米国関連

欧州に追いつく?F-35はアップグレード実行で「第6世代機戦闘機」に到達

ロッキード・マーティンは、最終的にF-35が高度なネットワック機能を備えた第6世代戦闘機までアップグレードされるだろうと話した。

参考:Lockheed hypes F-35′s upgrade plan as interest in ‘sixth-gen’ fighters grows

ロッキードは欧州の第6世代機戦闘機を、真の第6世代機とは見ていない?

パリ航空ショーで第6世代戦闘機が注目を集めている事についてロッキード・マーティンは「第5世代機から第6世代機へは、第4世代機から第5世代機にかけて見られたような“大きな飛躍”が起こる可能性は低く、第6世代機は第5世代機へは“進化の延長線上”程度になる可能性が高い」と指摘し、F-35はアップグレードを行うことで、第6世代戦闘機に到達することを目指していると話した。

出典:Rob Shenk / CC BY-SA 2.0 航空ショーで展示飛行を行うF-22

これは第4世代機から第5世代機への“大きな飛躍”の一つに形状制御技術を用いた「ステルス」の実用化があって、第4世代機から第5世代機へのアップグレードが不可能だが、第5世代機のF-35は、搭載された電子装置のアップグレードを行えば、高度なネットワック機能や、無人機制御、F-35自体の無人機化など、第6世代戦闘機が獲得する能力の追加が可能で、F-35は第6世代機への進化が可能と言う意味だ。

このような将来のソフトウェア的能力向上に対応するため、F-35は、2020年代に予定されている「ブロック4」へのアップグレードの中で、搭載電子機器のリフレッシュが行われる。

Tech Refresh 3と呼ばれる電子機器のリフレッシュで、F-35の頭脳として各種センサー、電子戦、通信、誘導制御、操縦席およびヘルメットディスプレイのデータを処理するための新型の次世代統合コアプロセッサ(ICP)を採用することになっており、これにより情報処理能力は25倍に向上し、将来、ソフトウェアの追加やアップグレードを行う際のマージンを確保する。

出典:Public Domain F-35A

Tech Refresh 3は、2023年、ロット15で製造予定のF-35から組み込まれる予定だ。

F-35のソフトウエア更新は、Tech Refresh 3以降、細分化される予定で、数年に1度ではなく、毎年更新されていく。そのためF-35の能力向上のスピードは、今以上に加速していくはずだ。

この様な技術的な土台を基に、F-35の進化の範囲は、欧州が定義する第6世代機の領域にまで手が届くことになり、ロッキード・マーティンが言うように、第5世代機と第6世代機の間に“大きな飛躍”は無いのかもしれない。

もう少し正確に言えば、欧州の定義する第6世代機と、第5世代機のF-35に、絶望的になるほどの決定的な技術差が無いと言う意味だ。

ロッキード・マーティンが考える第6世代機の定義は別なところにあり、欧州を中心に、第5世代戦闘機をスキップして開発されている第6世代機戦闘機は、せいぜい第5.5世代程度、マーケティングのために「第6世代機戦闘機」と名乗っているだけと、心の中で思っているのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:US Air Force / Airman 1st Class Caleb Worpel

AIM-120を超える長射程実現!米空軍、新型空対空ミサイル「AIM-260」公表前のページ

ドイツ空軍所属のユーロファイター・タイフーン2機、空中で衝突し両機とも墜落次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    これが噂のライトニングキャリア!米海軍、F-35B編成で空母化した強襲揚陸艦「アメリカ」公開

    強襲揚陸艦「アメリカ」は東太平洋上で、13機以上のF-35Bを搭載を搭…

  2. 米国関連

    米メディア、何故これほど多くの国が韓国のK9を購入するのか?

    フォーブスやフォーリン・ポリシーに安全保障分野の記事を寄稿しているマイ…

  3. 米国関連

    米空軍がE-8C/Joint STARSの早期退役を開始、来年9月まで議会が認めた4機を処分

    米空軍は21日、2022年度の国防権限法で認められた対地版の早期警戒管…

  4. 米国関連

    米軍、地球上どこへでも物資を運搬する「輸送用垂直着陸ロケット」研究中

    米輸送軍の司令官であるスティーブン・ライオンズ陸軍大将は今月6日、スペ…

  5. 米国関連

    第2次大戦で使用されたパルスジェットエンジンに復活の兆し、米空軍が利用を検討中

    米空軍は将来の無人機やミサイルの推進システムに第2次世界大戦中のドイツ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 24日

    何が優先して要求されてるかも明確ではないからかも…
    戦闘機も戦車の、ようにお飾り要素が高くなってきているのかもしれない

    • 匿名
    • 2019年 6月 24日

    だいたい第六世代機の定義が決まっていない。
    未だに数十年前の機体が大部分をしめているんだから、ネットワークを持ち高性能なAESAを装備してスーパークルーズが可能なステルスなら対地対空対艦、あらゆる状況で圧倒的に有利に戦える。

    • 匿名
    • 2019年 6月 24日

    そもそも「第5世代機」という呼称がロッキード・マーティンのマーケティングワードで、そこから後付けで第1〜第4.5世代機が定義されてますから、LM社が「F-35をアップグレードすれば第6世代になる」と言ってしまえば終わりですからねぇ。
    ブロック4ソフトウェア+搭載電子機器のリフレッシュでまた使えない在庫保守パーツが出てきそうなので、F-35の兵站システムであるALISが改善されないと「F-35 第6世代機版」は新造機+新造機用保守パーツで買ったほうが手っ取り早くなってしまいそうですが。

    • 匿名
    • 2019年 6月 24日

    それもいいけどF-22のアップグレードもですね…

    • 匿名
    • 2019年 6月 24日

    訓練だとスターファイターでもF15撃墜できてるし、こないだMig21でF16撃墜してるし世代差ってのも絶対的なもんじゃない

    • 匿名
    • 2019年 6月 25日

    やはり実質F-35は第5.5世代戦闘機であると考えるべきなのか。

    • minori252
    • 2019年 6月 27日

    F-35Bのリフトファンを大型の発電機に換装して、そこで得られる大電力を機体外部の指向性エネルギー兵器ポッドで利用することを想像することがある
    こうすると、日本が第六世代戦闘機としてi3ファイターで実現しようとしているinstantな攻撃が可能になる

    この時足りない航続距離は主翼をF-35Cのものに換装して補うとか、そういうことを考えられるのはF-35の面白いところ

    そういう意味ではF-35の拡張性って本当に優れていると思う

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP