欧州関連

生まれ変わるギリシャ空軍、F-16V導入に続いてF-35プログラムへの参加を希望

ギリシャはF-16やミラージュ2000のアップグレードが完了すれば、F-35プログラムに参加することを希望していると訪米中のミソタキス首相が発言した。

参考:Greece Wants To Join F-35 Jet Program – Prime Minister

非常に強力な空軍として生まれ変わろうとしているギリシャ空軍

ギリシャのミソタキス首相は7日、ホワイトハウスでトランプ大統領と会談し、ギリシャはF-35導入に「大変興味を持っている」と述べた。

昨年末、ギリシャは空軍が保有する84機のF-16C/Dを最新のV仕様相当へアップグレードするための契約をロッキード・マーティンと交わしたばかりだが、このアップグレード作業は2024年までに完了する予定で、その後、F-35プログラムに参加することを希望しているとミソタキス首相が発言した。

補足:ギリシャは空軍が保有する12機のミラージュ2000-5MK.2をアップグレードする契約も同時期に契約を交わしている。

出典:Public Domain ギリシャ空軍のミラージュ2000EG

現在、ギリシャ空軍はF-16C/Dを154機、ミラージュ2000を42機(EG×26、BG×4、-5MK.2×12)、F-4E(PI2000)を34機運用しており、F-35Aで更新されるのは恐らくF-4Eだろう。

ギリシャ空軍が運用中のF-4Eは、ドイツが保有しているF-4Fに対して行ったアップグレード(戦闘効率改善(ICE)プログラム)に類似した「Peace Icarus 2000」規格にアップグレードされているが、機体や性能の老朽化が進んでいる。

因みに「Peace Icarus 2000」規格とは、F/A-18A/Bが搭載していた「AN/APG-65」レーダーにAIM-120を運用できる能力を付与した「AN/APG-65(GY)」に換装し、搭載電子機器を新型のものにアップグレードするというもので、AN/APG-66を搭載した日本のF-4EJ改よりもアビオニクス関連の性能は高い。

補足:AN/APG-65は8つの目標を同時追尾することができた。

出典:Radoslaw Maciejewski / stock.adobe.com

ギリシャはF-16やミラージュ2000のアップグレードに約18億ドル(約2,000億円)もの費用を投資することが確定しており、さらにF-35Aの導入を検討するなど航空戦力の強化を急いでいるのには理由がある。

積極的に軍備を拡張している隣国トルコとの間には「キプロス島問題」があり、最近、トルコはキプロス島付近の海底資源発掘を進めているため両国の境界線付近は極度の緊張状態が続き、トルコによる侵犯行為は日常化したといってもよく、いつ軍事衝突が起こっても不思議ではない。

恐らくギリシャとトルコの関係は、日本と韓国の関係よりも数倍は険悪で、一触即発の状態にあると言っても良くいいだろう。

もし、全ての計画が順調に進めば、ギリシャ空軍は非常に強力な空軍として生まれ変わることになる。

計画が順調に進めばの話だが・・・

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain F-35

韓国防衛産業界はパニック? 米国、韓国の戦闘機「KFX」へ搭載兵器「供給拒否」を通知前のページ

実用レベルのレーザー兵器が遂に実用化! イスラエル、レーザーベースの迎撃システム発表次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    フランス、ドイツ、スペインが次世代戦闘機の開発を進めることで合意

    フランス、ドイツ、スペインの3ヶ国が次世代戦闘機の開発を進めることで合…

  2. 欧州関連

    物議を醸すウクライナ人指揮官の訴え、軍は全て誇張されたものだと反論

    あるウクライナ人指揮官は「満足な訓練さえ受けていない新兵が戦場に放り込…

  3. 欧州関連

    米海兵隊のF-35Bが英国に到着、いよいよ英空母の共同使用が始まる

    米海兵隊は英空母「クイーン・エリザベス(R08)」の共同使用(Cros…

  4. 欧州関連

    英国もNATO事務総長や米大統領に同調、ウクライナ侵攻が発生しても軍を派遣しない

    ロシアがウクライナに侵攻しても英国のウォレス国防相は「軍を派遣する可能…

  5. 欧州関連

    戦闘機「タイフーン」の極超音速化?英国、極超音速兵器+推進システム開発に着手

    7月17日、英国のロンドンで始まった「航空宇宙航空会議2019」で英空…

  6. 欧州関連

    ドイツ、極超音速兵器迎撃に対応した仏主導の防空システム開発に参加

    ドイツはフランスが主導する宇宙ベースのセンサー網構築と迎撃ミサイルの開…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    ドイツ空軍よりも強そう(小並)

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    財政大丈夫なのかな?

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    ギリシャの財政ってほぼ破綻状態では?
    でもって、カネを貸してるのはドイツ。
    なんか、ムリゲーな気がする(ドイツの軍需産業が怒る)

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    無い袖は振れませんがな…
    大方、アメリカとトルコの仲違いにつけ込んで、アメリカから援助を引き出す肚でしょうけど。そう上手くいくとは思えませんね。

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    ギリシャはS300運用国ですよね?トルコを例にするなら
    F-35とロシア製SAMを同じ環境に置く事は許されないのでは?

      • 匿名
      • 2020年 1月 11日

      ん?
      ギリシャのS-300は、キプロスが購入する筈だったがトルコが購入に文句を言って来た為、キャンセルしたものをギリシャが購入した経緯がある。
      当然、イスラエルやNATOの訓練に使用されている。もちろん、アメリカにも現物が渡っている筈。
      ただバージョンアップは、受けられない状態である。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP