ロシア関連

ロシア大統領府、ドンバス法令署名の意向を仏独首脳に伝達したと発表

プーチン大統領はフランスとドイツにドンバス関連法令に署名する意向を伝達、これに両首脳は失望を表明したとロシア大統領府が発表した。

参考:Телефонные разговоры с Президентом Франции Эммануэлем Макроном и Федеральным канцлером Германии Олафом Шольцем

プーチン大統領は正式発表に先駆け、フランスとドイツにドネツクとルガンスクの独立を承認する意向を伝達か

ロシア大統領府は「プーチン大統領がフランスのマクロン大統領とドイツのショルツ首相と電話会談を行ったと21日午後9時(現地時間)に発表、プーチン大統領は両首脳に「近い将来、ドンバス関連法令に署名するつもりだ」と伝達したためマクロン大統領とショルツ首相は失望を表明したと大統領府は明かした。

つまりドンバス関連法令に署名するというのは「ウクライナからの分離・独立を主張するドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の独立を承認する法令に署名する」という意味だが、現時点で正式な発表は行われておらず、ペスコフ報道官は「もう間もなくプーチン大統領が国民に対して演説を行う」とだけ明かしている。

因みにフランスのマクロン大統領はプーチン大統領との電話会談後、緊急安全保障会議が招集したらしい。

関連記事:ドネツクとルガンスクが独立承認を要請、プーチン大統領は本日中に決定を下すと表明

追記:国民に対するプーチン大統領の演説が始まった。

 

※アイキャッチ画像の出典:kremlin.ru

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ドネツクとルガンスクが独立承認を要請、プーチン大統領は本日中に決定を下すと表明前のページ

プーチン大統領、ドネツクとルガンスクの独立を承認する法令に署名次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシアのプロパガンダ、ドイツが最大射程499kmのJFS-Mをウクライナに提供

    露メディアは3日「ドイツがHIMARで使用できる最大射程499kmのJ…

  2. ロシア関連

    ロシア軍捕虜もプーチンを嘘つきと非難、ウクライナに徴兵された兵士はいる

    徴兵された息子と連絡が取れない母親の抗議に「ウクライナでの作戦は契約軍…

  3. ロシア関連

    ロシア、演習を口実に北京五輪閉幕の前日までウクライナを海上封鎖

    ロシア政府は実弾を使用した演習のため黒海とアゾフ海を通過する船舶と航空…

  4. ロシア関連

    ロシア軍による海外での武力行使に議会も同意、ドンバスへの正式派遣が濃厚

    ロシア議会はプーチン大統領が要請した「海外での武力行使に関する許可」に…

  5. ロシア関連

    噂されていたターミネーターの実戦投入、ロシア軍が使用したと発表

    露国営メディアは18日、噂されていた戦車支援戦闘車両「ターミネーター2…

  6. ロシア関連

    ステルス戦闘機「Su-57」実戦配備が秒読み?年内にもロシア空軍へ量産初号機引渡し

    露国防副大臣がYu.A.ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航…

コメント

    • うまぴょい
    • 2022年 2月 22日

    プーチン大統領、ドネツク、ルガンスク人民共和国に主権を与える計画だと宣言しました。

    • 名無し
    • 2022年 2月 22日

    結局皆予想されてた通りのクリミアと同じルートでしたね。ミンスク合意の実質独立でなんで満足できないかなぁ。

    4
    • 2022年 2月 22日

    まぁフランスとドイツは最終的に折れて、悪くても経済制裁までしかしないと足元見ているのだろう。
    骨抜きのNATOならウクライナが加盟しても問題は無いし、対外的に”譲歩”したように見えるからアメリカもとやかく言えなくなるわな。
    ただポーランド、バルト三国は防衛上切実で、ロシアと同じぐらいドイツ、フランス、アメリカは恨みを買って何らかの国際防衛機関を新たに作りかねないし、そうなるとアメリカは立場さらに落ちぶれかねないわな。
    そうなると対中国にも影響が出かねない。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP