軍事的雑学

  1. 意外と安い? 第4.5世代戦闘機F-16C/D Block70「通称V仕様」の機体価格は約69億円

    国防総省から非常に興味深い数字が出てきたのでF-16C/D Block70(通称V仕様)の機体価格について計算することが出来た。…

  2. 就役から約4年、ようやくズムウォルト級ミサイル駆逐艦に戦闘システムが届く

    何かと問題が多いズムウォルト級ミサイル駆逐艦の1番艦が就役から約4年、ようやく同艦の戦闘システム設置が完了するとDefense Newsが報じている。…

  3. 米海兵隊がF-35の調達数削減を行う理由は? 予算不足でパイロットが確保できないため

    米海兵隊は今後10年間の部隊編成計画「Force Design 2030」の中で、F-35の調達を130機分削減する理由について明らかにした。…

  4. 露メディア、第5世代戦闘機「Su-57」が米国のF-22やF-35より優れている理由

    スホーイ設計局のチーフエンジニアは、米国が開発した第5世代戦闘機F-22やF-35よりもロシアが開発した第5世代戦闘機Su-57の方が優れている理由を説明してい…

  5. 米国、韓国空軍のF-16C/D Block32に対する「IFF Mode 5」アップグレードを承認

    米国務省は30日、韓国空軍が運用しているF-16C/D Block32に対するアップグレード関連機器のFMS(対外有償軍事援助)方式による販売承認を発表した。…

  6. 戦車「K2」調達削減の影響か? 韓国、戦車「K1A2」の本格的な性能向上に着手

    韓国メディアは29日、韓国陸軍が主力戦車「K1A2」の戦闘効率の向上、防護力強化、機動力向上を目的に本格的な性能向上に乗り出したと報じた。…

  7. 韓国、米国の攻撃ヘリAH-64E購入要請を無視して国産攻撃ヘリ調達を決定

    韓国海兵隊が調達機種選定を進めていた「上陸攻撃ヘリコプター」は、韓国航空宇宙産業(KAI)が開発した国産ヘリ「KUH-1 スリオン」の派生型「マリオン」に武装を…

  8. 米海兵隊が戦車を廃止したい理由は? 世界中に無人機と精密誘導兵器が氾濫したため

    米海兵隊は23日、全ての戦車大隊(主力戦車M1A1エイブラムス)廃止を明らかにしたが、なぜ海兵隊が主力戦車運用に見切りを付けたのかを「Marine Corps …

  9. 3機種も同時調達? 独空軍「トーネード後継機問題」は分割調達案で決着か

    ドイツ最大の経済新聞「ハンデルスブラット」は26日、老朽化した戦闘機「トーネード」の後継機選定問題でドイツ国防省は米国と欧州の両方から戦闘機を分割調達する方針だ…

  10. 新型コロナウイルスの影響でF-35フルレート生産移行に遅れ?日本発注のKC-46A製造に影響も

    米国では新型コロナウイルス「COVID-19」の感染が急速に拡大中で影響は国防や防衛産業にも及び始めており、この状況が長引けば米国のみならず多くの西側諸国の装備…

PAGE TOP