米国関連

バイデン政権、独立承認問題に関連して対ロシア制裁を新たに追加

ホワイトハウスは21日、ドネツクとルガンスクの独立承認を受けて「ウクライナ侵攻に用意されていた経済制裁」とは別の制裁をロシアに課すと明かした。

参考:The latest on the Ukraine-Russia crisis

米国はロシアがウクライナに侵攻した際に用意していた制裁とは別物の制裁を準備中

ホワイトハウスのサキ報道官は21日、ロシアがウクライナからの分離・独立を主張するドネツクとルガンスクの独立を承認したことを受けて「バイデン大統領は両地域に対する米国からの新規投資、貿易、資金調達を禁止する大統領令に署名する」と発表した。

出典:Первый канал

サキ報道官は「ロシアの露骨な国際公約違反に関連する追加措置を近日中に発表する」とも述べており、これらの措置はロシアがウクライナに侵攻した際に用意されていた経済制裁とは別物だと説明、EUもドネツクとルガンスクに対するロシアの独立承認を受けて制裁措置を講じると約束したが、ドイツ外務省は独立承認を含む全ての協定を撤回してミンスク合意の枠組みに復帰することを要請している。

因みにロシア連邦議会はプーチン大統領が署名したドネツクとルガンスクに対する支援協定(防衛協力が含まれると予想されている)について「22日の議会で批准手続きを議論する」と述べているため、今さらミンスク合意への復帰を呼びかけたところで大した意味はないだろう。

関連記事:プーチン大統領、ドネツクとルガンスクの独立を承認する法令に署名
関連記事:ロシア大統領府、ドンバス法令署名の意向を仏独首脳に伝達したと発表
関連記事:ドネツクとルガンスクが独立承認を要請、プーチン大統領は本日中に決定を下すと表明

 

※アイキャッチ画像の出典:The White House

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

プーチン大統領、ドネツクとルガンスクの独立を承認する法令に署名前のページ

事実上ウクライナへの侵攻、法令を根拠にドネツクとルガンスクへロシア軍派遣か次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米開発中の新型対空ミサイル「AIM-260」、中露を圧倒する射程300km台実現?

    これまで米国は、AIM-120を改良することで性能を向上させてきたが、…

  2. 米国関連

    中露のミサイルに対する米海軍の回答、空母で運用する艦載機の前方展開

    米海軍航空技術訓練センター(CNATRA)の最高責任者であるグレッグ・…

  3. 米国関連

    フォード級空母の兵器運搬用エレベーター問題、ショックトライアルに間に合わない?

    米海軍は議会や国民に「今年の夏までに空母フォードの兵器運搬用エレベータ…

  4. 米国関連

    米海軍、火災を起こしたワスプ級強襲揚陸艦をスクラップ処分に

    米海軍は今年7月に火災で甚大な被害を被ったワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボ…

  5. 米国関連

    米空軍は爆撃機戦力の40%を失う?任務遂行可能なB-1B爆撃機がほとんど無い

    米国下院議会の委員会は「現時点で、作戦任務を完全に遂行可能なB-1Bの…

  6. 米国関連

    墜落したF-35Cはルソン島の西海域、日本がサルベージ作業に関する航行警報を発表

    米海軍は南シナ海に墜落したF-35Cの位置や引き上げ作業について固く口…

コメント

    • 根拠
    • 2022年 2月 22日

    ロシアは中国と組んでいるので、あまり意味がないきもしなくはないですがね。今、ロシアと中国に対して有効な経済制裁ってどんなのか知っている人います?

    • 匿名
    • 2022年 2月 22日

    国連安保理でロシアの行為を「侵略」と認定し、侵略国ロシアに武力制裁すればいい。
    1990年にクウェートを侵略したイラクに対して武力制裁を行ったのと同じようにすればいい。

      • くらうん
      • 2022年 2月 22日

      国連安保理常任理事国

      米国、ロシア、中国、フランス、英国

      解散。

      21
      • 伝説のハムスター☆☆☆
      • 2022年 2月 22日

      なお常任理事国はロシアな模様

      4
    • G
    • 2022年 2月 22日

    軍事・兵器・経済の東西バランスの崩壊や長年のロシア制裁もあってすでにアメリカ離れが進み、東側陣営やどちらつかずの国が増えている中、ウクライナ侵攻制裁にしろ独立承認制裁にしろ実行したとしてどの程度効果があるのか少なからず疑問ですね
    それにロシアにはダメージを与えることができたとしても、さらに中国の国際シェアを増やし力をつけさせ、同時にインドのロシア製地対空ミサイル導入によるアメリカとの関係悪化のような問題が今後さらに悪い方向にすすむ懸念もあるように思えますし

    5
    • バーナーキング
    • 2022年 2月 22日

    「両地域に対する米国からの新規投資、貿易、資金調達を禁止」
    ロシアに対する、ですらなく対ドネツク・ルガンスク限定かよ。
    何の意味があるんだ…

    10
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP