軍事的報道

感染経路がミステリー? 仏空母「シャルル・ド・ゴール」での新型コロナ感染者は50人に

フランス国防省は10日、空母「シャルル・ド・ゴール(R 91)」で行われた新型コロナウイルス「COVID-19」感染の有無を調べる検査によって50人が陽性反応を示したことを明らかにした。

参考:Coronavirus sur le Charles-de-Gaulle : trois marins évacués 

空母「シャルル・ド・ゴール」に新型コロナウイルスは何処から持ち込まれたのか?

当初、新型コロナウイルスの初期症状に似た症状を見せているのは40人と発表していたが実際には50人が陽性反応を示した。フランス国防省は新型コロナウイルスに感染した乗組員の健康状態は悪化していないと発表しているが、3人の感染者については「予防的措置」として南フランスのトゥーロンにある軍病院へ移送させている。

ただ空母「シャルル・ド・ゴール」で勤務する乗組員約2,000人を一度に検査するだけの資材や人員が無いため、今回検査を受けたのは全乗組員の3%に相当する66人だけだ。そのため検査が進めば新型コロナウイルスの感染者が増えいくものと予想されている。

そして仏メディアが最も注目しているのは空母「シャルル・ド・ゴール」への感染経路だ。

出典:Pascal Subtil / CC BY-SA 2.0 空母「シャルル・ド・ゴール」の飛行甲板に駐機中の戦闘機ラファール

現在、ポルトガルの沖合を航行中の空母「シャルル・ド・ゴール」が最後に寄港したのは先月の13日のブレスト港で、それ以降に外部と接触するような機会は一切なかったらしい。もしブレスト港寄港時に新型コロナウイルスが艦内に持ち込まれていたなら約14日間といわれる潜伏期間とは計算が合わないためミステリーだと報じている。

しかし空母「シャルル・ド・ゴール」は3月末にデンマークの港で補給を受けており、この時に何らかの形で艦内に新型コロナウイルスが持ち込まれていれば約14日間といわれる潜伏期間とも条件が合致するのだが、フランス国防省はデンマークで乗組員は1人も上陸していないと主張して譲らず、そうなると3月19日から22日まで北海で行われたNATOとの演習しかない。

この演習はフランスの空母「シャルル・ド・ゴール」とNATO加盟国のイギリス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ノルウェー、ベルギー、デンマークから派遣された艦艇によって行われたのだが、3月25日に演習に参加したベルギー海軍のフリゲート艦「レオポルド1世」で新型コロナウイルスに感染した乗組員が確認されおり、演習中の連絡業務でシャルル・ド・ゴールに新型コロナウイルスが持ち込まれたのかもしれないが、あくまで推測の域であり確証は無い。

さらに言えば、このミステリーが解けたところで新型コロナウイルスの艦内感染の抑え込むのに役立つわけでもなく、結局は一刻でも早く母港トゥーロンに帰還して米空母「ルーズベルト」のように原子炉監視の乗組員以外を全て陸に上げで隔離しなければ感染の拡大を食い止めるのは難しいだろう。

 

アイキャッチ画像の出典:Pascal Subtil / CC BY-SA 2.0 空母「シャルル・ド・ゴール」

ボーイングが空中給油機に革命を起こす? KC-46A空中給油作業無人化に繋がる技術を開発前のページ

サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    韓国空軍「F-35より優れ『極超音速飛行』が可能な第6世代機を開発」発言

    韓国空軍は、現在、導入が進められているステルス戦闘機F-35Aよりも、…

  2. 軍事的報道

    日本が導入したE-2Dの滞空性能は8時間超!輸出仕様が装備するフル・ウエット・ウイング

    日本が導入した輸出仕様のE-2Dは「フル・ウエット・ウイング」が装備さ…

  3. 軍事的報道

    自機20ミリ機関砲で自機を撃墜?韓国の戦闘攻撃機「FA-50」に設計上の欠陥

    韓国が開発したと自慢している国産訓練機「T-50」をベースにした戦闘攻…

  4. 軍事的報道

    F-15EXやF-16Vを脅かす存在に? 国産エンジンに換装した中国の第4.5世代機「J-10C」登…

    中国の第4.5世代戦闘機「J-10C」はロシア製よりも性能が優れている…

  5. 軍事的報道

    まだ必要ない? 米議会、海軍の第6世代戦闘機「F/A-XX」予算増額要求を拒否

    米海軍は「F/A-XX」のコンセプト研究だけでなく、高度な次世代エンジ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 11日

    現場には、上層部の把握してない人の動きがあるんじゃないの、それだけ。
    ミステリーなんか基本的には無いよ

    • 匿名
    • 2020年 4月 11日

    中国海軍は、大丈夫なのか?

      • 匿名
      • 2020年 4月 11日

      中国軍、最近やたら元気ですね。

      武漢がヤマを越えたと言っても、国内の感染者が他にいない訳がなく、軍だって同じこと。

      北のミサイルと同じで、強がりかも。

      我が軍に感染者はいないアル!だから示威行為もできるアル!

    • 匿名
    • 2020年 4月 11日

    いや上陸はしなくても空母なら洋上で頻繁に補給受けるだろ
    その時に陸から来た補給要員に移されただけだろ

    • 匿名
    • 2020年 4月 11日

    単に最初に艦内で感染した人が無症状だっただけじゃないの
    それで他にうつせば発症時期なんていくらでもズレるでしょ

    • 匿名
    • 2020年 4月 11日

    物体の表面に付いた飛沫から感染したかな
    人から人とは限らない

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP