日本関連

海自、もがみ型護衛艦のシステム開発を担う「システムインテグレーションセンター」を開設

海上自衛隊の横須賀地方総監部は今月13日、もがみ型護衛艦等に搭載される艦内システムの開発施設「システムインテグレーションセンター」の開設行事を今月6日に行ったと発表した。

参考:横須賀地方総監部【公式】

横須賀基地の船越地区内にある艦艇システム開発試験棟内に開設されたシステムインテグレーションセンター

海上自衛隊が最大22隻整備する予定の「もがみ型護衛艦」には本格的な省力化技術(約90名で運用可能)や敵のレーダーに捕捉されにくいステルスに配慮した形状を採用するなど新しい技術が多数採用されているのだが、特に同艦の戦闘指揮所(Advanced Integrated CIC)は周囲360°を巨大なモニターで囲み艦の周囲状況をそのまま映し出すことが可能で海外メディアからは「まるでSF映画に登場する宇宙船のブリッジにようだ」と言われている。

このCICの巨大なモニターには多機能レーダーOPY-2や光学複合センサーOAX-3等で収集した情報をリアルタイムな映像と統合して表示させることが可能=つまり拡張現実技術を利用することで状況認識力の拡張や無人機操作が容易に行える仕組みを採用しており、このシステムの開発施設が今月6日に開設されたシステムインテグレーションセンターだ。

横須賀基地の船越地区内にある艦艇システム開発試験棟内に開設されたシステムインテグレーションセンターは従来のテストサイト施設にあった機能を吸収・発展させた施設で、個別に開発が進められてきたシステムの統合を担当、もがみ型護衛艦等の艦内システム開発に使用されるらしい。

横須賀地方総監部が公式のTwitterアカウントにアップした写真にはCICのイメージが映っているのだが、米国で開催された海上兵器の見本市「Sea Air Space 2019」で三菱重工が出展したイメージとは異なり部分的な巨大なモニターと各操作端末しか映っていないので「もがみ型護衛艦」に採用されるCICのイメージとは異なるものなのだろう。

それでも「もがみ型護衛艦」のCICがどのように構成されるのか雰囲気だけは伝わってくるので興味深い写真だ。

関連記事:米メディア、海自の「もがみ型護衛艦」はLCSサイズで柔軟性と攻撃力の両立に成功

 

※アイキャッチ画像の出典:海上自衛隊

緊迫するウクライナ情勢、ロシア軍8.3万人とNATO軍4万人が睨み合い前のページ

カナダ、トルコ製無人航空機に採用されているEO/IRセンサーの輸出禁止を発表次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    RQ-4導入中止を覆したのは安倍政権、イージス・アショア断念の代償として導入継続を決定か

    日本が導入を進めているグローバルホークについて防衛省が2020年春に導…

  2. 日本関連

    日本、ベトナムに対する軍艦の建造技術移転や自衛隊との関係強化で合意

    ベトナムメディアはもちろん海外メディアまで、日本がベトナムに対して軍艦…

  3. 日本関連

    防衛省が整備する自衛隊のUAV戦力、MQ-9やTB2などが導入候補に

    防衛省の予算概要の中でスタンド・オフ・ミサイルの効果的な使用に欠かせな…

  4. 日本関連

    中国海軍の台湾東側海域への展開阻止、日本が石垣島に対艦ミサイル配備を発表

    読売新聞は防衛省は2022年度末までに石垣島へ陸自のミサイル部隊を配備…

  5. 日本関連

    自民党、海外輸出を見据えた次期戦闘機「F-X」開発を日本政府に提言か

    自民党関係者は25日、戦闘機F-2の後継機は将来的な海外輸出を見据えて…

  6. 日本関連

    陸上イージスの代わりに整備するイージス艦、AN/SPY-6がベストなのか?

    陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の代替案として日本政府はイ…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    CICを完全再現した、地上訓練センターは開設しないのかな?
    名実ともにワークシップ艦となるのなら、実物大の訓練施設を設置したほうが、育成効率も練度維持効率的にも良さそうだけども

    21
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      機密との兼ね合いになるけど見世物にもなりそうだな。
      高額なふるさと納税の返礼品に訓練体験とかどーだろう。
      あるいは映画やアニメの制作に協力したりすれば
      聖地巡礼需要も生まれるし再現ツアーなんかも組めるだろう。
      長期的には海自の人材不足解決の一助にもなるかも知れんぞ。

      3
        • 匿名
        • 2021年 4月 14日

        もがみ型だけに最上級の機密ってことですね

        58
          • 匿名
          • 2021年 4月 14日

          旨っ!

          8
          • 匿名
          • 2021年 4月 14日

          山田くーん、座布団2枚持ってきてー!

          9
          • 匿名
          • 2021年 4月 14日

          もう少しで真打ち

          4
        • 匿名
        • 2021年 4月 14日

        長寿と繁栄を

        6
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      長期休暇明けの乗員の再訓練に地上訓練センターを使えれば、実艦を再訓練に回す必要性が減って任務での稼働率を上げられるよね

      12
        • 匿名
        • 2021年 4月 14日

        訓練中は自宅に帰れる、ってのも大きいね。

        12
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    今は円周スクリーンだが、そのうち上空までカバーしたドーム型スクリーンになるのかな

    1
      • A
      • 2021年 4月 14日

      プラネタリウムみたい。

      6
        • 匿名
        • 2021年 4月 14日

        全員がVR付けて何処でも見られる?

        端から見ると異様な光景が・・・・

      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      ヤマトみたいな平面なんじゃね

      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      ヤマトよ永遠にの全天球レーダー室ですね。
      透明な床下にソナー情報も表示するとヤマトになる。

      1
      • 匿名
      • 2021年 4月 15日

      自艦のレーダーやマストからのカメラ画像といった自艦の水平線ベースの画像と
      哨戒機やヘリやドローンからの画像を統合するなら、最低でも2段ディスプレイにして
      下段は自艦基準で水平線までの画像やデータで
      上段はそれに方位や距離を艦首基準でそろえた外部センサーデータの表示になるかと

      RTSでよくある俯瞰視点表示を行うなら、艦首方向にのみデカいディオスプレイかな?

      • 匿名
      • 2021年 4月 17日

      パスカルメイジというのもありましてな。

    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    この「もがみ」の進水式を動画で見た時に初めて同艦の存在を知った。一目見ただけで新造艦の進水式と言う構図よりロシア型や欧州型の沿海戦闘艦と似た印象を強く感じた。

    1
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    批判されるだろうが
    どんなに機密扱いにしてもどうせ中国にとっくに漏れているんだろ?
    いい加減スパイ防止法ぐらい法整備したらどうなんだ?
    いつもネットだけ騒いで
    自衛隊・警察・企業から声が未だに上がらないのがどうかしている

    26
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      自衛官や警察官も当然、不満を持ってる。
      けど法治国家の公務員である以上、今ある法の範囲でしか動けない。
      仕事してないのは議員。

      28
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      スパイ防止法は朝日などの左翼が全力で阻止しようとするだろうね

      19
        • 匿名
        • 2021年 4月 14日

        2F派とか孔迷党が阻止しだすんじゃないかなぁ?
        左翼も阻止するだろうけど

        11
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      金食い虫で時には機密すらぽいぽい投げ捨てる議員達やぞ?
      立場惜しさにもがみ型の情報を売りかねないよ

      7
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    キーボード無いんだね
    手元のパネルに操作盤的なグラフィックが表示されるのか
    タブレットみたいにそれ自体がディスプレイとして機能するのかどっちなんだろう?

    2
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      使う機能によって適切なUIに切り替えられるタッチパネルの利点を活かしてる気がするから、
      そのどちらもな予感はする

      7
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    この方式が上手くいったら次世代の護衛艦やイージス艦に載せるのかな?

    6
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    既にあすかや地上施設で建造や艤装前にシステムは開発試験しているものだとおもていたけど、もがみ型の場合は艤装と平行して開発するのか。

    3
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      既存のCICと相当に異なるって話だし
      乗組員もシステム構築に参加することで、人間と一体化したシステムとして機能するのを目的としてるんじゃないの
      なんか凄い

      9
      • 匿名
      • 2021年 4月 17日

      あと1年足らずで就役だというのに、今からシステムインテグレーションだなんて間に合わないだろう。引用元の記事は間違えていないだろうか。

      こんな調子じゃぁ、就役後もバグだらけでまともに機能しないんじゃないかと心配になる。

      2
        • 2021年 5月 09日

        個々に行っていたものを一つにまとめたという話だから訓練を全く行ってないとは違うんでないかな?

        1
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    やはり海風が強い中に居続けると、毛根にダメージ蓄積するのかなぁ

    2
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    しかしこれでも所詮フリゲート艦だと考えるとなぁ…いや良いんだけれども

    1
      • 匿名
      • 2021年 4月 14日

      これから先のイージス艦もこういうふうになるんじゃない?

      12
        • 匿名
        • 2021年 4月 15日

        運用してみて何か大きな問題が出て「ダメだコリャ」となった時、
        イージス駆逐艦じゃダメージ大き過ぎるからな。
        元が汎用フリゲートなら何かしら問題のない使い道が残るだろうし。

        6
    • 匿名
    • 2021年 4月 14日

    こういうシステムが一般化していくんだろうな

    6
    • 匿名
    • 2021年 4月 15日

    実際に被弾時の問題とか、電力消費問題とか検証してるのかな。後F-35とかでもあるタッチパネルの感度問題とかあんまり物理スイッチなくすのも問題だと思うけどな。あんまり利便性ばかり追求して抗堪力ありませんとかはなしにしてほしい。

    2
    • 匿名
    • 2021年 5月 16日

    未来ずら

    • 匿名
    • 2023年 4月 21日

    MSのホロレンズみたいないがあれば、それでいいんじゃね?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP