ウクライナ戦況

これで4ヶ国目、TB2をウクライナに送るためノルウェー人も資金調達を開始

リトアニア、ウクライナ、ポーランドに続きノルウェーでも一般人がロシア軍と戦うウクライナ軍にTB2を送るため資金調達を開始、1機分に相当する5,500万クローネ(約550万ドル)を集めてウクライナ大使館に寄付する予定だと報じられている。

参考:Norway launches fundraising campaign to buy Bayraktar TB2 for Ukraine

もしポーランドとウクライナでの資金集めが成功すれば、民間人が資金を集めてウクライナに送るTB2の数は計6機になる

リトアニアメディアはウクライナ軍にトルコ製UCAV「バイラクタルTB2」を送るため購入資金500万ユーロを84時間で、ウクライナ人もクラウドファンディングを活用して3日間で3機分に相当する2,000万ドルを集めることに成功、この様な動きにTB2を製造するBAYKARも「ロシア軍と戦うウクライナ軍への連帯に感銘を受けた」と述べて計4機のTB2を無償提供を発表、両者が集めた資金については「別の方法でウクライナ支援に役立てて欲しい」と述べている。

出典:BAYKAR リトアニアに引き渡されるTB2

現在ポーランドでもウクライナ軍にTB2を送るためクラウドファンディング(Bayraktar dla Ukrainy 目標額2,250万PLN/現時点で集まった資金は1,713万PLN)を活用して資金を集めている最中だが、今度はノルウェーがウクライナ軍にTB2を送るため資金調達を開始。

ウクライナ人弁護士のBengt Erik Waldow氏は「リトアニア人も、ウクライナ人も、ポーランド人もTB2を送るため資金を集めており、我々も立ち上がってプーチンと戦うウクライナ軍に連帯を示そう」と訴え、1機分に相当する5,500万クローネを集めるキャンペーン「Norsk Bayraktar-drone til Ukraina」への寄付を募っており、250クローネ以上を寄付(先着1,000人)した人はTB2の機体に名前が記載できるらしい。

出典:spleis Norsk Bayraktar-drone til Ukraina

もしポーランドとウクライナでの資金集めが成功すれば、民間人が資金を集めてウクライナに送るTB2の数は計6機になる。

因みにトルコはウクライナへのTB2販売にロシアが不快感を示した際「もしTB2が欲しければロシアにも売る用意がある(ウクライナ侵攻前の話)」と述べていたが、米CNNの取材に応じたBAYKARは「ウクライナの主権を支持するのでTB2をロシアには売らない」と述べている。

関連記事:ポーランド人、TB2に続き徘徊型弾薬をウクライナに送るため寄付を募る
関連記事:クラファンでウクライナ軍支援、ポーランド人もTB2購入資金の調達を開始
関連記事:BAYKARがTB2を無償提供、ウクライナ人が集めた2,000万ドルは他の支援に
関連記事:BAYKARがウクライナ向けTB2を無償提供、寄付金は人道支援に使って
関連記事:ウクライナ侵攻以降に引渡されたTB2は50機、7月にも新たに到着予定

 

※アイキャッチ画像の出典:BAYKAR

ウクライナ国防相、武器支援に関して非常に良いニュースがあると予告前のページ

ウクライナ軍、ロシア海軍の黒海艦隊を壊滅させる準備を進めている次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、補給を阻害して守備的な戦いをロシア軍に強いている

    英国防省は13日、ノーバ・カホフカ水力発電所と陸地を繋ぐ併用橋について…

  2. ウクライナ戦況

    ロシア軍が再びザポリージャ原発を攻撃、今度は使用済み核燃料を狙い砲撃

    ロシア軍が再びザポリージャ原子力発電所を攻撃、エネルゴアトム社は「露天…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻366日目の戦況、バフムート以外に大きな変化は見られない

    ウクライナ侵攻から1年が経過した366日目の戦況はバフムートを巡る戦い…

  4. ウクライナ戦況

    バフムートの戦い、ウクライナ軍優勢でクリシェイフカ集落の掃討も終盤

    バフムート方面のウクライナ軍はロシア軍を消耗させ続けており、22日~2…

コメント

    • 2022年 7月 19日

    トルコはエルドアンの外交センスはすごいけどこれからのかじ取りはどうするんだろうね…
    S-400の件でアメリカと対立してこの件ではロシアとも対立しちゃってるし
    バイデンの腹の括り具合次第かねぇ…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP