ウクライナ戦況

ポーランド領に着弾したのはウクライナ軍が発射したS-300の迎撃弾か

AP通信は米国当局者の話を引用して「ポーランド領プシェボドゥフに着弾したミサイルはウクライナ軍がロシアのミサイルを迎撃するため発射した迎撃弾だ」と報じており、ポーランドが「どこから発射されたものか分からない」と誤魔化すのも限界だ。

参考:Poland blast caused by missile fired by Ukrainian forces at incoming Russian missile – AP
参考:Minister: Missile which struck Poland may have been S-300 variety

仮にウクライナ側の主張が正しいなら「ロシア軍のS-300がベラルーシからポーランドに向けて発射された」ということになるが、、、

ポーランド領プシェボドゥフに着弾したミサイルについてロシア国防省は「状況を深刻化させるための意図的な挑発だ」と関与を否定、ロシア側の専門家も「ウクライナ軍の使用するS-300の迎撃弾がポーランド領プシェボドゥフに着弾した可能性が高い」と主張、これに反応してゼレンスキー大統領は「ロシアのミサイルがポーランドを攻撃した」と発表、クレバ外相も「ロシアの陰謀論を信じるな、この教訓はMH17撃墜事件でとっくに学んでいるはずだ」と訴えていた。

しかし発見された残骸は「S-300で使用される迎撃弾5V55の48D6モーターの残骸だ」と指摘する声が多く、バイデン大統領も「あの軌道を考えるとロシアから発射された可能性は低い」と明かし、2発着弾したと言われている2発目の爆発現場や残骸の報告が今のところ見つかっておらず、ポーランド外務省がロシア大使召喚を発表したプレスリリースにも「複数の着弾数」について言及がない。

さらにポーランド外務省もドゥダ大統領も「着弾したミサイルがロシア製だった」としか明かしておらず、誰が発射したのかについてはポーランドも米国も口を閉ざしている点が奇妙だったが、AP通信は米国当局者の話を引用して「初期調査の結果、ポーランド領プシェボドゥフに着弾したミサイルはウクライナ軍がロシアのミサイルを迎撃するため発射した迎撃弾だ」と報じており、これまでに確認された情報はロシア側の主張を裏付けるものばかりだ。

極めつけはエストニアのペヴクル国防相も「ポーランドに着弾したミサイルは地対空ミサイル(S-300)だった可能性があり、ミサイルの軌道や射程を考慮するとロシア領内から発射されたものではない」と明かし、ポーランド当局はミサイルの飛翔経路を追尾したNATOのデータと照合すれば詳しいことが判明すると述べているため、仮にウクライナ側の主張が正しいなら「S-300の迎撃弾はベラルーシとウクライナの国境付近からポーランドに向けて発射された」ということになる。

今のところゼレンスキー大統領もクレバ外相も発言を修正しておらず、ポーランド当局の調査結果も発表されていないので何とも言えない。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

ただ状況的にはポーランド領プシェボドゥフに着弾したミサイルの数は2発ではなく1発で、ロシア製のS-300が使用する迎撃弾5V55が運悪くトラクター付近に直撃してポーランド市民2人が死亡、仮に5V55ならロシア領から発射された可能性は低く、NATOのデータと照合してベラルーシ発射が否定されれば「ウクライナ軍のS-300が発射したもの」となり、当然当事国の上層部は既に状況を把握しているはずだ。

果たして誰が本当のことを言っていて誰が嘘をついているのか、このままポーランド当局が「どこから発射されたものか分からない」と誤魔化し続けるのも流石に限界だろう。

関連記事:ポーランド領にミサイル2発が着弾、モラヴィエツキ首相が緊急閣僚会議を召集中
関連記事:ロシア軍発射のミサイルとUAVの数が100発超え、ウクライナ軍が半数以上を迎撃
関連記事:ウクライナ軍はミサイル75発内41発を撃墜、ゼレンスキー大統領は演説で国民を鼓舞

 

※アイキャッチ画像の出典:Командування Повітряних Сил ЗСУ

ウクライナ人を味方につける方法、ロシアと一緒にいる方が良いと思わせる前のページ

敵にとっては正に悪夢、市街戦に特化したイスラエルの対人向け徘徊型弾薬次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ危機、ドネツクとルガンスクの国境をどこに設定してくるのか?

    ウクライナ危機が今後収束に向かうのか、更に危機的なものになるかは独立し…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、イワニフスキー方向でロシア軍を押し戻し支配地域を回復

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは23日「イワニフスキーの南…

  3. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ウクライナ軍を追い出した工場地帯にロシア軍が定着

    アウディーイウカ方面のウクライナ軍は敵を食い止めようと奮戦しているもの…

  4. ウクライナ戦況

    新たな局面に突入したウクライナ侵攻、ドンバスを巡る戦いの現状

    キーウ方面の戦線を縮小したロシア軍が今後戦力を集中させてくるのはドンバ…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、本物の反撃計画を秘匿するため裏切り者を根絶やしにした

    英Guardian紙は10日、鳴り物入りで開始されたヘルソン州の反撃は…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍の反攻、ヘルソン州北部の集落3つをロシア軍から奪還

    ウクライナ軍はロシア軍に占拠されていたヘルソン州北部の集落(Orlov…

コメント

    • tofu
    • 2022年 11月 16日

    こういうのは早めにごめんなさいしたほうがいいと思うけどねぇ
    究極的には責任は結局ロシアに帰結するんだし(侵攻そのものの違法性と、迎撃が政治的に難しい飛行ルートを選んでるという意味で)、その過程でこういう非常に残念な事故が起きるのも時間の問題ではあったわけだし

    再発防止までもし踏み込まれたら厳しいけど
    その辺を言い出したら、じゃあポーランド側からミサイル撃墜してもらうしかないみたいな方に飛び火しかねないし、それを警戒するからこそポーランドも苦しい言い訳をする羽目になってるんだろうけど
    変に誤魔化してたら、陰謀論者やロシア支持者を勢い付かせるリスクもあるわけで

    89
      • nachteule
      • 2022年 11月 16日

       仮に今回のミサイルがロシアが撃った物だとして問題になるなら、ウクライナ以外の国への着弾か飛行ルートが領空侵犯した場合だろう。
       攻撃する以上は撃墜されないようにするのは当然の話でウクライナが自国着弾を阻止すると言うなら他国に迷惑の掛からない範囲での対応するしかない。

       正常な状態であったなら自爆させれば良かったから出来ていない方が問題だろう。ベトナム戦争時代のSAMにすら自爆装置が付いていたのにS-300にそれが付いていないってのは考えにくい。
       北ベトナムと同じで飛行性能上げるために撤去したとかは無いだろう、当たらなかったミサイルがどんな形でアレ自国や他国に落下して痛め見るのは変わらないんだし、アイアンドームが自国F-15を撃墜しそうになってギリギリで自爆させたって話もあるのでそれなりのサイズのSAMには被害を抑えるために自爆装置がある。

       仮に現状での対策とするなら、ミサイルの行き先をしっかり考えて撃つのと最後までミサイルの面倒を見る。どこまでコントロール出来るかは分からないが迎撃弾の軌道を変えて自国内に落ちるようにする(短い射程がさらに短くなる可能性があるから無理だろう)。射点を確保出来ないなら諦める位しか無く、最初の一つだけを再発防止とするしか無いと思う。

      • 七市
      • 2022年 11月 17日

      G20中に起こった事で、オランダの首相が防空戦闘中に起きた不幸で無差別攻撃を仕掛けてきたロシアが悪い!と表明してるから。主要国の空気は彼の発言が共有されてると思うのね。ウクライナの防空システムを強化してあげよう、という国も出てきてる。ゼレンスキーのお詫びを聴く準備が出来てる。
      彼は軍からの報告を信じてるけど、事実確認をしたいから軍の専門家を送らせてくれと言ってる。
      事実確認をして宇軍の非だったら。ごめんなさいをするだろうね。
      役者は空気を読まないとダメだしね。

      1
    • 名無し
    • 2022年 11月 16日

    これに関しては早々にゼレンスキーがごめんなさいしたほうがいいと思うね。残骸からいってS-300から発射なのはほぼ間違いないみたいだし。

    55
    • 戦略眼
    • 2022年 11月 16日

    ウクライナからの流れ弾だろうねえ。
    ロシアからの攻撃で世界大戦にならなかったのは、不幸中の幸いだね。
    亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

    44
    • Rww
    • 2022年 11月 16日

    ウクライナ支援打ち切りからのロシア盛り返し(あるいは泥沼の長期戦の末ロシア勝利)ルートか

    5
    • 伸縮性のあるボクサー型のスパッツに近い装甲車
    • 2022年 11月 16日

    感情論的には西側でもかなり援助してくれてるポーランドにウクライナが嘘を付くとは思えないんだよなぁ

    国際世論を味方につけることに苦心してきたゼレンスキーならここで嘘ついてバレた時どうなるかも知らない筈じゃないし…

    ポーランド大統領の載った飛行機がロシアで墜落して大統領死んだときはいろんな憶測がでたし… やっぱり国際的な調査チームの調査結果を待ちたい 

    調査チームにはプレッシャーが掛かりそう(メーデー民並感)

    29
      • abs
      • 2022年 11月 16日

      そういやありましたよね。
      事故でNY沖に墜落した旅客機を、テロで墜落したと発表してしまった事が。

      5
    • ミリオタの猫
    • 2022年 11月 16日

    これ、下手をすると米国によるウクライナ支援の差し止め(共和党が中間選挙で下院を制する可能性も有りうる為)にも繋がる為、ウクライナも対ロシア強硬派だったポーランドも今更「間違いでした」とは言えない状況なんですよね……
    残念ながら、これでロシアがこの戦争で戦史に残る大逆転勝利を摑む可能性が出て来てしまいました。

    11
      • Q
      • 2022年 11月 16日

      セベロドネツクが陥落したころからミリオタ猫さんはずっと同じことを言い続けていましたね。「残念ながら」とか言ってるけど本音ではロシア勝利を望んでいるように聞こえますよ。

      上院は民主党が取ったし、共和党にもウクライナ支持の議員はいるし、レンドリース法もあるしで親露派の希望通りにはそう簡単になりませんね。

      66
      • クローム
      • 2022年 11月 16日

      以前から大きな出来事がある度にロシア勝利を予想されていますが、毎回話題性はあったもののロシアに有利な実態を伴っておらずそこまで悲観的にならなくてもいいのでは。
      ロシアの大逆転勝利の可能性はあるでしょうけど、ウクライナが優勢を維持しつつ勝利する可能性と比べるとはるかに小さいと思います。

      37
        • 匿名
        • 2022年 11月 16日

        確か、ミリオタの猫さんは海外(西欧?)から書き込みされている方だと記憶するのですが…

        地理的に「対岸の火事」である日本国内の意識とは違って、陸続きなヨーロッパ諸国には「何か一つの要素でいつロシア側へ勢いが転ずるかもしれない」という戦火への危機感が常に漂っているのかもしれませんね…🤔

        3
        • ミリオタの猫
        • 2022年 11月 16日

        成程、それも道理ですね
        ちょっと頭を冷やして来ます

        3
      • STIH
      • 2022年 11月 16日

      そもそもロシアがポーランドからの支援のけん制でウクライナ西部にもミサイルを撃ち込んでいるのが問題なわけで、誤作動や事故でいつかやらかしても不思議じゃない案件です。
      ウクライナはさっさと誤ればよいし、ロシアは自分のせいにされたきゃなければ撃ち込むのをやめればよい話。これで世界がウクライナ非難とか、頭Zな人しか喜ばないでしょう。
      てかアメリカの共和党だって、ホイホイ支援停止できないでしょうよ。アメリカのインフレの原因の一つがロシアの侵攻なんですから。

      25
      • Natto
      • 2022年 11月 16日

      ロシアが勝つより来年に中日ドラゴンズが日本一になる方が確率が高い。

      13
        • 匿名
        • 2022年 11月 17日

        電子化社会でジリ貧な親会社が「販促ツール」としては未だに優秀な球団を手放さない限り、ドラのAクラス常連化(そして優勝へ)は遠い夢なのですね…😢

    • 名無しさん
    • 2022年 11月 16日

    「我が国の迎撃弾がポーランド国民を巻き込んでしまったことを遺憾に思う」

    ウクライナが言うべきは、これ以上でもこれ以下でもないと思いますね。

    47
    • カディロフ上級大将
    • 2022年 11月 16日

    かつてある人は言いました「一発だけなら誤射かもしれない」

    ウクライナがNATOを巻き込むために撃ったのかそれとも普通に誤射だったのかはわからんが
    状況はっきりしないのにイキったことを言った挙げ句嘘がバレるのはすごく恥ずかしいな

    13
    • 匿名
    • 2022年 11月 16日

    更に詳細な検証が必要ですが、先ずは第5条案件にならずに済みそうで何よりです。
    一方で、ここぞとばかりにロシア側が調子付いて、ウクライナ・ポーランドへのネガティブキャンペーンが勢い付いたり、「あからさまでなければウクライナ支援国への破壊工作が通用する」等の誤った受け取り方をしないかが気掛かりですね。

    18
    • K(大文字)
    • 2022年 11月 16日

    こういう展開ですか…見誤っていました。
    ウクライナにはまず、「嘘をつく」というのが西側ではかなり心証を悪くする行動だということを理解して欲しいですね。
    いまロシアがコテンパンに批判されているのも、侵略戦争を起こしているのもさることながら、それに付随して愚にもつかない大嘘を撒き散らしているところも大なので、「似た者同士の醜い争い、関わりたくない」となってしまえばウクライナには損しかない。

    あとよく分からないのが、ポーランドの動き。単なる早とちりの前のめりだったのか、何らかの形でNATO介入に持って行くことを企図していたのか?
    事の全容はまだ不明ですし、であれば関係国の意図というのも測り難くはありますが。
    とりあえずアメリカはつとめて冷静に動いている感じですね。

    32
      • 774rr
      • 2022年 11月 16日

      > 「嘘をつく」というのが西側ではかなり心証を悪くする行動だということを理解して欲しい
      同意でごわす
      順調にヘルソン解放まで出来て、さぁまだまだ行くぞーっ!
      ってタイミングでコレは本当に悲しいね

      12
    • 774rr
    • 2022年 11月 16日

    コレ、2発ともホントにウクライナのミサイルだったら悲惨やね
    ウクライナ側がぱっぱと認めちゃえば良いのに
    ワザとやった訳じゃ無いのは明らかなんだから。。。

    ウクライナが誤射?流れ弾?を認められないと嘘八百のロシアくんとどっちもどっちじゃんって評価になってしまう
    ウクライナの信頼性が揺らぐ
    どう考えてもデメリットのが大きいでしょ

    9
    • 無題
    • 2022年 11月 16日

    こういう事が起きてしまった以上ポーランド領空を通過するミサイルは無条件で撃墜するしかないんじゃないですかね

    6
      • おっさん
      • 2022年 11月 16日

      このミサイルは、ポーランド領空で警戒飛行中のNATO空軍機に補足されてたっていうはなしもあるのですが
      だったら、たとえ撃墜可能地点が自国外(ウクライナ)になるとしても、何故ポーランドはミサイルを撃墜しなかったのか

      4
        • 名無し
        • 2022年 11月 16日

        SAMシステムはそもそも重要な都市や重要な軍事拠点に優先的に配備されるものだし、ポーランドは戦争当事国ではないんだから仮に国境に展開していたとしても常時稼働状態ではないだろうし、ミサイルの迎撃確率は100%なんて事はあり得ない。
        複合的に考えりゃ撃墜できない事自体全く不思議じゃない

        7
    • 猫鉈
    • 2022年 11月 16日

    ウクライナのS300だと仮定して、ポーランドに謝罪すると共に、そもそもロシアがミサイルやドローンで攻撃をしなければ起こらなかった悲劇であることを強調すればウクライナに対する心象をそこまで悪くすることはないのではと思います。
    調査結果次第でやっぱりベラルーシからロシア軍が撃ちましたとなる可能性もあるでしょうが、もしウクライナ側のものであるなら謝罪は早ければ早い方がいいのでないでしょうか。

    13
    • カディロフ上級大将
    • 2022年 11月 16日

    昔SAM Simulatorとかいうゲームを遊んだことあるんだが
    旧ソ連製の地対空ミサイルを操作して防空戦闘ごっこができるゲームでな
    S300はなかったけどそれ以前のモデルはプレイできてコンソール画面には
    ミサイルに自爆信号を送るボタンがあったんだが、S300にはないはずがないだろうし
    自爆機能を使わなかったのはなんでだろうね、まさか本当にウクライナの偽旗作戦とか

    3
      • zerotester
      • 2022年 11月 16日

      自爆機能を実装したら敵に利用させるのではないでしょうか。ロシア製なわけですし。あったとしてもオフにしてそう。

      2
      • タイヤキ
      • 2022年 11月 16日

      ポーランドがロシア大使を召喚したりしているために、ベラルーシからうたれたのはたしかだとは思う。
      ベラルーシからS300でポーランド上空通りウクライナ攻撃する際にウクライナにS300迎撃されて落ちた被害の場合、国際法上じゃ撃ったほうが迎撃したほうには責任なく全責任負うから、ウクライナ迎撃弾が混じっていようがロシアに全責任あるからな。
      アメリカやポーランドだと誰が撃ったか知っているだろうし、ロシアだけがつかっているS300の証拠のデータや部品などの弾道ミサイルの証拠みつかればよいと結論出していないだけだと思う。

      7
    • Q
    • 2022年 11月 16日

    【オランダのルッテ首相は16日、ツイッターへの投稿で、ポーランド東部で発生したミサイルによる爆発について、ロシアによるウクライナへのミサイル攻撃がなければ「発生していなかった」と述べた。(CNN)】

    このオランダ首相の言うことが真理。
    今回の件でロシアの責任を有耶無耶にしようとする親露派の虚言に惑わされてはいけないね。

    67
    • zerotester
    • 2022年 11月 16日

    これだけ見ればまあ失態なのですが、アメリカがミサイルの軌跡などをちゃんとチェックしていることを示したのは意味があると思えます。今後本当にロシアの偽旗作戦などあったときに「これはロシアからのミサイル」とアメリカが言うときの説得力が増します。

    31
    • たけやぶやけた
    • 2022年 11月 16日

    そもそも、あれだけ厳重な監視をしているNATOの目をごまかせるわけがないのだから、早く謝罪した方が傷が浅く済むのだが。

    3
    • class
    • 2022年 11月 16日

    本当にウクライナのの防空ミサイルの誤射が原因なら、
    遺族とポーランドに一刻も早く手厚く謝罪、賠償するべきですね
    嘘をついてポーランドを始めとする西側の対ウクライナ感情が悪化するリスクに比べれば遥かに安く済むと思います
    そもそも元はと言えばロシアがミサイルを撃ったのが原因なので、基本的にはロシアが悪いで済む話です
    ゼレンスキー大統領ならその判断を下せると信じています

    5
      • ホテルラウンジ
      • 2022年 11月 17日

      全部の軌道を知ってるバイデンがあの発言をしてるのでウクライナ側のミサイルと客観的に見えますが、
      ここでゼレンスキーがゼレンスキーらしくない反応をここでしてる事、軌道を全部分かってる筈のNATOが口ごもってる事からミステリーになってますね。
      ゼレンスキーはこういう事を仮に自軍がやらかした場合、隠すタイプには思えない。
      この件については仮に日和って隠したいと思ったとしても、あんなポーランド国境近くの空域をNATOが把握できてないワケが無いから、ミサイルの軌道に嘘はつけないので嘘がつけない事を理解してるはず。
      難民受け入れも含めてポーランドの手厚い協力あってのこの戦争というのは理解してるはずで、
      二人の尊い犠牲が出てしまったとはいえ、ポーランドウクライナ関係を壊すレベルで取り返しがつかなくなるほどの被害が出たわけでも無い。
      だから、「本当にウクライナじゃないかも」の線も考えてしまいます。
      (ロシアが犯人1)ベラルーシなど明らかにウクライナ領じゃない場所からミサイルは発射されてるけどNATOとして参戦したくないからNATOは口ごもってる
      (ロシアが犯人2)発射された場所はウクライナ側であってもロシアが特殊部隊がウクライナ領内に極秘でS300を持ち込んでウクライナが発射したように見せかけた(出来る?w)
      どっちか、というか1じゃないでしょうかね。

      1
    • サラエボ式
    • 2022年 11月 16日

    最初の報道は2発だったけど、これは誤報ってことなの?
    1発目は無かったことにされてるとかはない?(陰謀論脳)

    1
      • 名無し三等兵
      • 2022年 11月 16日

      弾体が分離して2発に見えたのかもしれません。
      先端の迎撃弾とブースターの2つとかにね

    • zz
    • 2022年 11月 16日

    ポーランド程の国が自国内へのミサイルが日々打ち込まれている時に迎撃する権利を行使してるウクライナの事情が分からないわけはないからね ミサイル迎撃が比較的高難易度で確実性も高くはない作戦行動であることの理解はあるだろうし 

    だからウクライナ側は自軍の迎撃ミサイルだったと謝罪すればそれで済むと思う ロシアがあんなところに打ち込んで来なければ何も起きなかった話

    5
    • 通りすがりの動物号
    • 2022年 11月 16日

    単純に、ウクライナの迎撃ミサイルがポーランドに落ちるよう、軌道を誘導した巡行ミサイルがあったのでは?

    インフラ破壊の巡行ミサイルの他に、現在のような混乱を引き起こす目的の巡航ミサイルが混ざっていた気がします。このミサイルだけは超低空で国境付近を飛行し、迎撃ミサイルの射程圏付近で上昇して探知されてから、自爆(?)して迎撃ミサイルをポーランド方面に誘導する。在庫の乏しい誘導兵器を一斉射撃するなら、一発ぐらい、こういう目的の兵器を混ぜてもいい。

    長期戦が前提だから、後からじわじわ効いてくるよう、混乱の種を蒔いておく。。。 プーチンが考えそうな手口に思える(笑)。

    • ぽわうふふ
    • 2022年 11月 16日

    ポーランドのジェシュフ空港に米軍のパトリオット地対空ミサイルが展開してるけど落下地点のプシェボドゥフまで約140キロだから探知できても何かするのは無理ですね。

    • 通りすがりの動物号
    • 2022年 11月 17日

    単純に、ポーランド方面に迎撃ミサイルを誘導する目的の巡行ミサイルが混じっていたのでは?

    在庫の乏しい誘導兵器でインフラを一斉攻撃するとき、その中に、一発ぐらい混乱を生じさせる目的のものが混じっていても不思議ではない。国境に沿って超低空を飛び、迎撃ミサイルの探知圏に入ったら上昇して探知させ、迎撃ミサイルが発射されたら自爆(?)する。うまく行けば迎撃ミサイルはポーランドに落ちる。うまく行かなくても一発ぐらい「目的不明」の攻撃が混じっていれば、相手の疑念を引き起こせる。長期戦だからこそ、後でじわじわ効いてくる「混乱目的」の誘導兵器。
     こういうのを混ぜるのは、いかにもプーチン好みの手法では?

    (なんか、ブラウザがうまく反応しなかったみたいなので、念のため再投稿しました)

    1
      • スポンサー・ドリンク
      • 2022年 11月 17日

      証拠がないので分かりませんが、私もそう思いました。

      1
    • 1
    • 2022年 11月 17日

    ゼレンスキー大統領、「それが我々のミサイルやミサイル攻撃ではないことに疑いの余地はない。我々は調査に参加しなければならない。公平であってほしいし、それが我々の防空システムの使用であるなら、この証拠が欲しい」だそうで。

    • mun
    • 2022年 11月 17日

    ウクライナ軍もさすがに迎撃失敗した対空ミサイルの行方までは把握できないようですが
    把握できないからこそ「やったのはウチじゃないと思う」と、とりあえず主張するのは普通の事でしょう
    逆に言えば、わからないのに「も、もしかしたらウチの迎撃ミサイルかも?もしそうだったらゴメン・・・」
    みたいな弱気な反応を戦時中の国が発表できるはずがありません

    これは西側にとっては白黒つける事が重要な問題とも思えませんし
    西側にしてみれば、どちらにしてもロシアが悪い、という結論になるだけです
    結局はこの件をクローズアップするか否か、という問題でしかなく
    それはお互いが有利か不利かを考えて取捨選択するものです

    侵攻を受けるウクライナは戦場を選べません
    ポーランド国境近くを戦場としているのはミサイル等で攻撃するロシア側の意図によるものであり
    国境近くを戦場とすれば隣国に双方の流れ弾が飛ぶ事もあるでしょう
    今回はそれがたまたまウクライナの迎撃ミサイルだったかも知れないだけの話です

    ポーランド国境近くで迎撃ミサイルを発射しなければならなかったのは
    ロシアの攻撃がそこで行われたからです

    • makumaku
    • 2022年 11月 17日

    ウクライナとポーランドが、NATO条約第5項を”シュミレーション”しようとしたのかもしれない。その可能性は低いだろうが、それを思いついた人間はいただろう。

    2
    • さめ
    • 2022年 11月 17日

    この件で、情報の真実性と自身が考える正義を切り離せない人が結構多いんだなって改めて思ったわ
    ポーランドにミサイルが着弾したって情報聞いた瞬間、地理的政治的な状況を踏まえるとウクライナからの誤射の可能性がまず思い浮かんだけど、報道見ると「ロシアがポーランドにミサイル攻撃か」のタイトルがずらずら
    まじか!って思ってよく読むとロシアとウクライナが互いにやったと非難しあってる
    え、ロシアがやったって根拠は?と思ったけどヤフーニュースのコメント欄も報道陣のコメントもロシアがついにやったNATO参戦か、の一色
    どうやらウクライナによる誤射の可能性が高そうだと判明したら、それでもロシアが陰謀したものではないかという声もそこそこ出てくる始末

    情報を収集→分析→評価するというプロセスにおいて、収集・分析のタイミングではそれ以外の一切の要素を排除するべきなのに正義感に引っ張られる人がこうも多いものなのか
    マスコミもしっかりしてくれよ、これタイトル断定してるし本来なら大誤報だぞ…
    今回は大事だし簡単に検証できる事態だから後おいの報道で訂正してるけど、移動式火葬車とか物価の高騰報道で単位を間違えて報道したこととか、かなり問題ある事例が多数ある
    ロシアや中国といわゆる西側との最大の違いは、正義や悪といった恣意的なものではなく情報の自由市場にあると思ってる
    低劣な情報が行き交うような市場に人々が満足しないことを願う

    3
    • 兵長
    • 2022年 11月 17日

    戦争なんて本当は何が起きてるか分からんものさ。
    日本は早合点せずに真実を遠くから追い求めるべきだ。

    1
    • 感想
    • 2022年 11月 17日

    これまでのゼレンスキーの言動を見てると、なにを言ったりやったりするにもその効果がすごく考えられてて、脚本家なり演出家なりが背後にいるのは明らかに感じられる。
    そして日本国会でのリモート演説なりを見るに、それがすべてウクライナ国内だけで作られているとはちょっと思えない。どっちが主導権を持っているかはともかくとして、海外のメディア企業とか情報機関とかの力も入っているはず。
    今回の一連の発言もそのような影響の元に発していると思われるが、なんか迂闊というか稚拙というか、こういうすぐばれる嘘みたいのはちょっと今までと印象が違う。
    ウクライナははしごを外されかけているのではないだろうか。あるいははしごの中にもロシアが潜んでいるのか。

    • 浅見真規
    • 2022年 11月 17日

    私はウクライナ軍がNATO軍を参戦させるために意図的にポーランド領に地対空ミサイルを撃ち込んだ可能性が高いと考えています。

    理由:
    (1)軌道からすると、本来は地対空ミサイルがポーランド領に着弾する事は考えにくい。
    (2)以前、アメリカから長射程のミサイル発射できるHIMARSを供与されても、すぐにヘルソン付近でドニエプル川にかかる橋を破壊せず、私は「意図的に橋を放置してロシア軍の大軍が西部に本格的侵入する瀬戸際状況になるのを待ってウクライナ消滅の危機だとNATO軍参戦を図る意図かな?」との不信感を抱いた経緯がある。
    (3)ウクライナ前大統領のペトロ・ポロシェンコはドンバス地域でロシア民族系住民に対する差別・迫害の故意をもって、民間人居住地域への無差別砲撃をしており、規模が今回のロシア軍の民間人居住地域への無差別砲撃の百分の一未満だとしても先に民間人居住地域への無差別砲撃したのはウクライナ軍が先で、しかも自国の民間人に対してロシア民族系だからと無差別砲撃しており悪質。ロシア軍だけでなくウクライナ軍も平気で非人道的作戦をする軍隊である事。
    *****
    (3)は7月4日の管理人さん記事『英国、ウクライナに榴弾砲を提供するためL119を新たに50門調達』
    リンクの下記の「事実を知りたい」コメントのリンク先の動画が前提。
    *****
    リンク
    >上にコピペしたurlからのドキュメンタリーはロシアのプロパガンダでしょうか?
    >私には判断できない、、、
    >どうか教えてください。

    どうか教えてください。

      • 浅見真規
      • 2022年 11月 18日

      理由を追加します。
      (4)今年の春のロシア軍のウクライナ侵攻の直後に、ウクライナで親ロ派の市長ストルック氏が誘拐され射殺された事が判明した。問題は現ウクライナ政府高官の内務省のアントン・ゲラシュチェンコ顧問がマスコミに「ストルックは、人民による裁きを受けた」と述べ、「ウクライナから裏切り者が一人いなくなった!」とコメントした事。心の中とか親しい同僚との私的な会話でならわかるが、マスコミ相手に現ウクライナ政府高官が公然とテロを賞賛するのは法治国家では問題。単なる個人の失言というより現ウクライナ政府高官やウクライナ軍幹部の大半も同様の感覚なんだろうと思われる。
      (5)4月4日放送のNHKクローズアップ現代『戦火の下の「情報戦」 ウクライナ“虚と実”の闘い』では、ウクライナ軍がロシア軍から奪回した集落にウクライナ公共放送が現地取材しようとしたら奪回当日には現地取材が許可されなかった事だ。もちろん、当日取材不許可の理由が地雷やブービートラップ等の危険とか軍事機密の理由も考えうるが、虐殺が虚構だった可能性も排除できない。

      • 浅見真規
      • 2022年 11月 18日

      仮にウクライナが防空のためロシア軍のミサイルや戦闘爆撃機を狙ってS-300を発射したなら、地理的にベラルーシから発射かロシア軍機がベラルーシ領空を通過した事になるが、ポーランドのレーダーやNATO軍の早期警戒管制機レーダーにもそういう軌跡はないのだろう。ポーランドもアメリカもNATOもそのような指摘をしてないから。
      これは、すなわちポーランド領内に着弾したS-300はウクライナ軍が意図的にポーランド領をロシア軍のミサイルにみせかけて対地攻撃した可能性を強く示唆しているように思える。この事を認めたらアメリカやポーランド等のNATO諸国は国内世論でウクライナ支援打ち切りになるので、あいまいにしてるのではあるまいか。
      また、(私は専門家でないので断定できないが)ポーランドに着弾したミサイルによってできた地面の穴は弾頭重量150kgの対空ミサイルによるものとしては大きすぎるように思える。もし仮に弾頭の火薬量を大幅に増加していたら、NATO軍参戦を意図して、ウクライナ軍が組織的にロシア軍のミサイルに見せかけてポーランド領を攻撃したという疑いも出てくる。(ウクライナ軍の一部の犯行でなくウクライナ軍全体の犯行の疑いも出てくる。)

    • 似非市民
    • 2022年 11月 17日

     NATO軍の防空能力ではポーランド国民二人を守れなかったっと言いきちゃうのは語弊があるんやけど結果論としてはそうなる。

     まあ、仮にロシアが発射したとして迎撃ポイントがウクライナ領になってしまうと、ウクライナ軍事拠点を狙ったミサイルをNATO軍が直接防衛したことになり自動的に第三次世界大戦突入の可能性が高いし、ミサイルがポーランド領に入ってから撃墜となると時間制限から神業の類が要求されることになり早期警戒システムが探知していても迎撃出来なかった可能性もあり得る。

     素人のあてもんはこのくらいにして、二人の国民を守れなかったポーランド軍に国民の不満が爆発するだろうし、解消するには更なる防空兵器の大量買い付けぐらいしか思い当たらないんだが、この手の大至急納品に応えられるのは米国と韓国(自国の防衛戦力を後回しにする韓国もなんなんだが)ぐらいしか思い当たらない。  更に、流れ弾が落ちてくるのはポーランドだけとは限らないので、近隣諸国で防空兵器の奪い合い発注騒動が発生するんじゃないだろか?

     

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP