欧州関連

逼迫する「空母派遣」需要解決の妙案?英空母に米海兵隊F-35Bを搭載し共同作戦を行う!

ロシアのスプートニクによれば、米海兵隊のF-35Bの分遣隊を、英海軍の空母「クイーン・エリザベス」に配備されるだろうと報道している。

参考:US Marines Will Fly F-35Bs from British Aircraft Carrier in 2021

英空母「クイーン・エリザベス」に、米海兵隊のF-35Bを搭載し共同作戦

米海兵隊は2021年に、英海軍の空母「クイーン・エリザベス」に、海兵隊所属のF-35B分遣隊を派遣する予定だ。

米海兵隊のスティーブン・R・ラダー中将は、今週初めに米国メリーランド州で開催された会議の場で「海兵隊のF-35Bと、英海軍空母との組み合わせによる共同軍事作戦は、素晴らしい方法になる」と発言した。

Attribution: Dave Jenkins – InfoGibraltar, File:HMS Queen Elizabeth in Gibraltar – 2018 / Dave Jenkins / CC BY 2.0

英国は、海軍と空軍が約140程度のF-35Bを導入予定で、空母「クイーン・エリザベス」や、同型艦の空母「プリンス・オブ・ウェールズ」に搭載するF-35Bが不足しているわけではない。

それにも関わらず、米海兵隊所属のF-35B分遣隊を受け入れると言うのは、軍事的にも、政治的にもメリットがあると言う意味だろう。

例えば、現在、南シナ海で行われている「航行の自由作戦」などに、米海軍の空母や、英海軍の空母を別々に派遣するよりも、英海軍の空母「クイーン・エリザベス」に米海兵隊のF-35Bを搭載して「航行の自由作戦」に参加させれば、米国と英国の政治的・軍事的意思を同時に、中国に対して示すことが出来る。

英国にとっては、米英両国の緊密感を世界にアピールすることで、EU離脱問題で低下する英国の存在感を示す事ができる。

米国にとっては、「航行の自由作戦」のために派遣される英海軍の空母「クイーン・エリザベス」に、米海兵隊のF-35B分遣隊を相乗りさせれば、米国の存在感を低下させることなく、米海軍空母の派遣回数を減らせるかもしれない。

今回の米海兵隊F-35B派遣は、需要が高まっている米空母の状況を、少しでも改善するための妙案になるだろうか?

出典:pixabay 米空母打撃群

しばらく静寂だった地中海方面では、トルコのS-400問題を利用したロシアの攻勢を牽制するため、米海軍の空母「ジョン・C・ステニス」と、「エイブラハム・リンカーン」の2隻を地中海へ派遣した。

しかしイランの核兵器問題による制裁強化の動きに連動し、イランの不穏な動きを牽制するため、地中海へ派遣した空母「エイブラハム・リンカーン」をロシア牽制作戦から外して、直ぐに中東へ移動させた。

このように、南シナ海の中国、地中海及び黒海のロシア、ホルムズ海峡のイランに対応するためには、米国は空母が幾つあっても足りない状況で、強襲揚陸艦を小型空母に見立てた「Lightning Carrier」をテストするほど、空母需要が逼迫していると言える。

これ以上、空母需要が高まれば、南シナ海の「航行の自由作戦」を、英国や日本に丸投げするかもしれない。

そうなれば、そう遠くない未来、海上自衛隊の護衛艦「いずも」が空母化し戻ってきたら、米国が「海兵隊のF-35Bを載せてくれ」と言い出す可能性は非常に高い。

日本が自由主義陣営において、果たすべき役割の重要性は増すばかりだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain 垂直着陸中のF-35B

F-35Aのウェポンベイ内搭載量アップ、対空戦闘能力を50%向上させる新兵器「Sidekick」完成!前のページ

米国防総省「日本へ提案してない」、次世代戦闘機「F-3」へのF-35用ソフトウェア提供を否定!次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ポーランド人、TB2に続き徘徊型弾薬をウクライナに送るため寄付を募る

    ポーランド人がトルコ製UCAV「バイラクタルTB2」に続き国産の徘徊型…

  2. 欧州関連

    ウクライナ軍による反撃、14日もロシア軍の弾薬庫や司令部施設などを破壊

    ウクライナ軍の精密攻撃による反撃は現在も続いており、14日にはルハーン…

  3. 欧州関連

    多くの命を救った英雄? アフガニスタンを離れる最終便に駆け込んだスロバキア軍兵士

    アフガニスタンからの撤退期限を迎えた先月31日、スロバキア軍特殊部隊の…

  4. 欧州関連

    ウクライナが切望していた高度な防空システム、仏伊がSAMP/T提供を準備中

    ゼレンスキー大統領はイラン製無人機によるインフラ攻撃を防ぐためG7緊急…

  5. 欧州関連

    ウクライナ陸軍がヘルソン州の集落奪還に成功、南部地域で攻勢に転じる?

    ロシアは15日「ヘルソン州全域を制圧した」と発表したが、ウクライナ陸軍…

  6. 欧州関連

    英国防省、ウクライナ軍の反撃でセベロドネツク市内のロシア軍は失速

    ウクライナ軍はセベロドネツクから後退してきた部隊の再編に成功して外国人…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 12日

    このいわゆる「背中を貸す」演習は政治的にもプラスであるので、いずもorかがもやるのではないだろうか。是非やって欲しい。
    空自のF-35B配備はまだ数年かかるので、その間に十分に可能性があるだろう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP