米国関連

米空軍、現時点でB-21のプロトタイプは6機存在すると明かす

米空軍のアーマゴスト少将は9日、開発を進めているB-21について「現在6機存在している」と明かして注目を集めている。

参考:A Sixth B-21 Raider Stealth Bomber Is Now Being Built

B-21はすでに近代化の努力が組み込まれており、統合可能な新技術を飛行前に追加していく方法は有益でエキサイティング

ケンドール空軍長官は昨年9月に「5機目となるB-21のプロトタイプが製造されている」と明かしていたが、核抑止サミット2022に登場した米空軍のアーマゴスト少将は開発を進めているB-21について「現在6機存在している、6機の組み立ては最近始まったばかりだ」と明かしたため、米メディアは「現行のB-2も開発試験機(EMD)を6機製造したためB-21もプロトタイプを6機用意するのではないか」と報じている。

出典:U.S. Air Force graphic

さらにアーマゴスト少将は「B-21の燃料制御システムにインストールするソフトウェアは非常に複雑だが、デジタル上に再現したモデルのお陰で1度も飛行することなくソフトウェアの開発を行うことができ、これを実際に組み立てた燃料制御システムでテストして設計通り機能することが確認されソフトウェアが完成した」と語り、デジタル・エンジニアリングがB-21の開発プロセスで如何に重要で開発期間の短縮に貢献しているかを強調したが、さらに興味深いのは飛行も完成もしていないB-21のシステム要件がすでに近代化している点だろう。

開発を始めた時点の技術要素で構成されたシステム要件に「新しい追加要素=開発後に出てきた新しい技術や装置など」を組み込む作業を従来の開発プロセスで行うなら「B-21完成後」になるのだが、デジタル・エンジニアリングのお陰で開発途中でも新しい追加要素を組み込みデジタル上でテストを行うことができるためアーマゴスト小将は「B-21はすでに近代化の努力が組み込まれており、統合可能な新技術を飛行前に追加していく方法は本当に有益でエキサイティングだ」と語っている。

出典:U.S. Air Force Courtesy graphic by Northrop Grumman

ただし統合可能な新技術を飛行前に追加できるのはデジタル・エンジニアリングのみの成果ではなく、米空軍が従来とは異なる斬新な開発・取得プロセスでB-21を開発しているためだ。

米空軍の地球規模攻撃軍団(AFGSC)で司令官を務めるティモシー・レイ大将はB-21にJASSM-ERを統合する例を持ち出して「B-2にJASSM-ERを統合するのかかる時間や手間の1/10でB-21はJASSM-ERを統合可能だ、このような素早い開発・取得プロセスは複雑で時間ばかりかかるF-35プログラムの反省に基づきサブシステム統合に関する事前承認をB-21開発を管理するAFGSCが得ているためだ」と明かし、この事前承認によってB-21は各種サブシステムを統合する度に複雑で手間のかかる国防総省の手続きをスキップすることが出来るらしい。

開発・取得プロセスの見直しとノースロップ・グラマンが採用したデジタル・エンジニアリングによってB-21の近代化は「専用デポに送り返すのではなく運用部隊の現場で随時行う体制に移行する」とレイ大将は語っており、ブロック毎に区分された従来方式の大掛かりなアップグレードは「よほどのことがない限り行うつもりはない」と付け加えているのが興味深い点だ。

出典:U.S. Air Force photo by William R. Lewis

つまり長年に渡る兵器開発の過程で失敗やミスを防ぐため設けられた国防総省管轄の各種の手続きや検証・認証プロセスを開発現場に一任、ここにデジタル・エンジニアリングが加わったことでB-21の開発・取得プロセスが大幅に短縮され開発を開始以降も随時新技術を追加する努力が行われているという意味で、この成果について肥大化した兵器開発に批判的なことで有名な下院軍事委員会のアダム・スミス委員長も「F-35プログラムで学んだ教訓を生かしたB-21プログラムは開発予算の超過もなく予定通りにインテリジェントな方法で開発が進んでいる」と称賛している。

因みにB-21の初飛行は2022年中に予定されており、もしかするとB-21の実機が一般向けに公開されるかもしれない。

関連記事:開発が順調なステルス爆撃機B-21、米空軍が新しいイメージイラストを公開
関連記事:開発予算の超過もなく予定通りに進捗、F-35を批判する軍事委員長も称賛するB-21の開発状況

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force graphic

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

韓国のハンファディフェンス、歩兵戦闘車レッドバックの欧州展開を示唆前のページ

ロシア、演習を口実に北京五輪閉幕の前日までウクライナを海上封鎖次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    8月だけで3回目、米国が19番目のウクライナ支援パッケージをまもなく発表

    バイデン大統領は19番目のウクライナ支援パッケージ(8億ドル)を金曜日…

  2. 米国関連

    米海軍がアメリカ級強襲揚陸艦4番艦を発注、米空軍は秘密予算廃止を訴える

    米海軍は4月30日、アメリカ級強襲揚陸艦4番艦(LHA-9)をハンティ…

  3. 米国関連

    米国防総省、ウクライナ軍との戦いで失ったロシア軍の戦力は全体の5%

    米国の国防総省は8日、ロシア軍は準備していた戦力の100%をウクライナ…

  4. 米国関連

    海に戻ってきた世界最大の空母「ジェラルド・R・フォード」、15ヶ月ぶりに大西洋に向け出港

    米海軍は10月25日、空母「ジェラルド・R・フォード」が約15ヶ月ぶり…

  5. 米国関連

    米海兵隊、恒久的に水陸両用戦闘車「AAV」を陸上運用に制限すると発表

    米海兵隊は一時的な水陸両用戦闘車(AAV)の運用制限を「恒久的」に変更…

  6. 米国関連

    移動したのか?後退させられたのか?米爆撃機のグアム前方配備中止が意味するもの

    米空軍はグアム島に配備していた5機の爆撃機「B-52H ストラトフォー…

コメント

    • 黒丸
    • 2022年 2月 10日

    日本が開発するF-3ではデジタルエンジニアリングがうまく使えるかどうかが、第1の課題だが
    デジタルエンジニアリングはできても、開発・取得プロセスの短縮のための開発現場への権限移譲が
    どうできるかだな、できるのかな・・・

    14
      • 匿名
      • 2022年 2月 10日

      デジタルエンジニアリングはMitsubishi SpaceJetですでに使われているし、次期戦闘機のインテグレーション支援の内容の中に「コンピューター・シミュレーションを駆使した設計作業」が含まれているので、大丈夫だと思うよ。

      4
    • 台湾大好き
    • 2022年 2月 10日

    「従来とは異なる斬新な開発・取得プロセス」の中身が「国防総省管轄の各種の手続きや検証・認証プロセスを開発現場に一任」だけのように読めますが、これだと現場判断尊重・官僚主義の打破という極めて旧来的な改善手法な気が。
    まぁ悪い事ではありませんが、デジタルエンジニアリングをいったん脇に置くと、国防総省がどれだけ肥大化/官僚主義の罠に陥っているかを示しているだけのように思えます。

    22
    • ななし
    • 2022年 2月 10日

    開発の成功は防衛省が民と話せる有能なリーダーを官として確保できるかにかかっていると思います。防衛省のReCSや各種大規模シミュレーションなどの開発実績は技術幹部の中の高いリーダー性を持った幹部数人で開発してきた経緯があります。防衛装備庁に再編されたうえで、長年の開発者が定年を迎えていなくなった現在で開発を成功させるにはどこから技術幹部を引き抜くか。どんな人材を指揮官に据えるかにかかっていると思います。

    4
    • samo
    • 2022年 2月 10日

    B-21の開発が順調なだけではなく、B-21そのものの成功を確信してるフシがある
    成功というのは、当初思い描いていた、ただの爆撃機というカテゴリにとどまらず、
    航空兵器として、ひとつの転換点をB-21が迎えるのではないかという予見すら見てだと思う
    でなければ、当初配備機を大きく上回る調達数を関係者が口々に漏らしたりはしないだろう

    13
      • 名無し
      • 2022年 2月 10日

      B-21がこれだけ順調ならB-21ベースのステルス電子偵察機やステルス洋上哨戒機や
      ステルス空中給油機とか派生型をどんどん作って量産効果出しちゃえばいいのに

      6
        • ネトウヨ
        • 2022年 2月 10日

        日本あるあるですが、成功した記憶が無いのでまずは爆撃型だけに集中するのではないでしょうか?

        1
          • くらうん
          • 2022年 2月 11日

          米軍の爆撃機の話なのになぜ日本あるある?

          12
        • samo
        • 2022年 2月 10日

        既存の爆撃機の数を超える数の調達を早々に仄めかし始めてるんで、
        爆撃機だけで使う気はもうなくなってるんじゃないかな?
        派生機として誕生させるのか、マルチロール機になるのかはわからないけれど、
        爆撃機だけで終わりそうではないということは見え始めてる

        6
        • 匿名
        • 2022年 2月 11日

        積荷(弾か油か(偵察)機械か)の種類はあれど、デリバリーするのが仕事ですしね。
        ところでステルス機の飛ぶだけでお金も飛ぶ件…。

        1
      • 匿名
      • 2022年 2月 10日

      >当初思い描いていた、ただの爆撃機というカテゴリにとどまらず、
      航空兵器として、ひとつの転換点をB-21が迎えるのではないかという予見すら見てだと思う

      どんな転換点をB-21が迎えるの?
      B-21は今のところはただの爆撃機でしょ。

    • A
    • 2022年 2月 10日

    そういえば中共のH20とかってどうなってるんだろうか。

    9
      • まかない
      • 2022年 2月 12日

      お手本がまだなので

      3
    • ブルーピーコック
    • 2022年 2月 10日

    あとは実機を飛ばして、初期不良以外で何も無ければ成功か。組み立てで問題起こしてくれるなよ

    1
      • 無無
      • 2022年 2月 10日

      優れた設計、先進的な技術でも、それを作り上げる人間の力が足りないと絵に描いた餅
      近頃アメリカの物造り能力が危ういもんな、不安は消せない

      7
    • 匿名
    • 2022年 2月 10日

    B-21は、どんなデータリンクを積むんでしょうか?
    MADLかな?

    詳しい人教えてください。

    • 匿名
    • 2022年 2月 10日

    戦闘機と爆撃機は、どちらの方が開発が難しいのでしょうか?

    戦闘機の方が開発に要求される技術レベルは高いように思うのですが、どうなんでしょう?

      • tarota
      • 2022年 2月 11日

      そりゃ爆撃機でしょ
      でかい図体で敵地上空で生き残れる生存性が求められる
      昔なら高度や速度、今はステルス、未来はレーザーかな

        • samo
        • 2022年 2月 11日

        そいつ荒らしだから放置しといたほうがいいよ
        他の記事でも荒らし回ってるし、それも一つや2つじゃない

        3
          • 匿名
          • 2022年 2月 11日

          荒らした記憶はないのだが
          事実だけを書いてる。

          あの記事で言い負かされて怒ってるの?

          あと、匿名って複数人いるからね

            • samo
            • 2022年 2月 13日

            高速道路の話をしてるのに延々と走ってる車の話をし続けてたもんね
            マジで話が通じなくてやばかった

            2
    • Yanti
    • 2022年 2月 11日

    こんな事を書いて申し訳ないのだが、

    > 米空軍のアーマゴスト小将は

    記事で3回とも小将って書かれているけど、少将じゃないの?
    ちょっと気になる。

      • バーナーキング
      • 2022年 2月 11日

      意味の分かる誤字脱字ミスタイプの類は丸パクリ避けだと思うのでスルーが吉。
      未だにここの記事を丸パクリした動画を配信してる輩いるからね。
      自分のコメントまでそのまんま使われててドン引きしたわ。

      6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP