ウクライナ戦況

ゲパルトの弾薬問題が解決、ノルウェーの協力でドイツが製造企業を確保

ドイツはウクライナに提供するゲパルトの弾薬問題を解決したと報じられており、35mm弾薬を製造できる企業が見つかったらしい。

参考:Bundesregierung sichert Munitionsnachschub für den Gepard

ウクライナ人兵士の訓練も進んでいるため「ゲパルトの引き渡しスケジュール」は今のところ順調

ドイツ政府は「ウクライナに50輌のゲパルトを提供する」と4月末に発表したものの陸軍の在庫ではなく「ラインメタルが保管する退役済みのゲパルトをオーバーホールを行い引き渡す」という意味で、しかもエリコン製機関砲が使用する弾薬についてスイスがウクライナ移転を拒否するなど問題を抱えていたが、ランブレヒト国防相は「7月中に15輌のゲパルトを弾薬6万発と共にウクライナへ引き渡す」と約束した。

出典:Derwatz / CC BY-SA 3.0

この6万発の弾薬はブラジルが提供(30万発の提供に応じたと報じられている)したものだが、50輌のゲパルトを運用する量(仮に30万発提供が本当でも1輌辺り6,000発に過ぎない)としては少なく問題視されてきたものの独Der Spiegel紙は「ノルウェー国防省の協力で35mm弾薬を製造できる企業が見つかった。早ければ来週中にもドイツ国内の射撃場で35mm弾薬の試射が行われる予定だ。ドイツはウクライナに提供するゲパルトの弾薬問題を解決した」と報じている。

因みにドイツは8月末までに30輌(7月15輌+8月15輌)のゲパルトをウクライナに提供すると発表済みで、ドイツ国内でもウクライナ人兵士の訓練が進んでいるため「ゲパルトの引き渡しスケジュール」は今のところ順調らしい。

関連記事:ドイツ、7月中に15輌のゲパルトと弾薬約6万発をウクライナに引き渡す

 

※アイキャッチ画像の出典:Hans-Hermann Bühling / CC BY-SA 3.0

スイスのF-35A導入、反対派が国民投票の実施に必要な署名集めに成功前のページ

量産化に向けて順調なテジャスMK.1A、プロトタイプが初飛行に成功次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    花束で迎えられるウクライナ軍兵士、東部戦線でも次々と拠点を解放

    住民に花束で迎えられるウクライナ軍は順調にオスキル川東岸の拠点解放を進…

  2. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ロシア軍がステポヴェ方向と街の南側で前進

    アウディーイウカ方面で新たに登場した視覚的証拠は「ロシア軍がステポヴェ…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍が次々と拠点を解放、ロシア軍はドニエプル川右岸から撤退を開始

    ドニエプル川右岸地域からのロシア軍撤退に呼応してウクライナ軍は次々と拠…

  4. ウクライナ戦況

    ヘルソンを巡るウクライナ軍とロシア軍の戦い、31日も各地で複数の爆発

    ウクライナ軍とロシア軍はヘルソン州を巡り激しい地上戦を繰り広げており、…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ情報機関が警告、キエフ、ハリコフ、ヘルソンにロシアが侵攻する

    ウクライナ国防省傘下の情報機関は22日、ゼレンスキー大統領など主要な政…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、クリミア西部に配備されたロシア軍のS-400破壊に成功

    ロシア軍占領下のクリミア西部にあるタルカンクート岬付近で計7回の爆発音…

コメント

    • 折口
    • 2022年 7月 10日

    とにかく贈れるものが増えるのは好ましいことだと思います。

    そのうえで、今のウクライナのような戦場環境でゲパードのようなSPAAGがどれくらい役に立つのかというところは興味ありますね。対レーダーミサイルによる長射程攻撃をロシア空軍が実施していないのでアウトレンジで撃破確実とはならないかもしれませんし、むしろ撹乱できない弾幕によって敵攻撃機の低高度爆撃を封じられるかもしれないし、逆にレーダーで検出できないUAVに一方的にやられる可能性も…というのは実際やってみるまで分からないですからね

    10
      • 浅見真規
      • 2022年 7月 10日

      >対レーダーミサイル

      それ、不思議と言えば不思議です。
      もしかしたら、旧ソ連時代に西側に対抗して対レーダーミサイルを造ったものの、その効果・用法を知る技術者や将校が退職してしまって、現在のロシア空軍では誰も知らず、お蔵入りになってるのかもしれないと憶測したくなるくらい不思議です。まあ、既に使用されていてウクライナ軍が対レーダー・ミサイル封じをしている可能性も排除できませんけど。

      4
        • くらうん
        • 2022年 7月 10日

        緒戦のSEADでは使われなかったんですかね

        3
      • ミリオタの猫(やっぱり、アンツィオ…いや、ロシア軍は強い!)
      • 2022年 7月 10日

      Wikipedia情報ですが、ゲパルトはカタールが今冬に開催されるサッカーW杯期間中、テロリストによるドローン攻撃に対処する為に15輌を導入するそうなので、対UAV・ドローン用としての運用が期待されているのかも知れません。

      6
      • 浅見真規
      • 2022年 7月 10日

      侵攻初日にはKh-31P空中発射対レーダーミサイルを使用してたみたいですね。在庫がわずかだったんでしょうかね。
      リンク

      2
    • ミリ猫
    • 2022年 7月 10日

    Redditでもこの話題が談義されていました。
    リンク
    興味深いことに、ノルウェーでもスイス同様に紛争中の国への武器の供与は、禁じられていたそうです。
    リンク
    >>また、ノルウェーには「戦争をしている国には(同盟国でない限り)武器を輸出できない」というルールがあるが、ノルウェー政府は侵攻開始のわずか3日後にそのルールを例外化することに成功した。<<

    日本もこれくらい融通がきけばいいのに。

    20
      • ネコ歩き
      • 2022年 7月 10日

      ノルウェーはNATO加盟国ですから、2月25日のNATO合意に従い義務を果たさねばならない大義名分がありますからね。国際的義務を国内法に優先させたということでしょう。

      8
    • 58式素人
    • 2022年 7月 10日

    ゲパルトは、今回が初実戦なのでしょうか。
    そうならば、今回の実戦でどんな教訓が得られるかですね。
    それにより同種の兵器類の今後が変わってくるのでしょう。
    今回対処する必要があるのは、多分、
    近距離での同時(飽和)攻撃なのだと思っています。

    3
    • sage
    • 2022年 7月 10日

    探知もできずアウトレンジされるだけで兵站や人的リソースの無駄遣いになる可能性もありますが、野戦という究極的な現場で活路を見出せるか期待します でもゲパルトも87式も戦車より大きく見えて存在感は凄いですね 動画を見る限り近くに居ると頼もしいと思います

    9
    • きっど
    • 2022年 7月 10日

    双方ともSu-25が超低空での近接支援を行っている現状、対空機関砲の類が活躍できる条件は整っているのでは?
    超低空では見通し線距離の問題でアウトレンジが出来るとは限らず、逆に偽装された対空火器のキルゾーンに飛び込んで奇襲で叩き落されるのではと

    9
    • 名無し
    • 2022年 7月 10日

    ありがたくないとは言わないが、相変わらずロシアと直接ことを構えたくない姿勢が垣間見えるのがなんとも。ダラダラ長引いて一番損するのはドイツ自身ですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP