軍事的雑学

10万個の遺体袋を手配する国防総省、喝采の中で空母ルーズベルトから下船するクロジャー艦長

ブルームバーグは2日、米国防総省はアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)から新型コロナウイルス「COVID-19」に感染して死亡した遺体を入れる「遺体袋(Body bag)」を10万個用意するよう命じられたと報じている。

参考:Pentagon Confirms It’s Seeking 100,000 Body Bags in Virus Crisis

新型コロナウイルスの感染拡大でアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁は遺体袋を10万用意

ホワイトハウスが予測した最も悲劇的なシナリオでは、あらゆる手段を講じても新型コロナウイルスの感染拡大で最大24万人が死亡すると警告しており、もしこれが実際に発生すればウイルスに感染した遺体の処理を軍に行わせることになるだろうと米メディアが報じており、FEMAも国防総省に対し遺体を入れるための「遺体袋」を10万個用意するよう命じた。

国防総省は現時点で保有している5万個の遺体袋備蓄分をFEMAに送る準備を行っているが、備蓄分の遺体袋を全て吐き出したとしてもFEMAの要求「10万個」には到底届かないため製造業者と交渉を進めている。

NY市は全米の中でも新型コロナウイルスが最も猛威を奮っており、4月3日時点で感染者は10万を越え死者は2,800人を超える事態に陥っており(全米の感染者数は26万人、死亡者は6,900を越えている)、もはや民間だけでは手に負えない状況なのは誰の目にも明らかだ。

出典:Radila / stock.adobe.com

NY市の火葬場は急増する死者の遺体に対応するため24時間無休で操業することを決めたが、このペースで死者が増え続ければ当然火葬するのに時間がかかるため遺体の一時保管場所が必要となるが、これだけの遺体を保管できる場所はNY市には無い。

そこでFEMAはNY市に冷蔵トレーラーを85台を送り一時的な遺体保管場所として活用する予定だ。

どちらにしても新型コロナウイルスに感染して死亡した遺体の処理に軍の部隊が投入されるのは時間の問題と見られており、陸軍は遺体を適切に管理するチームやご家族を慰めるための軍属牧師らを集めた「葬儀部隊」を編成中らしい。

米国は今後2週間、最も困難な時期を迎えることになるだろう。

英雄扱いのクロジャー艦長は轟くような歓声の中、空母ルーズベルトから下船

空母ルーズベルトでの新型コロナウイルス「COVID-19」艦内感染を食い止めるため、クロジャー艦長は海軍上層部に対し適切な処置(ウイルスの感染拡大を防ぐため乗組員の大半を上陸させて欲しいという意味)を要請する手紙を送ったため解任されてしまったが、この英雄的な行動は空母ルーズベルトの乗組員から支持されておりクロジャー艦長は轟くような喝采の中で同艦を下船して行った。

別角度の動画

米議会両院の民主党議員は、海軍がクロジャー艦長を解任したことについて議会が正式な調査を行うことを要求しており、対処を間違えれば大きな問題に発展する可能性を秘めている。

 

※アイキャッチ画像の出典:fazが投稿したYouTubeのスクリーンショット

インドネシア、韓国と昨年結んだばかりの209型潜水艦建造契約をキャンセルか前のページ

インドネシア、韓国との契約破棄はトルコからAIP機関搭載潜水艦を調達するチャンス次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|豪州「ステルス無人機」開発を発表!自律飛行による編隊飛行も可能!

    オーストラリア国防省が密かに開発していた「Loyal Wingman」…

  2. 軍事的雑学

    AH-64アパッチか、それともMi-24ハインドか、現時点で最も有能な攻撃ヘリは?

    今回は世界で最も有能な攻撃ヘリは何なのかについての考察記事なのだが普段…

  3. 軍事的雑学

    粋なサプライズ演出? ロシア航空ショーに伝説の戦闘機「SU-47」が登場

    ロシアは現在開催中の「MAKS国際航空ショー」に、伝説の戦闘機「SU-…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|ステルス戦闘機「F-35」は勝手に整備も出来ない?

    日本も導入しているステルス戦闘機、F-35タイプの整備について簡単にま…

  5. 軍事的雑学

    極超音速兵器開発で先行するロシア、原潜から世界で最も非常識な兵器「ジルコン」試射か?

    ロシア海軍は今年1月、マッハ9.0で作動する極超音速対艦ミサイル「ジル…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    うん、マスクもつけずに大勢で密集して大声出してるよね
    これ全員感染するよね(;´・ω・`)
    こいつら頭ちゃんと使えてる…?

      • 匿名
      • 2020年 4月 05日

      きっと感染を望んでいるのでしょう。
      すごい人達です。

      • 匿名
      • 2020年 4月 06日

      で、この乗員たちは上陸しちゃうんですよね?

      • 匿名
      • 2020年 4月 07日

      あらゆる面でアメリカ人らしい映像でほっこりする

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    この喝采してる人達の間で感染しまくってそう

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    未だに誰もマスク付けてなくて草
    中国の一般国民より常識なくても大型空母の乗組員になれるとかアメリカ寛大すぎない?

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    感動巨篇の映画化決定。

      • 匿名
      • 2020年 4月 05日

      コロナが終息しないと、撮影ができないけどな。

      • 匿名
      • 2020年 4月 05日

      ロバートレッドフォード主演のブルレイカーって映画のラストシーンそっくり。
      アメリカ人はこういうの好きだよね。
      (僕も映画なら好きだけれど)

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    欧米ってあんまマスクつける文化ないのかな

      • 匿名
      • 2020年 4月 05日

      無いらしいですよ。
      しかもトイレの後も手を洗わない人が多いと聞きます。
      昔ペストが流行したのに…。

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    この艦長は艦内のコロナ蔓延がもう止められないを見越して英雄視されるうちに足抜けしたんだと思うよ
    手紙送る時点でこうなることは予想してたはずだからね
    解任の真の理由は感染拡大を防止できなかった無能だから、と政府関係者が言ってたけど真相はその通りだと思う
    自分の責任を軍上層部に転嫁することで英雄の名声を得た卑怯者

    人を密集させたらどうなるか分からないはずがないのに、感染爆発が深刻に懸念される今の段階でなおこうやって人が
    大集合するのを許してしまう
    本気で感染対策させる気があるならたとえ自分の花道であっても艦長命令で持ち場待機を厳命するでしょ

      • 匿名
      • 2020年 4月 05日

      まさに其の通りだと思う。
      パニクって指揮能力を失った挙句の行動だったんじゃないかと思う。
      「ケイン号の反乱」の艦長みたいだ。

        • 匿名
        • 2020年 4月 05日

        パニックというかむしろ姑息な計算を感じる
        軍上層部の動きが鈍かったのも事実だろうけど、数十人に手紙送るとか完全にリーク前提のジェスチャーだし、「こうすれば英雄視される」というのを分かっての行動にしか見えない
        俺は貧乏くじ引いただけなのに全責任を被ってキャリア終了なんてまっぴら御免だわ~乗員から死者が出る前に上手いこと世間から叩かれないよう艦長やめとこ!また日の目見られるやろ。みたいな態度
        信用おけない人間だわ

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    >この英雄的な行動は空母ルーズベルトの乗組員から支持されておりクロジャー艦長は轟くような喝采の中で同艦を下船して行った。

    とりあえず、轟かすな
    ウィルスの感染が怖いくせに群衆の中で大声を出すな
    せめて口閉じてろ

  1. チャプレンは軍人です。大体、大尉からスタートします。
    キリスト教のプロテスタントでしたら日本語では「従軍牧師」と表記されるのが良いかと存じます。
    ちなみにカトリックの場合は通常「従軍司祭」となります。

    また、仏教やイスラム教のチャプレンも存在しますので、本来は「従軍僧」や「従軍イマーム」と呼ぶべきかもしれませんが、
    キリスト教も含めて彼らの全てを「チャプレン」と表記されるのが良いと思います。
    長々とすみませんでした。

      • 匿名
      • 2020年 4月 06日

      なるほど知りませんでした。
      新しい知識をありがとうございました。

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    誰にとっての英雄なのだろうこの館長は
    窮状を訴えるのは大切なことだ
    でもそれにかこつけて身の程をわきまえない上層部批判を繰り広げた上に提言自体も大したことを言っていない
    不満の矛先を示し一時の連帯感を生んだという点では愚民たちの英雄と言えるのかもしれない

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    いや普通に英雄でしょう
    コメント欄を読んでると日本との国民性を感じる
    アメリカのヒーロー志向は厳しい判断を迫られた時に真価を発揮する

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    何とも皮肉な真価だ
    まぁその人間本来の価値という意味では、これぐらいがこの艦の乗員のレベルだったのかもな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP