欧州関連

和平交渉を開始したアゼルバイジャンとアルメニア、再びナゴカラで戦闘

アゼルバイジャンとアルメニアは7月に和平交渉を開始したが再び停戦協定が破られナゴルノ・カラバフ地域で戦闘が発生、緊迫した状況が続いているらしい。

参考:Nagorno-Karabakh Military Accuses Azerbaijan Of Attacks; Baku Denies Cease-Fire Violations

アゼルバイジャン側がパシニャン首相を引きずり下ろしたいのかは不明が、和平交渉で有利な立場を得ようと画策しているのは間違いない

2020年のナゴルノ・カラバフ地域(自称:アルツァフ共和国)を巡る戦いでアゼルバイジャンはアルメニアに奪われた土地の大部分を回復、ロシアは両国が署名した停戦協定が守られているか監視するため平和維持部隊を派遣しているのだが、ロシア軍によるウクライナ侵攻が始まると停戦協定が破られ両軍による小規模な衝突が発生した。

出典:@301_AD

この衝突はロシアの仲裁で鎮静化、EUの仲介で両国は和平交渉に向けた準備開始で合意したものの交渉の枠組みに「領土の相互承認=ナゴルノ・カラバフ地域がアゼルバイジャン領の一部であることをアルメニアが承認するという意味」が含まれているのが発覚、アルメニアのミルゾヤン外相も「ナゴルノ・カラバフ問題は領土問題ではなく、当該地域に住むアルメニア系住民の権利問題だ」と主張したため国民が激怒、パシニャン首相の退陣を求め数千規模の抗議集会に発展したことがある。

ただアゼルバイジャンとアルメニアの和平交渉はジョージアの首都トビリシで7月に開始されており、ようやく両国関係の正常化に向けたプロセスが始まったかに見えたが、7月末に再び停戦協定が破られナゴルノ・カラバフ地域で戦闘が発生、アルツァフ共和国とアルメニア側は「アゼルバイジャン軍が定められた境界を超えるため陣地に対して攻撃を開始したが、我々はこれを阻止し続けている。今のところ犠牲者は出ていないものの状況は依然として緊迫している」と主張。

出典:President.az / CC BY 4.0

ロシア軍の平和維持部隊も「前線の状況に関する詳細な情報(詳しい内容は不明)を受け取った」と発表したが、アゼルバイジャン国防省は「ナゴルノ・カラバフ地域で我々は停戦協定を破っていない。これはアルメニア側からの挑発行為だ」と主張、ハサノフ国防相も軍に「敵の挑発行為を阻止する準備を開始しろ」と命じており、アルメニア側は「再び紛争状態をアゼルバイジャンはエスカレーションさせる気だ」と指摘している。

どちらの主張が正しいのかは不明だが、アゼルバイジャンは天然ガスの供給量を2倍に引き上げることで和平交渉の仲介役であるEUを手懐けており、ナゴルノ・カラバフ地域で軍事的緊張を作り出すことでパシニャン首相のアルメニア国内における政治的立場を追い詰め、和平交渉を有利に進める狙いがあるのだろう。

出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY 4.0 パシニャン首相とプーチン大統領

アゼルバイジャン側がパシニャン首相を引きずり下ろしたいのかは不明だが、もしかすると政治的立場を難しくさせることでパシニャン首相を追い詰め「再び先に手をださせる」よう仕向けているのかもしれない。

関連記事:アルメニアで数千人規模の抗議集会、ナゴルノ・カラバフを敵に売り渡すな
関連記事:ウクライナ侵攻失敗で低下したロシア軍のプレゼンス、きな臭いコーカサス

 

※アイキャッチ画像の出典:WalkerBaku / CC BY-SA 3.0 アゼルバイジャン軍の特殊部隊

ペロシ米下院議長の台湾訪問が迫る中、台湾海峡は一触即発の緊張状態前のページ

台湾は防空壕の準備を開始、中国は福建省への地上部隊の移動を開始次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシア軍はウクライナで約5万人が死傷、戦車や装甲車輌を5,000輌以上を失う

    BBCの番組に出演した英国軍制服組のトップは「ウクライナでロシア軍は約…

  2. 欧州関連

    ウクライナのゼレンスキー大統領、ロシア軍の侵攻に対応して総動員を発表

    ロシア軍の侵攻に抵抗しているウクライナでは25日、ゼレンスキー大統領が…

  3. 欧州関連

    国産COIN機まで売れ始めたトルコ航空産業界、ニジェール共和国がTB2とヒュルクシュCを発注

    トルコのエルドアン大統領は18日、西アフリカのニジェール共和国に無人戦…

  4. 欧州関連

    空母への無人機統合に動く英海軍、開発予定の無人早期警戒機に関するアイデアを募集中

    英国防省は電磁式カタパルトとアレスティングワイヤに関するRFIを発行に…

  5. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、ウクライナにとって歴史的な1週間が始まる

    ゼレンスキー大統領は19日、ウクライナにとって歴史的な1週間が始まるた…

  6. 欧州関連

    18機で10億ユーロ? 破格過ぎるギリシャのラファール購入条件は真実か

    欧州の防衛産業企業MBDAは3日、ギリシャが調達する戦闘機ラファールに…

コメント

    • スポンサー・ドリンク
    • 2022年 8月 02日

    東西南でロシアに嫌がらせを出来たらおもしろそうですね
    中央アジアがロシアと距離を置いているかも?というニュースを見ましたし

    • ダヴ
    • 2022年 8月 02日

    ロシアもアゼルバイジャンのような鮮やかな勝利を夢想してたはずなのに、どうしてこうなったんやろうな。

    22
    • K(大文字)
    • 2022年 8月 02日

    つくづく思うのはロシアって本当に人望無いんだなということ。
    曲がりなりにも「仲裁」した子分同士が、国運を掛けた戦争やってる最中に小競り合いなんてまぁ大概。
    東欧やウクライナから愛想を尽かされたのもそうだし、ベラルーシも結局半年間(!)も洞ヶ峠決め込んでるし、ロシアに合わせてくれてるのって“無敵の国”北朝鮮くらいでは?
    軍事力も経済力も信望も全部ひっくるめて、自己評価に対して本当に実力足りてないから、いい加減身の程を弁えた方がいいと思うんだけど…

    38
    • 名無し
    • 2022年 8月 02日

    ロシアはアルメニアを助けられる状況ではない、EUはアゼルバイジャンの天然ガスが欲しいからアゼルバイジャンに強くでない。つまり、アルメニアは血の涙を流してでも絶対に手を出してはいけない状況だが、我慢しきれるか?

    10
      • 名無し
      • 2022年 8月 02日

      アルメニアは民主主義国家だから、国民の不満に突き動かされて、やったら不利になることを、絶対やっちゃう。

        • 名無し
        • 2022年 8月 03日

        そこをぐっと抑えるのが民主主義政治がうまく回るコツなんだがなぁ…
        国防大臣の胃に穴が開いていればなんとかなりそう。参謀総長とか胃に穴が開いていたらだめそう。

    • ポルトガル・コレクトネス
    • 2022年 8月 02日

    アルメニアに未来はあるめにあ?

    3
    • はげにゃん
    • 2022年 8月 02日

    パシニャンという名前から感じるゆるキャラ感

    12
      • 名無し
      • 2022年 8月 02日

      「ナゴカラ」も、なかなかユルい。
      念のためググったけど、そんなニッチな略語使ってるの、ここの管理人だけだ。(いいぞ、もっとやれ。)

      2
        • A
        • 2022年 8月 02日

        管理人さんに座布団三枚!

    • 無無
    • 2022年 8月 02日

    背後でうごめくトルコの野望
    プーチンが引けばエルドアンが出てくる
    それを操らんとするEUも危ない賭け
    第一世界大戦のときはドイツと正面からぶつかるロシアを横から襲ったトルコだが、予想外の大敗北を喫して帝政が終わるきっかけになっている。
    今世紀はどう展開するかな

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP