米国関連

調達よりも維持する方が大変? 戦闘機「F-22A」は退役にまでに1機約320億円が必要か

国防総省は20日、空軍が運用中の戦闘機「F-22」のメンテナンスを担当するロッキード・マーティンに対し、今後5年間のメンテナンス費用として約70億ドルを支給する契約オプションを行使した。

参考:Lockheed Martin awarded $7bn contract to maintain F-22 fleet

F-22のライフサイクルコストは1機あたり約320億円前後か?

空軍が運用中の第5世代戦闘機「F-22 ラプター」の機体やステルスコーテイングの保守や、予備パーツの安定供給網を維持するための契約をロッキード・マーティンと交わしており、この契約を5年延長し、2032年まで契約を維持するためのオプションを行使すると発表した。

出典:U.S. Air National Guard photo by Senior Airman Bryan Myhr

契約延長に掛かるコストは最大で70億ドル(約7,700億円)と見積もられており、この中にはF-22のミッションコンピュターで使用しているソフトウェアをアップグレードし、空対空ミサイルAIM-120DとAIM-9Xを統合することが含まれている。

能力のアップグレードが含まれているため、純粋な意味での性能や機体の維持費用とは言えないが、それでも5年間契約を延長するのにかかる費用は、1機あたり約38億円(1年あたり約7.6億円)もかかる計算となり、費用の約50%が、F-22のステルスコーテイングを維持するために費やされると言われている。

現在、ロッキード・マーティンは、F-22のステルスコーテイングの耐久性や、再コーテイングを施す際の作業量を減らすための研究に取り組んでおり、その結果次第で費用が大幅に削減される可能性があるが、もし上手く行かなかった場合、空軍は2045年までF-22を運用する予定なので、あと13年分の維持費用として100億ドル以上(約1兆円以上)の費用が必要になる。

出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Malcolm Mayfield

もしそんなことになれば、空軍はF-22の早期退役を行い、浮いた費用で第5世代戦闘機「F-35A」や今後開発される第6世代戦闘機に更新を前倒しするかもしれない。

西側製の戦闘機は、導入から退役するまでの機体運用に掛かる維持費用(ライフサイクルコスト)に機体価格の2倍から2.5倍の費用が必要だと言われており、1億5,000万ドル(約160億円)といわれるF-22は退役するまでに1機あたり約320億円もの費用が必要となる計算になる。

そう考えると、日本が導入しているF-35A(単価90億円仮定)を40年維持するには、1機あたり180億円(1年あたり4.5億円)必要で、F-35Aを105機導入し40年維持するには約1兆8,900億円の費用が必要となる。

あくまで乱暴な計算方法ではじき出した数字なので当てにはならないが、現代の戦闘機は機体購入費用よりも、購入後の維持費用の方が高額になるため、日本が開発する次期戦闘機「F-3」ではライフサイクルコスト削減に取り組む必要がありそうだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force Photo/Master Sgt. Benjamin Wilson

米国、無人偵察機「グローバルホーク」を韓国に引渡すも、肝心の情報収集装置は未搭載前のページ

約80年ぶり? 米海軍、真珠湾攻撃で沈没した戦艦を原潜として復活させる次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米国の危機感、なぜ米国の同盟国は中国から無人航空機を購入するのか?

    米国のミッチェル航空宇宙研究所は無人航空機は航空機であり巡航ミサイルや…

  2. 米国関連

    再掲載|宇宙船?ボーイングが開発したバード・オブ・プレイはステルス機

    ロッキードは1970年代に初めてステルス戦闘機(F-117)の開発を経…

  3. 米国関連

    F-35の価値を守るためロッキード・マーティンが反論、2.5万ドルの運用コストは実現可能

    米空軍がレガシーな航空戦力をF-35Aで更新するという前提を覆してシン…

  4. 米国関連

    圧倒的なロシア軍の火力、ウクライナ軍勝利という希望は失われつつある

    米ワシントン・ポスト紙は10日、予想外の失態を演じたロシア軍は問題点の…

  5. 米国関連

    終わりが見えないF-35の評価試験、フルレート生産を最悪「2021年」まで延期?

    F-35は、2019年中に「フルレート生産」に突入すると見られていたが…

  6. 米国関連

    海中を泳ぐマンタ? 米軍が開発に取り組むステルス機のような無人海中ドローン

    米国の国防総省は全翼機のステルス機を海中に沈めたような無人海中ドローン…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 25日

    X-2はステルスコーティング無しの形状ステルスだけで、F-22並みのステルス性を確保したってのはマジか?

      • 匿名
      • 2019年 12月 25日

      X2は、宇部興産が開発した電波吸収複合材で、機体表面を形成している様です。
      新規開発箇所は、素材で電波吸収+形状ステルスの二段構成なので、コーティングで誤魔化す必要が無かったのでしょうね﹙キャノピーのような流用箇所を除く﹚。

      • 匿名
      • 2019年 12月 25日

      形状ステルスに対しする、構造材ステルスですかね? >電波吸収複合材

    • 匿名
    • 2019年 12月 25日

    5機のF-22をウン十年運用するのと一隻のまや型護衛艦を建造するのどっちがいいのっていう話

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      その比較意味有るの?それ言ったら300人の人件費やらイージスシステムのアップグレードとかその他諸々40年でいくらになるやら。

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      どっちも必要

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    そんなお高いものが、今年ハリケーンで前衛芸術のオブジェみたいになったんだよな。

    1
    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    あれなぁ、お金無いのはわかるけど、そこをケチったがためにもっとでかいしっぺ返しくらうという見本だよねぇ
    そして、地上にあると飛行機は脆いという教訓
    ケチったわけじゃ無いけど我が国の311のf-2とか…

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP