米国関連

米第7艦隊、着艦失敗で南シナ海に沈んだF-35Cの回収に成功

米第7艦隊は3日、空母カール・ヴィンソンへの着艦失敗で南シナ海に沈んだF-35Cの回収に成功したと発表した。

参考:U.S. Navy Recovers F-35C from South China Sea

中国本土に近い海底からF-35Cの回収に成功したのは吉報

南シナ海に展開中の米空母カール・ヴィンソンに配属されていた第2空母航空団所属のF-35Cは同艦への着艦に失敗、飛行甲板に激突してそのまま海に沈んでしまった。

出典:r/aviation

事故現場(詳細な水没地点は明かされていない)は中国本土に近く、機密の塊であるF-35Cを中国に奪われると困ったことになるため米海軍は機体の回収を急いでいたが、米第7艦隊は「約3,770mの海底から事故機の回収に成功した」と3日に発表して注目を集めている。

米メディアは南シナ海の水深の深さを考慮して「事故機を回収するのに時間(各社によって予測はバラバラだが最低でも数ヶ月以上)がかかるだろう」と見積もっていたので、たった38日間で事故機の回収に成功した事実に驚いている様子だ。

出典:US Seventh Fleet

どちらにしても中国本土に近い海底からF-35Cの回収に成功したのは吉報であり、事故機を調べることで着艦失敗の原因究明も捗ることが予想される。

関連記事:米海軍がF-35C動画流出で乗組員5人を起訴、ただし別件の2件は起訴見送り

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Leon Vonguyen

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ノースロップ・グラマン、B-21の初号機が地上試験に入ったと発表前のページ

ポーランドは英国と関係強化、次期フリゲートにアローヘッド140を採用次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供

    米空軍は2020年、ついに戦闘機「F-22Aラプター」への戦術データリ…

  2. 米国関連

    米空軍のブラウン参謀総長、A-10を2028年までに完全退役させると発言

    米海軍は議会に新規調達を強制されてきたF/A-18E/Fと手を切ること…

  3. 米国関連

    米陸軍の極超音速兵器「LRHW」は2,776km先の目標と交戦可能、日本配備も視野に

    日本配備も噂される地上発射型の極超音速兵器「LRHW:長距離超高速兵器…

  4. 米国関連

    フランスが裏切りだと叫んだ豪原潜導入の舞台裏、残酷な計算結果に基づきオーストラリア優先

    NYタイムズ紙は豪原潜導入の舞台裏について「ある同盟関係と他の同盟関係…

  5. 米国関連

    米海軍がアメリカ級強襲揚陸艦4番艦を発注、米空軍は秘密予算廃止を訴える

    米海軍は4月30日、アメリカ級強襲揚陸艦4番艦(LHA-9)をハンティ…

  6. 米国関連

    米国が新しいウクライナ支援パッケージをまもなく発表、4輌のHIMARSを追加提供

    ロイターは3日「バイデン政権が6.25億ドルのウクライナ支援を4日に発…

コメント

    • おわふ
    • 2022年 3月 05日

    墜落ではなく、すべり落ちて機体が無事だったのかな?

    4
    • 黒丸
    • 2022年 3月 05日

    民間の深海作業支援船か、真っ赤な大型船が那覇軍港に接岸
    リンク
    2月16日に沖縄に寄港して約2週間で回収完了か。
    沖縄から推定現場付近まで移動に12ノットで2日強
    25日ぐらいまでは現場の気象条件よくなさそうだったので天候待ちで、実質1週間の作業かな。
    かなりスピーディなのをみると海中の機体位置はかなりはっきりわかっていたのかな。

    7
      • 匿名
      • 2022年 3月 05日

      仕事が早いですね。
      素晴らしい。

    • 2022年 3月 05日

    カタパルトとフック設備に金は掛かるが
    揚陸艦クラスでも500m程度の直線道路でも運用可能
    個人的には構造が複雑なBよりC推し

    3
      • 全てF-35B
      • 2022年 3月 05日

      カタパルトが大変だから、イギリスはF-35Bにしたんだよね。
      今のカタパルトは、核動力が無いと運用が厳しい。

      5
        • あああ
        • 2022年 3月 05日

        蒸気さえ確保できればいいんだから核動力じゃなきゃダメというわけでもない
        実際カタパルトを装備してた頃の英空母や通常動力時代の米空母は蒸気タービン駆動だった
        現代において主流のガスタービンは蒸気が全然出ないから蒸気カタパルトがあまり現実的ではない
        しかし次世代型カタパルトと目される電磁カタパルトは相応の発電力があればなんでもいいので動力源はあんまり問われない

        7
        • 極実寒帯
        • 2022年 3月 05日

        車輪ロックで溜め込んで からの
        チン寒ロード風の坂を使い飛び立つ
        ロシア風だと安く済むかも

        2
      • Yanti
      • 2022年 3月 05日

      海兵隊のCは揚陸艦での運用を狙っているとか?

    • tofu
    • 2022年 3月 05日

    平和な?ミリネタ記事っていいね

    10
      • pa
      • 2022年 3月 05日

      — こういった抑止力が、(敵味方ともに)戦争をしない理由になるのは、ありがたいと思いました。
      — 浅はかかな。

      3
        • 匿名
        • 2022年 3月 05日

        抑止力として役目を全うして退役する、
        可能であれば、兵器は全てそうあって欲しいですね。
        ウクライナの様に、兵器が本来の役割をこなすのは、意味残念な状況でもあります。

        3
    • 無無
    • 2022年 3月 05日

    中国が先に回収するとか騒いでたのは誰
    そこまでアメリカが間抜けなはずもなく

    3
    • 狸囃子
    • 2022年 3月 05日

    H-IIロケットのエンジンを深海から引き上げたのは、もう20年も前の話か…

    3
    • coke
    • 2022年 3月 05日

    んで、回収の映像もだれかSNSにアップしてくれるんですよね?

    3
    • 703
    • 2022年 3月 05日

    この事故に関して中国では前のシーウルフ級の事故と絡ませて、米軍が海底地形測量の為にワザと海中に沈めた。なんてトンデモな噂も流れていました。
    ウクライナ戦争の報道も完全にロシア寄りで、周りの中国人も皆ウクライナが挑発するのが悪いと言ってますね。現地からは以上です。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP