米国関連

ノースロップ・グラマン、B-21の初号機が地上試験に入ったと発表

米空軍のアーマゴスト少将は開発を進めているB-21について「現在6機存在している、6機の組み立ては最近始まったばかりだ」と今年2月に明かしていたが、ノースロップ・グラマンはB-21の初号機が地上試験に入ったと発表した。

参考:First B-21 bomber enters ground testing, ‘on track for first flight’

もう間もなくB-21はエドワーズ空軍基地までの初飛行を行う予定で、その前に式典を執り行う可能性が高い。

米空軍で調達・兵站部門を管轄するダーリーン・コステロ次官補は5日「B-21は初飛行に向けて順調にスケジュールを消化している」と明かし、ノースロップ・グラマン航空部門の責任者を務めるトム・ジョーンズ氏も声明の中で「B-21の初号機が現在地上試験に入った」と述べたため大きな注目を集めている。

出典:U.S. Air Force Courtesy graphic by Northrop Grumman

米DefenseNewsは「パームデールにあるプラント42でB-21の初号機はシステムに電源を入れサブシステムや構造的完成度をチェックしており、機体にステルスコーティングを施す予定だ。今後B-21はエンジンを点火して滑走路の走行テストを行いエドワーズ空軍基地までの初飛行を行うだろう。正式なB-21の飛行テストはエドワーズ空軍基地で行われる」と説明し、ブラウン参謀総長はB-21のロールアウトについて「何か特別なことを行うかもしれない」と述べているので完成を祝う式典が行われる可能性が高い。

因みに米空軍が関係者を招待してB-2を公開したのもパームデール(1988年11月)で、翌年の7月に一般公開している。

関連記事:米空軍、現時点でB-21のプロトタイプは6機存在すると明かす

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force graphic

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ロシア軍は準備した全戦力をウクライナに投入、今後は消耗戦になる可能性前のページ

米第7艦隊、着艦失敗で南シナ海に沈んだF-35Cの回収に成功次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海軍、対潜魚雷を40マイル先に運搬するHAAWCの初期作戦能力を宣言

    米海軍はP-8Aで使用するHAAWCキットの初期作戦能力(IOC)を宣…

  2. 米国関連

    米国がウクライナへの戦車提供を発表、オランダと共同で改修したT-72Bを90輌提供

    米国は4日に総額4億ドルのウクライナへの安全保障支援を発表、西側の技術…

  3. 米国関連

    米空軍が新しい空中給油機の調達方針を発表、KC-46AとA330MRTTが再び競合か

    米空軍はKC-46Aと次世代の空中給油機KC-Zとの間のギャップを埋め…

  4. 米国関連

    米空軍参謀総長、制空権の常時確保を要求する軍事作戦はコスト的に無理

    米空軍のアルヴィン参謀総長は28日「以前のように航空戦力を増強し『何日…

  5. 米国関連

    米空軍、T-7Aレッドホークとは異なる「高度な訓練機」を最低100機調達する計画を発表

    米空軍は今月12日、T-7Aレッドホークとは異なる高度な戦術訓練機を1…

  6. 米国関連

    米国、パトリオットやJDAMが含まれたウクライナ支援パッケージを発表

    米国はパトリオットシステムやJDAMが含まれた18.5億ドル相当のウク…

コメント

    • 戦略眼
    • 2022年 3月 05日

    初実戦参加は、ウクライナかな。

    2
      • 四凶
      • 2022年 3月 06日

      どれだけ高性能だろうが今の戦争でロシアのバックに中国が全面的に出てきて後数年泥沼化しない限りそれは無い。と言うかそこまで行くと、もう東西の全面戦争だろ。

      1
    • かえる
    • 2022年 3月 05日

    ウクライナの話題でもちきりの中、全方位ウォッチを欠かさない管理人さんに呆れる(賛辞

    24
      • 匿名さん
      • 2022年 3月 05日

      ウクライナの話題は食傷気味になってきてる。

      12
        • 匿名さん
        • 2022年 3月 05日

        上の続き。

        だから、こういう話題はありがたいよね。

        7
        • 無無
        • 2022年 3月 05日

        まだまだこれから、首都攻防戦は避けられない
        満腹する前にひと休み

        2
    • dai
    • 2022年 3月 05日

    なんだろう、久しぶりのウクライナ情勢以外、しかも新型の開発話とかちょっとホッとしている自分がいる…。

    18
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP