスクラムジェットによる極超音速飛翔に成功

    インドは極超音速技術実証機(HSTDV)をマッハ6以上の極超音速域で飛…

  2. インド太平洋関連

    インド、露イスカンデルと同じ迎撃回避能力を備えた弾道ミサイルの試射に成功

    インドの国防研究開発機構(DRDO)は22日、ロシアのイスカンデルや中…

  3. インド太平洋関連

    米印2プラス2、米国が印海軍の次期艦上戦闘機にF/A-18E/Fを提案

    米国とインドは27日、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)をインドの首…

  4. インド太平洋関連

    韓国防衛産業界はパニック? 米国、韓国の戦闘機「KFX」へ搭載兵器「供給拒否」を通知

    韓国は国内で開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」に米国製の兵器を統合す…

  5. インド太平洋関連

    第4.5世代戦闘機最強はF-21?Su-35?印空軍の多用途戦闘機調達を巡って米欧露が激突

    輸出可能なほぼ全て(中国製を除く)の第4.5世代戦闘機が名乗りを挙げて…

  6. インド太平洋関連

    マレーシア陸軍、問題を抱えたPT-91Mの耐用年数延長プログラムを検討中

    ポーランド陸軍はウクライナに1個戦車大隊分のPT-91を提供し、第16…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 3月 09日

    KF-16のアップグレードが生きてるって初めて知りました。
    韓国側の予算執行のルールでは、最初に予算化された(つまりは国会で承認された)金額から-30%以上、あるいは+30%以上になったら新規予算です。
    BAEがアメリカから改めてダメ出しされた後、LM(FMS調達)の提示した金額はAN/APG-83 SABRへの換装をしないPhase-1でさえ、その金額を越えてました。
     134機って言ったら所有してるKF-16のすべて、F-16 を合わせると180機 本当にアップデートって実施されてるの?
     ちな、あの自己顕示欲の無茶、高い韓国の日本語版ニュースが来てないのよね。

    1
    • 匿名
    • 2020年 3月 09日

    どんなことでもいいんだが、あの国で何かがスケジュール通りに行われたことがあったら教えて欲しい。

    • 匿名
    • 2020年 3月 09日

    韓国側の諸問題で遅れてるのならまあいいけど、まさかアメリカ側に問題があるのだとすれば、本邦のF-15JSIも改修が遅れるのでは……
    まあ、アメリカ側に問題があるなら政府もメディアもぼろくそにこき下ろすだろうから、たぶん韓国側がまずいんだろうね

    • 匿名
    • 2020年 3月 09日

    多少の改良した所で古い機体の変わりない
    日本もそうだが改良で済ますのはやめて新型を買わんかい新型を
    ちょっと銭を惜しんでも結局は損をするのさ

      • 匿名
      • 2020年 3月 10日

      誰でもどこの国でも財務省が許せば速攻買うと思うぞ

      • 匿名
      • 2020年 3月 10日

      F-16V相当なら最新型と同等ってことになるわけだが

        • 匿名
        • 2020年 3月 11日

        f35お大人買いせよってことよ

          • 全てF-35B
          • 2020年 3月 11日

          F-35は、生産が間に合わないよ。

    • 匿名
    • 2020年 3月 09日

    KFXがあるからF-16なんかいらないんじゃない?

    • 七面鳥
    • 2020年 3月 10日

    これ、思った以上に機体そのものがボロボロで、アップグレードどころじゃねぇ!って作業が停まってるってどっかで聞いた覚えがあります。
    伝聞なのであくまでそのつもりでお願いします。

    3
      • 匿名
      • 2020年 3月 11日

      資産管理番号以外、全て替えればOK。

    • 匿名
    • 2020年 3月 11日

    どうでもいい事ですが「H5見出しb」になってます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP