日本関連

陸上自衛隊、米海兵隊、米海軍、米空軍の「V-22オスプレイ」が編隊を組んで空を飛ぶ

陸上自衛隊が、米国のニュー・リバー海兵隊航空基地で訓練中のV-22オスプレイの様子を公開した。

参考:陸自V-22(オスプレイ)の教育訓練の状況

米海兵隊、米海軍、米空軍、陸自のV-22オスプレイが一緒に空を飛ぶ

ティルトローター方式による垂直離着陸が可能なV-22オスプレイを導入する陸上自衛隊の隊員が、米国のノースカロライナ州、ジャクソンビルにあるニュー・リバー海兵隊航空基地で、米海兵隊から訓練を受けている様子が公開された。

ニュー・リバー海兵隊航空基地には、2000年3月海兵隊向けのMV-22オスプレイを初めて受領した「第204海兵中型ティルトローター訓練飛行隊(VMMT-204)」が配備されている基地で、同飛行隊は7年(3年間の飛行停止期間を含む)の歳月を掛けてオスプレイの訓練方法を確立させた先駆者的存在だ。

2019年3月から同基地へ派遣されている陸上自衛隊の隊員は、第204海兵中型ティルトローター訓練飛行隊からV-22オスプレイの訓練を受けており、米海兵隊、米海軍、米空軍、陸自のパイロットが一緒に飛行し、日米の相互運用性を高めていると陸上自衛隊は説明している。

陸上自衛隊が輸送機として17機導入する「V-22B」は、米海兵隊向けの「MV-22B」と同じタイプだが、今年の3月、日本政府は海外邦人救出や警護活動用として「V-22B」と別に、米空軍特殊作戦コマンドが使用している特殊作戦用「CV-22」輸送機を導入する方針を固めた。

出典:public domain 米空軍所属のCV-22

この特殊作戦用「CV-22」は、米海兵隊向けの「MV-22B」をベースに、AN/APQ-186 地形追従レーダー、AN/ALQ-211電波妨害装置、AN/AAQ-24赤外線ミサイル妨害装置、主翼に新しく燃料タンクなどを追加し、夜間における長距離特殊作戦遂行へ特化した機体だが、もし本気で導入を考えているのなら米国への発注を急がなければならない。

なぜなら、V-22オスプレイの生産ラインは、もう間もなく閉鎖されるかもしれないからだ。

6月にフランスで開催されたパリ航空ショーでボーイングは、V-22オスプレイのバックオーダーが少なくなり「生産の終了が近い」と警告し、V-22オスプレイの購入を検討している顧客は、早めに発注を行う必要があると話した。

ボーイングは、現在までに、米海兵隊向けに360機、米空軍向けに54機、米海軍向けに48機、陸上自衛隊向けに17機の受注・製造を行ってきたが、輸出に関しては「完全に期待はずれ」であることを認めた。

もし、海外の顧客がV-22オスプレイを購入するには、2020年9月までに国防総省の国防安全保障協力局からLOA(FMS契約の受諾書のこと)の発行を受けなければ、先にV-22オスプレイのバックオーダーが尽き、生産ラインが閉じる可能性がある。

FMS契約の手続きは非常に時間が掛かるため、2020年9月までに受諾書発行を受けるためには、恐らく2019年中、もしくは2020年初頭までにオスプレイの購入要求を米国に打診しなければ間に合わないだろう。

ボーイングによれば状況が変わらない限り、これがオスプレイを購入するための「ラストチャンス」と言っている。

果たして日本政府は、生産ライン閉鎖する前までに、特殊作戦用「CV-22」の発注を滑り込ませることが出来るだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:陸上自衛隊

トルコのNATO離脱は許容不可、S-400導入に対する米国制裁は見せかけ?前のページ

初飛行から30周年、B-2爆撃機は米空軍の全世界に対する攻撃能力の象徴次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    米史上2番目の武器取引額、約2.5兆円にのぼる日本向けF-35販売を承認

    米国務省が231億1,000万ドルにのぼる日本向けのF-35販売を承認…

  2. 日本関連

    海外メディアによる分析記事、日本の防衛産業は国際的な場で存在感がない

    ラテンアメリカのディフェンスメディアが日本の防衛産業に対する取り組みに…

  3. 日本関連

    ボーイング、航空自衛隊向けに製造したKC-46A初号機が空中給油のテストに成功したと発表

    航空自衛隊向けに製造したKC-46Aの初号機はワシントン州の上空で米空…

  4. 日本関連

    日本が導入予定の巡航ミサイル「JSM」、F-35Aを使用したテストに成功

    ノルウェー国防省と防衛資材庁は日本が導入を決めている巡航ミサイル「Jo…

  5. 日本関連

    ボーイングによる空自向けKC-46Aのスペアパーツ価格釣り上げ疑惑が浮上、米議会で討議される予定

    ボーイングは空中給油機KC-46Aの開発過程で被った損失を回収するため…

  6. 日本関連

    日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画、競合は仏ゴーウインド級?

    時事通信は4日、日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画していると報…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 18日

    自衛隊は「CV-22」を何機導入予定なんだろ?
    少数だろうとは思うけど

    • 早期警戒機に
    • 2019年 9月 16日

    V-22にE-2Dの機材を積んで、早期警戒機にしてやれば、まだまだ売れるのに。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP