インド太平洋関連

インドネシア、韓国との契約破棄はトルコからAIP機関搭載潜水艦を調達するチャンス

インドネシアメディアは4日、韓国から209/1400型潜水艦を3隻追加導入する契約をキャンセルする可能性が浮上しているが、これはインドネシア海軍の潜水艦調達プログラムが停滞することを意味していないと報じている。

参考:Terancam Batal Beli dari Korsel, Indonesia Sudah Mendapat Pandangan Baru Kerjasama Kapal Selam Canggih dengan Pabrikan U-Boat Jerman

H5見出しb

インドネシアは韓国と昨年、209/1400型潜水艦を3隻追加建造する契約を約11億ドルで締結したが、インドネシアは国防予算が今後縮小されることを踏まえて韓国との契約をキャンセルできないか検討を始めたと米国のThe Diplomatや英国のJanesが報じ、韓国メディアも約1兆ウォンの潜水艦建造契約が紙切れになるかもしれないと危機感を表している。

しかし現地のインドネシアメディアは、これは海軍が進めている潜水艦調達プログラムに遅れや停滞をきたすという意味ではないと報じた。

2019年11月と2020年2月、インドネシア代表団はトルコの招待に応じてトルコ国内でSavunma TeknolojileriMühendislikve Ticaret(STM)が建造中のドイツ製214型潜水艦を見学し、この潜水艦の特徴について説明を受けた。この潜水艦にはインドネシア海軍が切望していたドイツの燃料電池技術が使用されたAIP機関が搭載されており、インドネシアは韓国ではなくトルコと協力すればAIP機関を搭載した214型潜水艦を調達できるかもしれないという展望を伝えている。

韓国も燃料電池タイプのAIP機関を搭載した214型潜水艦をライセンス生産したが、輸出用のライセンス生産は認められていないためインドネシアに214型潜水艦を売ることは不可能だが、トルコはドイツから214型潜水艦の輸出用ライセンス生産が与えられているため、インドネシアメディアが伝えたAIP機関を搭載した潜水艦を調達するため韓国からトルコに乗り換えるという展望は非常に現実的な見方かもしれない。

そうなると国防予算の縮小が原因で韓国との契約をキャンセルするというポーズは、あくまで契約キャンセルを韓国側に納得させるための口実でしか無い可能性が非常に高いが、これと同じ口実でインドネシアは韓国と共同開発している第4.5世代戦闘機KF-Xの開発費支払いを停止しており、こちらも共同開発からの撤退を示唆している可能性が高くなる。

今年1月にはフランスを訪問したインドネシアの国防大臣が、ラファール48機、潜水艦4隻、コルベット艦4隻をフランスから購入したいと発言をして209/1400型潜水艦輸出が危ぶまれたが、韓国の大宇造船海洋は「これは事実ではなくインドネシア側から契約解除通知は受け取っていない」と発表したが、どうやら今回の契約キャンセルは本物で韓国としては約1,000億円の契約が吹っ飛ぶ。

当然、韓国としては受け入れがたいだろうがムン・ジェイン大統領にとっても自身が進める経済政策「新南方政策」でインドネシアを最も重要な国だと位置づけ政策を進めてきただけに、今回の手のひら返しが与える影響は小さくなく、仮にKF-Xからもインドネシアが離脱してしまえば責任問題(現在、インドネシアが負担するはずだった開発費まで韓国側が負担しているにも関わらずインドネシア人技術者受け入れを継続している)に発展するかもしれない。

果たしてインドネシアはトルコ(背後にはドイツがいる)に乗り換えるだろうか?その可能性は非常に高いと管理人は見ている。

 

※アイキャッチの出典:Dmitry Vereshchagin / stock.adobe.com

10万個の遺体袋を手配する国防総省、喝采の中で空母ルーズベルトから下船するクロジャー艦長前のページ

ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国、自走砲「K-9」豪州輸出に向けてコングスベルグとの協力を発表

    韓国のハンファディフェンスは12日、豪州への自走砲「K-9(AS-9)…

  2. インド太平洋関連

    消耗できる強み、段ボールと輪ゴムで作った豪無人機がウクライナで活躍

    オーストラリアが提供する段ボールと輪ゴムで作られた無人機「CORVO …

  3. インド太平洋関連

    第4.5世代戦闘機最強はF-21?Su-35?印空軍の多用途戦闘機調達を巡って米欧露が激突

    輸出可能なほぼ全て(中国製を除く)の第4.5世代戦闘機が名乗りを挙げて…

  4. インド太平洋関連

    韓国はF-35の重整備を何処で受ける?米国、韓国に対し「日本」の整備拠点利用を要請

    韓国で再び、空軍が導入中の第5世代戦闘機「F-35A」の重整備を、一体…

  5. インド太平洋関連

    豪企業、ローエンドの小型UAVを約10ドルで無力化することに成功

    カナダ国防省は高まる小型UAVの脅威に対応するためカウンタードローン技…

  6. インド太平洋関連

    タイ海軍が中国製エンジンをテスト、不合格なら潜水艦契約は打ち切り

    中国がタイ海軍向けに建造を進めている潜水艦エンジン問題は最終局面を迎え…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    一応書いときます
    K-FXの開発費分担は韓国政府:60%、KAI(韓国航空宇宙って企業):40%
     インドネシアの国営企業のK-FXへの開発参加は、契約はKAI(50%)とであり、韓国政府とでは無い
     結果としての分担が 60%:韓国政府、20%:KAI、20%:インドネシアの国営・防衛企業 になってるだけど
    つまり、インドネシアの国営企業が抜けたらKAIの分担がほぼ40%になる(既に支払ったカネもあるから)

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    インド時空とネシア契約には注意せよ、だな

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    イスラム教国に潜水艦の建造技術を与えても大丈夫なのかね?
    トルコもアメリカから離れているのに

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    この先インドネシアに協力する国は出てこなくなりそうな話ですね。アメリカに楯突いてないだけ韓よりはマシか…。

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    新規潜水艦の取得はどの国も苦労しているな
    日本もそうりゅう型後継艦の一番艦が建造中にもかかわらず試験潜水艦に艦種変更された
    設計上の欠陥が判明し実戦には耐えられないと判断されたのだろう

      • 匿名
      • 2020年 4月 06日

      そうりゅう型後継艦(新型1番艦)はそうりゅう型12番艦に変更された
      欠陥を隠すためだーなんてVIPでやってくれ

      • oominoomi
      • 2020年 4月 06日

      そんなデタラメ書いちゃダメですよ。

      2019年8月1日発行の「防衛計画の大綱 中期防衛力整備計画―防衛省・自衛隊」に
      「試験潜水艦の導入 *29SSの種別変更を予定」ってちゃんと書いてあります。

      • 匿名
      • 2020年 4月 07日

      なんだ。世艦も読んでないのか。

      • 匿名
      • 2020年 4月 09日

      内部の人(笑)はこんなところに書き込みしちゃダメでしょう
      妄想なら勝手ですが

    • 名無し
    • 2020年 4月 05日

    韓国もインドネシアも契約は守らないがトルコも相当強かだぞ。
    トルコはアルタイの国産化で製造に不可欠なパワーパックの技術の全部をよこせと言って三菱重工から蹴られた、契約段階でそれを言い出すんだから少しはまともといえるが。
    まあ、3国仲良く喧嘩してくれ。
    こいつらにはかかわらないのが吉。
    三菱も潜水艦輸出専門の造船会社を立ち上げて中深度の沿海用リチウム潜水艦と魚雷を輸出したほうが、MRJを輸出するより上手くいくと思えるんだが。
    世界中で戦闘機と同じくらい潜水艦と魚雷が逼迫している。

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    「H5見出しb」って、なに?

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    H5見出しbとは…?

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    インドネシア「豪州の潜水艦がぺシャッタ、めでたしめでたし」
    シンガポール「218SGを進水したよ 4隻作るよ うちらはイスラエル軍と緊密よ」
    (ドイツ製  2019/02に進水 2,200t X舵 AIP搭載)
    インドネシア「これって、イスラエルのドルフィン-2級じゃあねえか?」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP