米国関連

米空軍、高価な無人機「MQ-9リーパー」調達を中止し商用無人機を採用か?

米空軍はローエンドの戦いに使用されてきた無人機MQ-9リーパーの調達を中止して、低価格の商用無人機を同機の後継機にあてる計画を検討しているらしい。

参考:Could a commercial drone replace the MQ-9 Reaper? The Air Force is considering it.

無人機MQ-9リーパーはローエンドの戦いに用いるには高価になりすぎた?

米空軍は無人機MQ-9リーパーを2021会計年度予算で24機調達することを要求しているが、それ以降の調達計画は全てキャンセルしたため2021年の契約をもって米空軍向けのMQ-9リーパー製造は終了することになるが、米空軍は同機の後継機を開発していない。

では、米空軍はMQ-9リーパーの後継機を何処から調達する計画なのだろうか?

MQ-9リーパーは米空軍にとって素晴らしいプラットホームでありパイロットをリスクに晒すことなく累計400万時間の運用が行われてきたが、あくまで同機の主戦場は防空システムが未熟な地域での「ローエンドの戦い」であり、これを中国やロシアなどとの「ハイエンドの戦い」に持ち込めば簡単に撃ち落とされる。

出典:public domain 米空軍による無人機の運用風景

さらに戦場環境の変化やローエンドな戦いに対応した無人機が多く登場した現在では、1,500万ドル(約16億円)~3,000万ドル(約32億円)と言われるMQ-9リーパーの調達価格は非常に高価な部類に属し、運用にも多くの手間や人員が必要で、米空軍独自の規格や基準でMQ-9リーパーの後継機を開発すれば必ず同機よりも高価なシステムになると言われており、特に無人機の運用は有人機とは異なり、場合によっては撃ち落とされることを前提にした作戦に投入されることもあるため経済的損失を最小限に抑えるためにも調達価格は非常に重要な要素だ。

以上のような理由から米空軍はMQ-9リーパーの後継機を開発するのではなく、有望な商用無人機企業にまとまった数の発注を与えることで中国製部品を排除した商用無人機を作らせ、軍独自の機能や搭載兵器を統合することで後継機に仕立て上げる計画を検討しているらしい。

ただし2021会計年度予算をもってMQ-9リーパーの調達を打ち切れば、同機の製造に携わる多くのサプライチェーンに影響を及ぼす事になり、暫くの間運用が続けられるMQ-9リーパーの保守に影響が出る可能性が指摘されており、ローエンドの戦場を担当する米国中央軍(中東方面)や米国アフリカ軍からはMQ-9リーパー調達中止を懸念する声が挙がっているため、どのように転ぶのか未知数だ。

出典:Mztourist / CC BY-SA 4.0 中国が開発した軍用無人機 翼竜Ⅱ

因みに米国のMQ-9リーパーを模倣した軍用無人機は多くの国で作られており、中国が開発した軍用無人機「翼竜Ⅰ」はMQ-9リーパーと同じく偵察・監視だけでなく武装することもでき価格が約100万ドル(約1億円)と低価格なため、中国だけでなくサウジアラビアなど9ヶ国が採用した実績があり、後継機の「翼竜Ⅱ」は衛星リンクを備えて長距離での運用が可能になり最大12発の空対地ミサイルを搭載することが可能でパキスタンやUAEなどの国が採用した。

こう見るとMQ-9リーパーが如何にローエンドを主戦場とする無人機の中で高価なのか良く分かり、米空軍がこの分野に掛かるコストを削減したくなるのも頷ける。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain MQ-9リーパー

米空軍の爆撃機戦力は減少の一途、ステルス爆撃機「B-21」完成まで大規模戦争は不可能?前のページ

オーストラリア、中国に対抗するにはステルス爆撃機「B-21レイダー」導入が最適解次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米陸軍の装備調達コストは?M1A2Cは11.5億円、AH–64Eは16.3億円、AMPVは4.2億円…

    中々、知る機会の少ない米国製防衛装備品の単価が最近公開された国防権限法…

  2. 米国関連

    他国の派遣部隊も追随か? 米軍がアフガニスタンに駐留する部隊の撤退を開始

    バイデン大統領は8月31日に設定された米軍の撤退期限を延長しないと決断…

  3. 米国関連

    米商務長官、ロシアの戦車には冷蔵庫向けの半導体が使用されている

    米国のレモンド商務長官は11日、出席した上院の公聴会で「ロシアは食洗機…

  4. 米国関連

    空母不足が続く米海軍、空母打撃群を「空母なし」という異例の編成で派遣

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン(10万3,800トン)」を…

  5. 米国関連

    改善を見せた米空軍機の稼働率が再び後退、爆撃機の稼働率悪化は顕著

    米ディフェンス・メディアのDefenseNewsは14日、空軍の作戦機…

  6. 米国関連

    表面上は横這い実質的には削減? バイデン政権が国防予算案の規模を7,150億ドルと発表

    バイデン政権は今月9日、2022年度予算教書(連邦政府予算案)の一部を…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 3月 15日

    無人機もコモディ化の時代か~……
    ソフトウェアだけ飛躍的に進化する現代って軍事と相性悪いよなぁ

    • 匿名
    • 2020年 3月 15日

    アメリカ軍はは全軍を根源からあらゆる面で見直さないとこれから大変なことになるな
    今も十分状況がひどいが

    • 匿名
    • 2020年 3月 15日

    まさか中国製を購入するとか。
    いやいや韓国製か!

    • 匿名
    • 2020年 3月 15日

    写真の機体は翼竜Ⅱか、なんかアニメみたいにかっこいいマークが機首についてるな。

    • 匿名
    • 2020年 3月 16日

    流石に1億円vs16~32億円だと違いを分析しろとメーカーに突っ込みたくなりますね。会社だったら、じゃあ翼竜IIと同じ装備でいいから同じ値段にしろと言いたくなるところw

      • 匿名
      • 2020年 3月 16日

      中身が翼竜Ⅱと同じになりそう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP